ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 その他の回線

九州地方の光回線『BBIQ』とソフトバンク光のサービスを比較!

更新日:

九州地方の光回線『BBIQ』とソフトバンク光のサービスを比較!

全国的に普及している光回線と言えばフレッツ光ですが、その地域限定で提供されている光回線があることをご存知でしょうか?各地方の事業者が提供する光回線はその地域でのみ展開されており、光コラボとは違ったサービスを行っているのが特徴です。今回は九州地方限定の光回線『BBIQ』と光コラボのソフトバンク光でサービス比較をしてみました。

沖縄除く九州7県限定の光回線サービス

BBIQは福岡に本社を置く九州電力グループの株式会社QTネットが運営するインターネットサービスです。元々はケーブルテレビ事業として展開されていましたが、後に光ファイバー方式の現在の光回線サービスの提供を始めました。

BBIQは沖縄を除く、本来の意味での九州地方のみの提供エリアとなりますが、九州地方でのお客様満足度でトップをひた走る優良光回線として知られています。

なお、インターネットは福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の7県で利用できますが、光テレビサービスは福岡、熊本、鹿児島の3県のみに限定されています。地域によってはネットとテレビをセットで申し込めないので、注意しておきましょう。

BBIQの特徴

BBIQの公式ページを見てみると分かりますが、インターネット以外にも光電話、光テレビなどの様々なサービスも提供しており、光コラボと何ら変わらないラインナップということがうかがえます。BBIQは提携企業にコミュファやSTNetなどの名前が見られ、それぞれがコミュファ光やピカラ光などの地域限定の光回線を提供している企業が名を連ねています。

スマホとのセット割引であるauスマートバリューが用意されていることにお気づきでしょうか?実はBBIQを含む地域限定の光回線は、光コラボが始まる以前よりKDDIとのauスマートバリューの提携をしていたのです。

KDDIと地方光回線との関係

もっと厳密に言うとKDDIは電力系株式会社の幹事会社であり、BBIQのような地域ネットワークを含むPNJグループと呼ばれる電力系通信事業者の中心企業なのです。そのため、電力系通信事業者との協力関係にあるKDDIのサービスが地方回線でも利用できるのです。地方回線の良いところは地域密着型だけでなく、このように幹事会社との提携も強みにあるところでしょう。

光コラボ『ソフトバンク光』との比較

BBIQの九州での評判はとても良いもので、大手の光回線サービスと比較しても遜色がないものだと言います。実際に顧客満足度で表彰されていることからもその人気の高さはうかがえますが、関東圏に住む人にはなじみがなく、いまいちイメージが掴めないことと思われます。

そこで今回は、全国的にも普及している光コラボの中でも人気が高いソフトバンク光と比較して紹介したいと思います。余談ですが、プロ野球チームの本拠地が福岡であることから、ソフトバンクの本社は福岡にあると思われがちですが、ソフトバンク本社は東京汐留に所在が置かれています。なので、今回の比較は残念ながら地元対決ではありません。

安いと言われている両社の比較

BBIQは費用が安いと言う口コミが多く、人気の理由としては分かりやすい特長です。同じく光コラボの中でも安いと言われるソフトバンク光は比較対象としては好都合でしょう。

初期費用で比較

BBIQ

住居タイプ契約事務手数料工事費
ホームタイプ800円24,600円
マンションタイプ・ダイレクト
マンションタイプ・棟内LAN方式11,000円

ソフトバンク光

契約事務手数料工事費
3,000円新規:24,00円
立ち合い工事なし:2,000円
転用:なし

BBIQの契約事務手数料がとても安く、工事費がマンションタイプは2種類あると言うのが特徴です。契約事務手数料と工事費を合わせた初期費用は、手数料分だけBBIQの方が安上がりになりますが、光コラボは転用だと工事費が掛からないと言うメリットがあります。また、住居に光配線設備が備わっている場合は工事のかわりに手数料2,000円が発生するのみと費用を格段に抑えられます。

