ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 その他の回線

四国で人気の光回線『ピカラ光』とソフトバンク光を比較!

更新日:

四国で人気の光回線『ピカラ光』とソフトバンク光を比較!

全国的に普及しているフレッツ光以外にも回線の市場には多数の企業が参入し、現在ではネット回線の選択肢も数多くなってきました。数あるネット回線の中には、そのエリアでしか利用できない地域限定の光回線もあるのです。今回は四国限定の光回線であるピカラ光と光コラボのソフトバンク光を比較してみました。

『ピカラ光』とは?

フレッツ光に次ぐネット回線の大手と言えばauひかりですが、一部で使えない地域があるのをご存知でしょうか?auひかりは西日本になると提供エリアが狭まり、関西方面になると関東では聞き慣れない光回線サービスがちらほら登場します。今回紹介するピカラ光は日本の主要四島の一つである四国限定の光回線なのです。

四国のご当地光回線

ピカラ光は、四国電力系通信事業者が運営する株式会社STNetが運営するピカラ光ねっとの通称で、徳島、香川、愛媛、高知の4県で提供されている言わばご当地光回線サービスです。

地域限定のピカラ光ですが、地元の企業と提携することでCATVや民放の映像配信などの地元メディアとの地域に根付いた展開を広げています。展開は地元だけに収まらず、カカクコムやKDDIなどの大手との提携も行っているのです。KDDIと提携をしているので、ピカラ光でもau携帯とのauスマートバリューが適用されるのです。

auひかりが使えなくても、四国在住のauユーザーにはピカラ光はおすすめできる光回線です。ピカラ光の提供エリアは四国のみと言ってもそのサービスの質の高さは決して侮れません。

 ピカラ光をソフトバンク光と比較!

四国でも人気の高い光回線であるピカラ光は、全国的ではないものの、光回線としては高いレベルの品質とサービスを提供しています。ピカラ光はフレッツ光ではなく、四国電力の光ファイバー網を使った光回線であるため、TEPCOひかり時代のauひかりと同じような境遇です。言わば、四国のauひかりとも言えるピカラ光の光回線がいかに優れているか、光コラボと比較してみました。今回の比較回線はソフトバンクのスマホセット割があるソフトバンク光と比べてみました。

初期費用・月額料金比較

ピカラ光

初期費用
契約事務手数料無料
工事費27,000円(税込)
マンションタイプ
ステップコース3(3年契約)1~5年目:3,672円(税込)
6~10年目:3,542円(税込)
フラットコース(3年契約)3,996円(税込)
ずっトク割フラットコース
auスマートバリュー加入必須
3,996円(税込)
通常料金(2年契約)4,320円(税込)
ホームタイプ
ステップコース3(3年契約)1~3年目:4,968円(税込)
4~6年目:4,860円(税込)
7~9年目:4,752円(税込)
10年目以降:4,536円(税込)
ステップコース5(5年契約)1~2年目:4,860円(税込)
3~5年目:4,752円(税込)
6~8年目以降:4,644円(税込)
10年目以降:4,536円(税込)
フラットコース(3年契約)5,292円(税込)
ずっトク割フラットコース(3年契約)
auスマートバリュー加入必須
5,292円(税込)
通常料金(2年契約)5,616円(税込)

ソフトバンク光

初期費用
契約事務手数料3,240円(税込)
工事費新規:25,920円(税込)
立ち合い工事なし:2,060円(税込)
転用:なし(税込)
マンションタイプ
2年自動更新プラン4,104円(税込)
自動更新なしプラン5,292円(税込)
ホームタイプ
2年自動更新プラン5,616円(税込)
自動更新なしプラン6,804円(税込)

比較してみると分かりますが、ピカラ光は事務手数料が無料で工事費用も税込となっていることです。今回はソフトバンク光の方でも税込表示にしましたが、改めて比較するとより顕著になります。

月額費用の方は自動更新のコースプランで分かれているのは、両社共通しています。ピカラ光は2年以上の継続契約が前提となっており、どれも自動更新プランとなっています。マンションタイプはステップ3、ホームタイプは3と5から選べ、年数によって月額料金が安くなっていきます。

フラットコースは継続利用での割引が適用されませんが、最初から割引された月額料金です。3年以上の長期利用を考えてない場合はステップコースを選んだ方がお得でしょう。auスマートバリューとの併用プランのずっトクフラットコースは月額料金に変化はなく、システム的なauスマートバリュー利用者との差別化であるということが推測されます。

費用的にはずっとやすいピカラ光ですが、3年以上の継続契約が基本と言うのは途中解除が容易ではありません。ずっトク割に入らない2年契約の通常プランであれば契約満期後の解除はいつでも違約金なしで可能となりますが、そうなるとソフトバンク光よりも高くなってしまいます。ソフトバンク光の方がその点は融通が利く光回線と言えるでしょう。

サービス内容比較

光コラボを例にすると、同じサービスやコンテンツを共有していたり、独自のサービスを展開して差別化を図っています。ピカラ光でも冒頭で触れたような地元企業を取り入れた独自サービスを行っており、ユーザーのニーズに応えようとするサービスを提供しています。

ピカラ光とソフトバンク光でどのようなサービスがあるのか、簡易的な表で比較してみました。

 最大通信速度セット割引キャンペーンその他
ピカラ光1Gbpsピカラ × auスマートバリュー
ピカラ光トリオ
期間限定の選べる特典無料カスペルスキー
でんわセットで無線ルーター無料レンタル
ソフトバンク光1Gbpsおうち割 光セット
おうち割 でんきセット
期間限定・無期限のキャッシュバック
期間終了未定の月額割引
有料オプションサービス初月無料

