ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光

フレッツ光西日本とソフトバンク光への転用比較(マンション編)

更新日:

フレッツ光西日本とソフトバンク光への転用比較(マンション編)

2015年より開始された光コラボ以降、インターネットの主流がフレッツ光から徐々に変わりつつあります。かつては一強とまで言われたフレッツ光も光コラボへの転用を推し進められ、年々フレッツ光を利用するユーザーも少数派になりつつあります。

元々は同じ光回線であるフレッツ光と光コラボ、一体何が違うのか説明できる人はどれくらいいるのでしょうか?フレッツ光西日本と光コラボをマンションタイプで比較してみましょう。

フレッツ光と光コラボは何が違う?

光コラボがインターネットサービスだと知っている人は多くても、実際にはどういう内容なのか興味がない人には分からない内容だと思われます。そもそも光コラボとは、NTTが自社のフレッツ光回線を回線事業者に卸売りを始めたインターネットサービスです。

ネットとプロバイダを一本化するメリット

光コラボの最大の特徴は、フレッツ光とプロバイダの契約を一つにまとめたことが挙げられます。フレッツ光のサービスにもプロバイダとのセットの「プロバイダパック」と言う割引サービスがありますが、光コラボは、プロバイダ自体が光回線を運用することで手続きとコストを削減したネットサービスです。

光回線の通信速度や安定性などはどちらも同じものですが、光コラボになったことでスマホとのセット割引などのフレッツ光では受けられないサービスも登場しています。

従来のフレッツ光の高速通信と安定した光回線を利用でき、これまで別々だったネット回線とプロバイダ契約を一つにしたフレッツ光とは別のネット回線なのです。

光コラボへの転用なら工事費無料

フレッツ光と光コラボは同じ光回線であるため、ネット回線の配線方式も同じものです。そのため、フレッツ光から光コラボに乗り換え、つまり転用する場合はそのまま配線を流用するので工事費が必要ありません。厳密に言うと費用は発生するのですが、新規工事のように高額に至ることは基本的にありません。

あるとすれば品目変更による配線方式を変える必要がある場合だったり、転居による契約している住居タイプを戸建てから集合住宅への引っ越し、またはその逆のケースなどがあります。

転用先が同じプロバイダなら解除料は免除になることもある

ネット回線は解約や乗り換えなどをした場合、契約満了月以外には解除料金が発生します。ところが、これが転用の場合となれば解除料金が発生しないケースもあります。例えば、フレッツ光の2年自動更新契約で割引が適用されるにねん割は、契約期間中の解除で9,500円の解除料金が発生します。これが転用になれば解除料は免除として扱われます。

また、契約しているプロバイダが光コラボと同じであれば継続利用扱いとなって解除料金が発生しない場合もあります。これは契約しているプロバイダのシステム次第ではありますが、大抵の場合は継続利用扱いで免除されるケースになります。逆にプロバイダとは全く関係ない別の光コラボであれば、1万円近い解除料金が取られることを想定しておかなければいけません。

フレッツ光と光コラボを改めて比較

光コラボの長所を紹介するほど、フレッツ光からの転用が推奨される理由がなんとなく理解できたと思います。しかし、光コラボが本当にフレッツ光の完全上位互換のネットなのか、懐疑的になる人も少なからずいるのではないでしょうか?印象操作でそう錯覚しているだけなのかもしれない、と思う人も中にはいるかもしれません。

そこで改めてフレッツ光と光コラボを比較してみましょう。

今回、比較対象としてフレッツ光西日本と光コラボのソフトバンク光を取り上げてみました。ソフトバンク光のプロバイダがYahoo!BBであることから、フレッツ光西日本側もYahoo!BBを準拠に比較していきます。

初期費用で比較

 フレッツ光西日本・マンションタイプソフトバンク光・マンションタイプ
契約料(事務手数料)800円3,000円
工事費用解約2,000円~24,000円

フレッツ光の工事費用は配線方式によって異なり、今回は光回線での比較なので光配線方式を取り上げました。契約料は住居タイプ、配線方式を問わず料金プランは東西で統一されています。ソフトバンク光も初期費用は住居タイプにかかわらず、工事費用は立ち合い工事の有無や工事内容で変動します。

光配線方式がフレッツ光に対応できるものであれば、工事費用は最安値で2,000円に抑えられるのはソフトバンク光だけのサービスです。管轄エリアを西日本から東日本、またはその逆の場合でも、フレッツ光は解約→再契約の流れとなり、申請手続きと費用の負担が増えるのもフレッツ光のデメリットでもあります。

基本工事費用で見ればフレッツ光側の方が安く抑えられますが、工事費用の融通が利くと言う点では、光コラボ側(と言うよりソフトバンク光)に軍配が上がると言えるでしょう。