月額料金で比較

BBIQ

契約プラン月額料金
ホームタイプ
通常契約5,500円
つづけて割(3年契約)4,700円
つづけて割ビッグ(5年契約)4,400円
ギガコース5,800円
つづけて割(3年契約)ギガコース5,000円
つづけて割ビッグ(5年契約)4,700円
マンションタイプ
マンションタイプ ダイレクト55,00円
住居内加入者1戸2~7戸8~15戸16戸以上
マンションタイプ 100M5,500円4,800円4,300円3,800円
ギガコース5,800円5,100円4,600円4,100円
3階以下の集合住宅5,500円
屋内配線があるマンション・ビル1~7戸8戸以上
4,500円3,500円

ソフトバンク光

契約プラン月額料金
ホームタイプ
2年自動更新プラン5,200円
自動更新なしプラン6,300円
マンションタイプ
2年自動更新プラン3,800円
自動更新なしプラン4,900円

BBIQの料金プランはマンション、ホームそれぞれで特長的な契約プランが複数あります。長期契約の「つづけて割」があるのはホームタイプのみとなっており、マンションタイプは集合住宅内のBBIQユーザーの人数で割引が適用されると言うシステムになっています。

住居に関わらず通信速度を100Mと1Gから選べたり、マンションタイプには集合住宅住まいの方でも専用ケーブルが引けるダイレクトといったプランのバリエーションが広いのも特徴です。

ソフトバンク光はマンション・ホーム共に2年自動更新プランか自動更新なしかの2種類だけと、至ってシンプルな料金プランになっておりとても分かりやすいものとなっています。

初期費用ではどちらも長所が明確で甲乙つけがたいところでしたが、月額料金はBBIQの通常料金が住居タイプにかかわらず基本が5,500円と高く、割引が適用されるつづけて割がホームタイプのみ、マンションタイプに至っては住居内のBBIQユーザーの数に左右されると言った内容なのが難点です。

マンションタイプでソフトバンク光と同額になるには16人以上のBBIQユーザーが必要になり、通信速度1Gを利用するためには月額に300円を追加して金額を支払う必要があります。

月額料金で比較すれば5年以上の長期利用が約束できるのであればホームタイプはBBIQが若干安くなりますが、マンションタイプは2年間の自動更新だけで安く収められるソフトバンク光の方が敷居が低いと言えるでしょう。

電話サービスで比較

共にスマホブランドを持ち、独自の電話サービスを持つ両社。それぞれに似たような内容ですが、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

BBIQ

BBIQ光電話
回線登録料新規回線番号:2,000
NTTからの番号引継ぎ:2,000円
番号ポータビリティ1,800
月額基本料金1回線:500円
2回線目:300円
通話料金全国一律 7.5円/3分
無料通話BBIQ光電話
緊急通報
フリーダイヤル

ソフトバンク光

ホワイト光電話
ソフトバンク光 新規 工事費1,000円
ソフトバンク光 転用 工事費1,000円
番号ポータビリティ2,000円
NTT回線休止工事費2,000円
NTT以外の電話回線工事費3,000円
月額基本料金
基本プラン500円
基本プランα943円
だれとでも定額 for 光電話1,410円
通話料金全国一律 8円/3分
無料通話(ホワイトコール24)ソフトバンク固定電話
ソフトバンク携帯
誰とでも定額
1回の通話を10分以内で月500回まで
フリーダイヤル
光電話(N)
ソフトバンク光 新規 工事費1,000円~2,000円
ソフトバンク光 転用 工事費3,000円~4,000円
NTT回線休止 工事費2000円
NTT以外の電話回線 工事費NTT光でんわは無料
月額基本料金
基本プラン500円
スマート基本プラン(N)1,500円
通話料金全国一律 8円/3分
無料通話(BBフォン)スマート基本プラン(N)
480円分の無料通話
ソフトバンク固定電話
ソフトバンク携帯

光電話サービスはスマホ大手のKDDIとソフトバンクの回線同士の比較と言うだけあって、両社共かなり充実した内容になっています。費用で比較するとBBIQはポータビリティ料金と通話料がわずかに安く、ソフトバンク光が自社回線のみと言う中、BBIQは提携会社の回線を網羅しているほど圧倒的に広いのです。