通信速度は共に同じ1Gbpsとなっており、速度に違いはありません。しかし、全国的なソフトバンク光と地域的なピカラ光ではユーザー数が違うことから、通信速度の影響を受けにくいことが考えられます。世間的には混み合う時間帯でもソフトバンク光よりも安定した速度が出せる可能性があります。

その他スマホ割引やキャンペーンなど光コラボでも実施されているものも共通しており、名称が違うだけのネット+スマホ+テレビや電気とのセット割引も用意されています。その他の部分では有料オプションはソフトバンク光が多いのですが、カスペルスキーや電話とのセットで無線ルーターの無料レンタルと若干の違いがあります。

 電話サービステレビサービス動画視聴サービス
ピカラ光ピカラ光でんわ光てれびピカラでシアター with U-NEXT
ソフトバンク光ホワイト光電話
光電話(N)
BBフォン
ソフトバンク光テレビ
ひかりTV
スカパー!
愛媛CATV&SoftBank 光
Netflix
スポナビライブ

ネット以外に提供されているサービスを比較すると光回線を使った光電話やテレビサービスなどが提供されており、コンテンツ自体はどちらも不足はないように見られます。自社の電話基盤を持ち、多数の企業と提携して規模を拡大しているソフトバンク光の方がサービス内容で比べるとより顕著になります。

ピカラ光は地元のCATVとの提携や四国電力のサービスを利用した特色の強いサービスを展開していますが、ラインナップで比較すると流石にソフトバンク光の方が圧倒的となってしまいます。

共通項

  • 最大通信速度1Gbps
  • 光回線、電話、テレビ、電気のセットサービスを提供
  • ネットとスマホのセット割引

四国でもピカラ光が使えない地域がある

サービス内容自体はソフトバンク光と大きな違いは無いピカラ光ですが、ラインナップなどでは流石に全国展開をしている光コラボとでは分が悪いように感じられます。しかし、四国在住であれば無理に光コラボを選ばなくても十分すぎるサービスを提供しているのがピカラ光です。長期利用を視野に入れた場合はピカラ光の方が費用はを安く、安定した通信速度で快適に利用できる訳ですから、わざわざ他に選ぶ必要もありません。

しかし、ピカラ光は四国全域で使えるわけではないのです。徐々にエリアを拡大しているというアナウンスは聞かれていますが、それでもまだ開通していない地域はあるようです。こればかりは事業者側にゆだねるしかないので、四国在住でピカラ光を使いたいと言う人は気長に待つしかありません。

ピカラ光が使えない、乗り換える場合はソフトバンク光で!

光回線全体で見てもサービス的に上位にランクしていると思われるピカラ光ですが、提供エリアから外れていたら使いたくても使えない訳です。仕方なく他の回線を選ぶとなるとしたら、どれを選べば良いのでしょうか?今回比較に挙げたソフトバンク光はその第一候補です。

他社回線からの現金キャッシュバックで乗り換えも安心

今回紹介したサービス以外にも、ソフトバンク光では他社回線からの乗り換えを安心して行えるあんしん乗り換えキャンペーンが期間未定で実施されています。このキャンペーンは文字通り安心してソフトバンク光に乗り換えられるとてもお得なサービスなのです。

ピカラ光でも契約期間中の解約には解除料や違約金・撤去工事費用が発生しますが、こちらのキャンペーンを利用すればソフトバンクが10万円まで現金キャッシュバックで負担してくれるのです。違約金の上限は決まっていますが、指定された範囲内での解約であれば還元分の端数を余分にもらえると言うのもこのキャンペーンの特長です。

あんしん乗り換えキャンペーンについてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

代理店からの申込みはさらにお得!

auユーザーならピカラ光の方がセット割も使えるし、auスマートバリューがある方が良いんじゃないか?と思う人も多いでしょうが、ソフトバンク光をおススメする理由は他にもあるんです。

実はソフトバンク光を代理店から申し込めばさらにお得なキャッシュバックが用意されているんです。

上記代理店NEXTはソフトバンク光の正規代理店で、高額キャッシュバックを用意していることでも有名なのです。試しにNEXTでソフトバンク光に申し込んだ場合、こちらの特典が用意されています。

新規申し込み33,000円
28,000円 + 高速無線ルーター
転用申し込み15,000円

条件はとてもシンプルに、NEXTの申し込み窓口でソフトバンク光と契約するだけ。手続きや有料オプションへの加入など全く必要ありません。さらに代理店では公式のキャンペーンも同時に行っているので、あんしん乗り換えキャンペーンとNEXTのキャッシュバックを両方手に入れることも可能です。

NEXTではピカラ光の申し込みも行っているので、ピカラ光を使いたい場合にも利用するのが良いでしょう。

現在スマキャリアがauの人にはピカラ光やauひかりが良いかもしれませんが、それと比較してもこれだけの特典がソフトバンク光(と代理店)には用意されています。四国でピカラ光以外、もしくは乗り換えを考える場合には断然ソフトバンク光をおすすめします。

また、ソフトバンク光には工事期間中の開通前レンタルサービスとして、Wi-FiのソフトバンクAirを無料で貸し出ししています。工事期間中~開通までの間ネットに触れないと言う時間を作らせないこちらのサービスにも注目です。

SoftBank光への申し込みはコチラから

-ソフトバンク, ソフトバンク光, その他の回線
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.