ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 コミュファ光

東海地方の光回線・コミュファ光のサービスをソフトバンク光と比較

更新日:

東海地方の光回線・コミュファ光のサービスをソフトバンク光と比較

国内で最も普及している光回線はフレッツ光です。東西のNTTで運営しているフレッツ光は全国に展開しており、ほとんどの地域で使えるネット回線です。ある回線は使えなくてもフレッツ光は使える、だけどその逆と言うケースは全くと言って良いほど見られません。そんなインターネット事情ですが、一部の地域限定で提供されている光回線も存在します。今回は地域限定の光回線『コミュファ光』について紹介します。

東海・中部限定の光回線サービス

コミュファ光を運営している中部テレコミュニケーション株式会社はKDDI系列の電気通信事業者です。もともとコミュファは中部電力から事業を受け継いだ光回線サービスです。そのため、KDDIの提供するサービスにも強い光回線でもあり、東海・中部地方のauひかりとも言える光回線と言えるでしょう。

東海4県のみの提供エリア

コミュファ光は東海・中部を限定エリアとして展開しています。そのため、愛知・岐阜・三重・静岡の東海4県のみ利用することができます。auひかりが中部エリアで展開されていない理由もこの辺りから察することができると思います。

コミュファ光のサービス概要

このようにコミュファ光は地域が限定された光回線ですが、サービス内容は侮ることのできないしっかりしたものとなっています。「快適」「安全」「安心」「おトク」をHP上でも掲げていますが、これらの単語はどこの企業でも当たり前のように使われています。言うだけなら何者でもできるので、実際はどうなのかを調査してみました。

ただサービスを並び立てるのでは分かりにくいと思うので、今回は光コラボのソフトバンク光と比較してコミュファ光について解説します。コミュファ光の公式では3つの魅力について説明してくれているので、こちらから比較していきましょう。

今回比較しているソフトバンク光は光コラボとの比較も行っているので、良ければこちらの記事も参考にしてみてください。

インターネット環境で比較

コミュファ光が掲げる快適とは高速通信、最初に与えられるネット環境について説明しています。通信速度、提供される機器について早速ソフトバンク光と比べてみました。

 最大通信速度IPv6接続Wi-Fi対応
コミュファ光1Gbps
ソフトバンク光1Gbps〇(要光BBユニット)〇(要光BBユニット)

通信速度はコミュファ光もソフトバンク光も同じ1Gbpsとなり、どちらも最新規格のIPv6に対応したものとなっています。両社が提供するルーターはWi-Fiに対応しているため、無線接続もできるので自宅のどこからでもネットが楽しめます。光回線はもとより、高速通信を可能とするルーター性能はどちらも高品質です。Wi-Fi性能もac11にどちらも対応しているので高速無線通信も可能となっています。

しかし、最大の違いと言えるのは、コミュファ光はルーターのレンタルが無料に対し、ソフトバンク光の光BBユニットは有料オプションになっています。必須と言うわけではありませんが、ソフトバンク光のスペックをフルで活かすには光BBユニットの利用が推奨されており、それ以外のルーターを用意していても同等の通信速度が出せる保証はありません。

セキュリティ・サポートで比較

 セキュリティ月額料金
コミュファ光ウイルスバスター700円/月
安心サポート700円/月
ソフトバンク光BBセキュリティ
300円/月~
BBサポートワイドサービス300円/月~

どちらも有料サービスとなりますが、大事なパソコンのウイルス対策やリモートによるサポートなどをしっかりと行ってくれます。セキュリティサービスは1ライセンス追加ごとの料金が発生しますが、セキュリティソフトを新たに購入するよりも安く抑えることができます。

BBサポートワイドサービスはルーターなどの故障でも無料交換をしてくれます。コミュファ光はシンプルな内容となっていますが、ソフトバンク光は環境に合わせて様々なサポートを用意しています。数が多いので初心者が一見すると複雑に思ってしまうかもしれませんが、最初のうちはウイルス対策のみで十分でしょう。

ネットに掛かる費用で比較

最後の比較ですが、簡単に言うとインターネットにかかる費用での比較となります。光回線の申し込みを検討している人には一番気になる部分でしょう。

特徴としては、コミュファ光には速度に合わせた料金プランが用意されており、事務手数料が光コラボに比べて安いことが挙げられます。対してソフトバンク光は2年の自動更新プランが基本となっており、自動更新なしプランは割高になっています。また、新規申し込みでも既に光回線の設備が整っている建物では工事費が格段に安くなる場合があります。

お得度で比較をする前に、両社のネット費用で比較しながら考察していきます。

初期・工事費用

 契約事務手数料工事費用
コミュファ光700円25,000円
ソフトバンク光3,000円
新規:24,000円
立ち合いなしの場合:2,000円
転用:なし

冒頭でも触れたようにコミュファ光は契約事務手数料がソフトバンク光に比べて約1/4という格安で済みます。一方の工事費用ですが、ソフトバンク光は1,000円ほど安く、場合によっては工事費用が2,000円で済むと言うのも特長です。また、フレッツ光からの転用申し込みの場合は工事費用が掛からないのも光コラボの優れているポイントです。

