ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光

ソフトバンク光のネットの引っ越しキャンペーンはお得なのか?

更新日:

ソフトバンク光のネットの引っ越しキャンペーンはお得なのか?

仕事の都合などの理由で引っ越しを余儀なくされる際、それまで使っていたインターネットはどうなってしまうのか?新たな住居でも継続利用をする場合には、工事費用が発生してしまうということを知らない人が多いと聞きます。場合によっては高額な費用が請求されるネットの工事費用。これまで使っていたにもかかわらず、再度請求されると言うのは理不尽に感じることでしょう。

そんな引っ越しに伴う手続き・工事費用を抑えることができる「SoftBank 光も一緒に引っ越しキャンペーン!」について、今回は徹底解説したいと思います。

ネットの引っ越しは継続利用でも費用は新規扱い!?

-ネット回線の工事費用はキャンペーンなどで無料、もしくは格安で行われることもありますが、基本的には高額なものです。金銭的な負担を理由に容易には乗り換えができない原因の一つでもあります。フレッツ光からの光コラボなどは、もともとNTTが提供するフレッツ光回線であるので転用と言う方法がありますが、ネットの引っ越しはそういうわけにもいきません。

今までの住居で光回線を利用できていたとしても、引っ越し先の住居に光回線の設備が整っているとは限りません。新設工事が必要だと判断された場合、工事は新規扱いで行われてしまいます。光配線が備わっている住居の場合は立ち合いありの工事に比べて比較的費用は抑えられますが、それでも引っ越し手続き以外の費用は発生します。

引っ越しが決まったらただちに手続きを!

引っ越しが決まった場合、ただちに手続きが必要となります。現在、契約しているネット回線はその住所で使われることを前提として契約を結んでいます。住所転居となれば契約している事業者に報告義務が発生し、すぐに手続きを行わなければいけません。

事業者ごとの利用規約にもよりますが、仮に事後報告になってしまった時はいかなる違約金などが発生しても文句は言えません。また、利用しているネット回線は当時の住所でしか使えないわけですから、手続きが済んでいない以上は引っ越し先でネットは当然のことながら使えません。

引っ越し手続きと発生する費用の内訳

いざ引っ越しが決まったとなったら、事業者への報告が優先事項となります。報告が済んだら段階ごとに手続きへと進み、必要な費用が決まっていきます。

引っ越しに必要な費用

  • 手数料
  • 工事費
  • 引っ越し期間中の撤去工事完了日~開通工事完了日までの月額基本料(日割り計算)

フレッツ光、または光コラボでNTT東西で引っ越す場合

  • 手数料:3,000円

一般的なネット回線の引っ越しで発生する費用が上記になります。フレッツ光回線を利用していて、東と西のエリアをまたぐ場合にはそれに伴う手数料も発生します。ネット回線を使っていて引っ越しを行う場合、重くのしかかるのが工事費用です。そのため、転勤族など引っ越しの機会が多い人には、多少速度が落ちるとしてもWi-Fiなどの無線がありがたがられる理由でもあります。

ソフトバンク光の引っ越しキャンペーン

こうした引っ越し時の費用の負担を軽減するため、各事業者は時々引っ越し費用をサポートするキャンペーンを行っている時があります。例えば、冒頭で触れたように、ソフトバンク光では「SoftBank 光も一緒に引っ越しキャンペーン!」が現在実施されています。

こちらのキャンペーンは工事費用24,000円を9,000円に割引すると言うもので、全額負担するものではありません。以前ソフトバンク光では、引っ越しによる工事費用が全額無料となるキャンペーンが実施されていましたが、残念ながら2017年10月現在は終了しております。その代わり、現在の引っ越しキャンペーンは終了期間未定で行われているので、いつでも出費を最小限に抑えることが可能です。

ソフトバンク光で引っ越し手続きをした場合

ネット回線の引っ越しにどれくらい費用が必要なのか、現在利用しているネット回線がソフトバンク光としたケースで、キャンペーンを適用して引っ越しに伴う費用をシミュレートしてみましょう。まずは新規・転用申し込みによる工事費用と比較してみました。

 引っ越し新規申し込み転用申し込み
エリアまたぎありエリアまたぎなし
手数料3,000円-3,000円3,000円
工事費用配線工事あり9,000円24,000円-
配線工事なし2,000円9,600円9,600円
立ち合いなし2,000円2,000円

費用料合計金額

引っ越しに必要な費用:2,000円~12,000円
新規申し込みで必要な費用:5,000円~27,000円
転用申し込みで必要な費用:3,000円~12,600円

引っ越し・新規・転用に伴う金額を内訳で出し、合計金額が上記になります。引っ越しに掛かる費用は通常だと9,000円と見込まれ、転用時よりも費用が高いものとなります。しかし、転居先の住居に既に光配線設備が備わっており、尚且つ立ち合いが必要なしと判断された場合には手続き費用の2,000円のみとなります。ただし、住居の設備がフレッツ光などと違う光配線方式といった屋内の工事が必要となるケースには工事費用が発生します。

また、引っ越しキャンペーンを適用した場合の工事費用は一括払いが原則となっているため、分割払いが適用されません。

引っ越しの時は継続?それとも解約?