ちなみに工事費用の支払いは一括と分割で選べ、フレッツ光が31回払い、ソフトバンク光は24回、36回、48回、60回で分割できるのも全国共通です。

月額費用で比較

 フレッツ光西日本
マンションタイプ
ソフトバンク光
マンションタイプ
 プラン1プラン2ミニ2年自動更新単年契約
月額料金3,700円3,200円4,500円3,800円4,900円
Yahoo! BB950円950円950円
合計4,650円4,150円5,450円

フレッツ光は基本となるスタンダードで比較します。東日本に比べて西日本の方が月額料金が高くなっているのはホーム・マンション共通ですが、ソフトバンク光は全国で統一されているのもシンプルで分かりやすい料金システムだと思います。

西日本ではにねん割に相当するもっと2という割引サービスがありますが、こちらは割引額と比例して解除料金も増額されているのが特徴です。ソフトバンク光は割引が無い分、基本料金が比較的安く設定されており、ブレないサービススタンスが単純明快です。

もっと2は継続年数で割引が適用され、Webからの申し込みならさらに割引が適用されます。マンションタイプは3年間ごとに50円の割引が適用され、7年目で最大870円の割引が適用されます。しかし、契約満了月以外の解約には解除料金が発生し、1年目と4年目の解除では最大の10,500円という解除料金が発生します。ホームタイプに比べて割引、解除料金ともに低く抑えられていますが、短期契約の場合だと割に合わないサービスと言えるでしょう。

ホームタイプの料金比較はこちらの記事で詳しく紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

フレッツ光西日本とソフトバンク光への転用比較(ホームタイプ編)

2015年からの光コラボの開始以降、ユーザーが利用できるインターネットの選択肢が広がりました。高品質・高速通信のフレッツ光は、それまでの一般家庭のインターネットとして普及しており、光コラボの導入で結果 ...

続きを見る

転居などの引っ越し費用で比較

 フレッツ光西日本・マンションタイプソフトバンク光・マンションタイプ
工事費用2,000円~15,000円2,000円~9,000円
東西を跨ぐ場合解約+3,000円

立ち合い工事が必要ない場合は双方ともに2,000円で共通していますが、フレッツ光のでは場合によっては工事費用を満額で支払う可能性が高くなります。フレッツ光は西と東の管轄を跨ぐ場合、またはその逆でも一度解約→再契約と言う流れが必要になり、ソフトバンク光は手数料に3,000円を加えるだけなのに比べ、手続きと費用の負担が掛かるのもデメリットです。

引っ越し割引で比較

移転費用を安く抑える引っ越し割引が双方には用意されており、ソフトバンク光は引っ越しキャンペーンで最大でも半額以下の工事費用で済みますが、フレッツ光にも引っ越し割引があるとはいえ、期間限定と言う制限があります。

公式で告知されている期間は2017年10月1日~2018年1月31日までとされており、期間延長の可能性があるとはいえ、この期間外では満額支払いの可能性が残っています。代わりに提携している引っ越し業者による割引特典がありますが、こちらはネット料金には全く関係が無いものなので除外します。

マンションタイプならソフトバンク光が断然お得

今回Yahoo!BBとして比較したソフトバンク光とフレッツ光では、光コラボと言うよりもソフトバンク光の方が頭一つ分サービスでお得と言えます。光コラボによっては月額料金もさほど変わらず、移転による引っ越し費用も高くつく光回線もあり、一概にフレッツ光よりお得と言いきれない部分もあります。

しかし、同条件で比較した場合、ソフトバンク光で用意されているサービス面ではフレッツ光よりもおすすめできると言えるでしょう。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光への転用がおすすめ

まず、ソフトバンク光は、ソフトバンクスマホとワイモバイルの割引セットであるおうち割が適用される唯一の回線であることが挙げられます。おうち割はYahoo!BB ADSLでも実施されていますが、今さらADSLにダウングレードするメリットは見いだせない上に、フレッツ光と比べてもさほど変わらない価格と言うのは到底おすすめできるものではありません。

また、ワイモバイルの割引適用をしているのもソフトバンク光のオンリーワンサービスなのです。

代理店申し込みなら転用でも高額キャッシュバックがもらえる!

転用申し込みはソフトバンク光の公式からでも手続きできますが、おすすめしたいのが代理店の申し込み窓口です。ソフトバンク光ではキャッシュバックを実施している正規代理店も多く、新規のみならず転用でも高額金が受け取れるチャンスがあります。

代理店なら公式のキャンペーンもWで受け取れる

さらに代理店では、公式と代理店のキャンペーンをWで受け取れる2大キャンペーンを実施しており、ソフトバンクの正規代理店からならどこでも受け取ることができるのです。2017年11月中旬現在では、公式の新規・転用申し込みは共に大きなキャンペーンは実施されていませんが、代理店ではほぼ終了期間未定で受け付けています。今から転用を申し込んでも確実に高額キャッシュバックが受け取れるのです。

フレッツ光を利用している人なら、誰にでも参加するチャンスがあるので、ぜひ転用をおすすめします。

SoftBank光への申し込みはコチラから

-ソフトバンク, ソフトバンク光
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.