ソフトバンク光は自社回線のホワイト光電話とNTT回線の光電話(N)があり、無料通話を適用するにはBBフォンとホワイトコール24と言う基本オプションの申し込みが必要になります。BBフォン自体は無料オプションですが、後述のおうち割 光セットを適用させるためには必須のオプションとなっており、ホワイトコール24の適用にはネットとスマホの同時契約が条件というものです。

自社回線とNTT回線でサービスが混在する分、ソフトバンク光の方が初心者には複雑なサービスのシステムとなっており、分かりやすさと安さではBBIQの方に分があると言えるでしょう。

スマホとのセット割引で比較

auスマートバリューauスマホとセットで2年間最大2,000円割引
おうち割 光セットソフトバンクスマホとセットで2年間最大2,000円割引
おうち割 光セット(A)ワイモバイルとセットで2年間最大1,000円割引

セット割はどちらも1人の契約回線で家族が最大10人まで適用し、割引額も同じものとなっています。しかし、おうち割 光セットではソフトバンクスマホだけでなく、ワイモバイルも割引対象となっているのが最大の違いです。

格安スマホのワイモバイルの割引額は最大で1,000円とソフトバンクスマホに比べて半額ですが、元の月額料金が安いことを考えるとさらにお得度が変わってくるでしょう。

月額で考えればソフトバンク光の方がお得

BBIQはケーブルテレビと提携したテレビサービスがあり、BS/CSも視聴できるエンタメ性も備えていますが、ソフトバンク光にはそれら全てに加えてNetflixにスカパー!など動画視聴コンテンツが光回線の中でもトップクラスに充実しており、月額料金も通常で契約するよりもずっと安いものとなっています。

光テレビサービスや動画視聴コンテンツではソフトバンク光と比較するのは難しく、比べるのはやはり他の部分となるでしょう。毎月のネット費用はホームタイプなら若干の差でBBIQですが、マンションタイプとなるとソフトバンク光の方が圧倒的に優位と言えます。

だからと言ってBBIQの光回線がダメと言うわけではなく、九州地方限定と言う光回線は光コラボに比べて混雑がしにくく、通信速度が安定しやすいと考えられます。ネット環境は通信速度が重要なのでBBIQはネット上でも言われているように、良い光回線サービスだというのは否定できません。

乗り換えならソフトバンク光のキャンペーンを利用しよう

九州地方だからと言って全域でBBIQが使える訳ではありません。まだまだ提供されていないエリアもあり、BBIQを利用したくても敵ないと言う状況は当然考えられるわけです。そんな状況で選ぶ光回線には今回比較紹介したソフトバンク光をおすすめします。

ソフトバンク光では新規申し込みのキャッシュバックキャンペーンを行っており、他社回線からの乗り換えにも最大で10万円まで補償してくれる現金還元キャッシュバックも常時実施されています。

くわしくはこちらの記事で紹介しているので、良ければ参考にしてみてください。

auひかりで対象外でもソフトバンク光では受付可能

auひかりにも他社回線からの乗り換え補償をしてくれるキャンペーンは実施されていますが、最大3万円に対しソフトバンク光は最大10万円という3倍以上の現金が用意されています。違約金の金額によって受け取れる金額は変わってきますが、違約金次第では実際の金額より余分に多くもらえることも可能なのです。

さらに言うとauひかりのキャッシュバックはauスマートバリュー対象の他社FTTHサービス、KDDIが指定するケーブルテレビ事業者提供サービス等は対象外となっており、今回紹介したBBIQからの乗り換えも対象外なのです。

BBIQからの乗り換えを検討しているのであれば、auスマートバリューが使えないことを差し引いても間違いなくソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光は開通工事期間中でも無料でWi-FiのソフトバンクAirを貸し出してくれる開通前レンタルも実施しています。空白期間を作ることなくインターネットを利用するなら間違いありません。

他社の光コラボを比較した記事も紹介しているので、興味がある方はぜひこちらも参考にしてみてください。

-ソフトバンク, ソフトバンク光, その他の回線
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.