月額費用

 コミュファ光マンションタイプホームタイプ
30M:3,810円30M:3,810円
100M V/L:3,680円300M:4,750円
300M:4,750円1G:5,250円
1G:5,250円-
マンション・セレクトホーム・セレクト
100M V/L:2,680円 + プロバイダ料30M:2,760円 + プロバイダ料
300M:3,300円 + プロバイダ料300M:3,300円 + プロバイダ料
1G:3,830円 + プロバイダ料1G:5,250円 + プロバイダ料
ソフトバンク光マンションタイプホームタイプ
2年自動更新プラン:3,800円5,200円
自動更新なしプラン:4,900円6,300円

コミュファ光は通信速度で月額料金を選べ、プロバイダを選ぶかまとめるかの選択式になります。また、光電話や光電話とのセット割引プランもありますが、素の金額で見てみると光回線全体で見れば月額料金は高い部類に入ります。通信速度も30Mから選べますが、今の1Gbpsが主流のネット環境で30Mを選んで他社の1Gbps相当の月額使用料を支払うのは割に合うとは思えません。

マンションタイプとホームタイプの金額もそれほど差が無く、セレクトタイプは月額料金とは別にプロバイダ料金も発生します。一方のソフトバンク光は自動更新プランと更新なしプランのシンプルな2種類のみとなっており、月額料金も光コラボの中では比較的安価な部類に入ります。

コミュファ光の自分の用途に合わせられるプランは便利にも思えますが、費用対効果を考えると少々割高に感じられます。

コンテンツサービスで比較

 光電話光テレビ動画視聴サービス
コミュファ光コミュファ光電話コミュファ光テレビコミュファ光ビデオ(U-NEXT)
ソフトバンク光ホワイト光電話
光電話(N)
BBフォン
ソフトバンク光テレビ
ひかりTV
スカパー!
愛媛CATV&SoftBank 光
Netflix
スポナビライブ

コミュファ光にも光コラボと似たコンテンツを用意しており、光電話や光テレビはもちろんのこと、動画視聴サービスにU-NEXTといったVODも楽しめます。

光電話は番号通知機能が無料でふ化されていますが、光電話同士の無料通話と言ったものが無く、光回線を使った通常の電話サービスと何ら変わりはありません。光テレビは専門チャンネルが見られますが、全てにセット割引が適用されるわけではありません。それぞれに対応した機器や月額料金を積み重ねていくと高額になっていくのでどれかに絞る必要性が出てきます。

その点、ソフトバンク光にはお互いが同じ電話であれば無料通話が適用され、テレビオプションのセット割引も通常の契約よりも格安で契約できるのが強みと言えます。

お得度で比較

コミュファ光ソフトバンク光
auスマートバリューおうち割 光セット
ギガデビュー割 2017 10月~
乗りかえキャンペーン2017 10月-12月(期間限定)
オプションキャッシュバックキャンペーン2017 10月-12月(期間限定)
SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン(2017)
ソフトバンクホークス パ・リーグ優勝記念 総額100万円分プレゼント(期間限定)

各種割引サービスを用意されていますが、公式で大々的に宣伝されているのが上の比較表になります。コミュファ光はネットと電話とテレビのセットで月額料金が安くなるギガデビュー割を実施していますが、ソフトバンク光のおうち割 光セットのネット料金版といった内容です。

ソフトバンク光では新規キャンペーンとして商品券か月額割引が選べるキャンペーンを実施しており、基本の月額料金や選択できるということを考えるとソフトバンク光に分があるように見えます。

コミュファ光は月額料金がネック

KDDI傘下ということもありauスマートバリューに対応したセット割引や公式での高額キャッシュバックなどを用意しているコミュファ光ですが、全体的なサービスを比較するとどうしても厳しい評価になってしまいます。やはり月額料金の高さがマイナスポイントとして挙げられ、せめてマンションタイプとホームタイプで料金を明確に差別化してもらいたいと言う感想が持たれます。

auひかり以外に光コラボでもauスマートバリューを適用している光回線は他にもあるので、どうしても月額料金にもう一声欲しいところです。

その他のオプションサービスに関しては絶対に必要と言うわけでもなく、「あれば良いな」という感覚で使う人も多いと思われます。個人的な意見としては、光電話はせめて無料通話が付いていればという感想になります。

コミュファ光が今後の東海・中部エリアでの展開を拡大させていった場合は分かりませんが、現時点ではコミュファ光にこだわる必要性はそこまで高くは無いと思われます。ただし、地域限定の利を生かした通信速度の混雑を回避できると言う意味合いでは、安定した回線であると言えるでしょう。

乗り換えならソフトバンク光がおすすめ

乗り換えの際は契約解除による違約金が大多数の人の心配となっていますが、ソフトバンク光ではなんと最大10万円の現金キャッシュバックが実施されています。コミュファ光でも最大55,000円の乗り換えキャッシュバックを実施していますが、こちらはアンケートに答える必要があり、さらに2017年年内いっぱいのキャンペーンとなります。ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンは期間終了未定でいつでも利用することができます。

あんしん乗り換えキャンペーンについてはこちらの記事でも紹介していますので、興味がある人はご確認ください。

ソフトバンク光のキャンペーンは代理店の申し込み窓口からでも受け取ることができ、さらに代理店の特典との併用もできるお得な2大キャンペーンが実施されています。

さらにソフトバンク光では乗り換え中の工事期間でも、Wi-FiのソフトバンクAirを無料レンタルできる開通前レンタルも行っています。乗り換え補償と工事期間中のネット利用が約束されたソフトバンク光はおすすめできる光回線です。東海・中部地方で光コラボを検討している人は一考する価値は十分あります。

-ソフトバンク, ソフトバンク光, コミュファ光
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.