光コラボが一般的となった現在、以前の様にネット回線の主流はISDNやADSLから光回線へと変わっています。賃貸住宅や中古物件でも光配線の設備が備わっている住居も珍しくなく、工事費用を最低限に抑えることも現実的と言える状況です。しかし、築年数が古い物件や一戸建てなどは一から初期工事が必要になる可能性が高く、安心できるとは一概に言えません。

ならばいっそ解約して、他社回線の乗り換えキャンペーンで工事費用を賄うという手段も一つの選択肢として浮かび上がります。しかし、解約を選ぶ場合には工事費用とは別に様々な問題も抱えることに繋がります。

解約に伴う解除料や撤去工事費用などの問題

まず光回線は一般的には契約期間が定められており、契約期間内の解約には解除料が発生します。ソフトバンク光は9,500円の解除料が発生し、各種オプション機能を利用していた場合には上限10,000円までの費用が加算されます。

もう一つ、賃貸住宅での問題の一つに撤去工事があり、住居に引いた光ファイバーケーブルを撤去する必要性が浮かび上がります。ただし、光ファイバーケーブルの撤去は必ずしも行われるわけではなく、管理者の判断でそのまま次の入居者に再利用されると言うケースもあります。そもそもマンションタイプの光回線は配電盤から光ファイバーを共有している仕組みなので、最近の集合住宅での工事自体は少ないと思われます。

あくまで撤去工事はその住宅の管理人の厚意に左右されるものなので、最初から期待するものではないということを理解しておきましょう。もしも撤去工事が必要になった場合、光回線にもよりますが大体の費用は10,000円程度を予想しておくと良いでしょう。

解約すれば使えなくなるセット割とホワイト光電話

当然のことですが、ソフトバンク光を解約したらソフトバンクの提供するサービスが使えなくなります。ソフトバンクのスマホキャリア、ホワイト光電話などは自社の電話回線で提供しているサービスです。ソフトバンクの電話基盤を用いた電話サービスはソフトバンクだけが提供しているサービスです。auやドコモなどのスマホキャリアは他社回線でも提供されていますが、ソフトバンクスマホやワイモバイルのセット割はソフトバンク光でしか受けられません。

ソフトバンクユーザーは他社回線への乗り換えでこれらの恩恵を一切受けることができないため、特に利用している人には簡単に手放すことができないサービスと言えるでしょう。

関東エリアならNURO光と言う手も!?

唯一残されている方法とすれば、関東圏在住の人にはNURO光と言う業界最高速の光回線があります。提供エリアが非常に狭い光回線ですが、こちらは月額料金も安価で2G以上の通信速度を誇ります。利用可能エリアならおすすめしたい光回線ですが、前述の理由と工事費が4万円と高額であることがネックです。

一応、月額料金から工事費相当が割引される実質無料キャンペーンを実施していますが、工事費自体は払う必要がある点を覚えておきましょう。

NURO光についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、併せて目を通してみてください。

もしもNURO光から乗り換えるとしたら?ソフトバンク光と比較

光回線が主流となった現在では、インターネットの基準は最大速度1Gbpsの高速通信が当たり前となっています。1Gbpsでも十分と思われる通信速度のさらにその上をいく2Gbpsを提供するNURO光。家庭用 ...

続きを見る

利用継続か解約か?転居先のネット設備を要チェック!

ソフトバンクユーザーにとって、ソフトバンク光を解約すると言うのはネット以外のマイナス面が結構大きいデメリットです。auやドコモユーザーであれば他にもセット割が提供されている他社回線もあり、他社回線の乗り換えキャンペーンを利用すると言う手も悪くはありません。

また、代理店からの申し込みによるキャッシュバックを利用すれば、そのまま工事費用を充てて、尚且つ懐に残ると言った得する方法も考えられます。例えば、代理店NEXTではソフトバンク光の新規申し込みでキャッシュバックを行っていますが、auひかりやOCN光、ビッグローブ光なども取り扱い光回線として扱われています。

乗り換えを検討しているのであれば、キャッシュバックでネットの引っ越し費用を賄う方法も視野に入れるのもアリでしょう。先ほど紹介した代理店NEXTでは各種光回線のキャッシュバックを行っており、ネットでも評判の代理店です。大手の光回線を取り扱っているので、興味のある人は一度サイトを見ておくのもおすすめです。

ソフトバンクキャリアのユーザーの方でセット割を継続利用したいと言う人には、ソフトバンクAirがおすすめです。こちらは通信制限なしのWi-Fiが使え、新規の人には2年間月額基本料が割引される「はじめよう SoftBank Air割」も実施されています。キャッシュバックも実施されているので、興味のある人は以下のリンクを参考にしてみてくださいね。

-ソフトバンク, ソフトバンク光
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.