ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光

JCOMで引っ越しする場合、継続利用と乗り換えどっちがお得?

更新日:

JCOMで引っ越しする場合、継続利用と乗り換えどっちがお得?

BSや専門チャンネルなどのケーブルテレビでおなじみのJCOMでは、視聴コンテンツ以外にもケーブルテレビ網を利用したインターネットや電話サービスなど、全てが一本化されたサービスを提供しています。現在利用中のインターネットがJCOMで、引っ越しなどの理由で転居が必要に迫られた場合はどうすれば良いのでしょう?もしもの引っ越しのケースについて解説します。

JCOMは比較的引っ越ししやすいネット回線

インターネットの引っ越しと言えば、転居の手続きだけでなく引っ越しに伴う費用や工事費用などが発生する場合も多く、回線の中には再契約する必要があるものも存在します。また、提供エリア外への転居となってしまった場合はやむを得ず解約となってしまい、契約中なら解除料金など出費も増えると言ったイメージがあります。

そんなネットの引っ越しですが、JCOMでは費用を負担せずに引き継ぐことができるサービスが多く、比較的引っ越ししやすいネット回線と言えます。

JCOMエリアの引っ越しなら工事費無料

JCOMでは引っ越しに伴う工事費用やテレビ・パソコンの設定費用は無料となります。引っ越しの場合でも、auひかりなどは一旦解約してからの再契約と言う手続きが必要なネット回線もありますが、JCOMでは設置工事費や設備撤去費用が必要ありません。さらに言うと、JCOMの対象となるケーブルテレビであればJCOM同士でなくても設置工事費が無料となります。

一部の例外を除いてJCOMでの引っ越しは契約事務手数料以外の工事費用が掛からず、比較的引っ越しのしやすいネット回線であることは確かでしょう。

引っ越し後も継続利用なら引越し早割で月額割引

引っ越しが決まった後も継続利用をするのであれば、最大12ヶ月間、福岡・北九州・熊本では料金プランによっては最大24ヶ月間の月額割引の「引越し早割」が用意されています。引越し早割を適用するには対象の料金プランを利用する必要があり、料金プランごとに割引額も変わります。

JCOMサービスの設定費用が無料

JCOMと言えばケーブルテレビと言った専門チャンネルなどの視聴コンテンツが有名ですが、こちらを利用している場合には転居先での機器の再設定が必要になります。JCOMでは引っ越し後のテレビの再設定が無料とされ、パソコンの接続も1台までなら無料対応してくれます。

アート引越センターの利用で引っ越し費用が30%割引

JCOMでは引っ越し業者を専用の窓口から申し込むと引っ越し費用が30%割引となる「引越し応援割」が実施されています。

引越し応援割

  • 見積り申し込みで引っ越し費用30%オフ
  • ハウスクリーニング+ハウスコーティングを5万円以上利用で掃除費用10%オフ

JCOMの専用窓口からアート引越センターに申し込めば引っ越し基本料が30%オフとなり、オプションサービスのハウスクリーニングとハウスコーティングも10%オフにされる割引サービスです。これは業務提携を行っている両社ならではのサービスと言えます。オプションサービスの掃除費用ですが、こちらは掃除費用の総額で5万円以上の費用が掛かる場合に適用されるものです。

解約扱いなら解除料などの違約金も発生するので注意

引っ越しを理由に現在の住所でのサービスの継続が望めない場合、手続きをすれば上記のように費用を抑えた引っ越し手続きが可能です。しかし、引っ越し後のサービス継続を望まない場合は解除扱いとなってしまい、費用は全額負担となってしまうので注意が必要です。

JCOMの契約期間は2年間が基本となっており、契約満了月以外には解除料および撤去工事費用は2,000~6,000円程必要になります。

JCOMの引っ越しはデメリットが無いの?

JCOMの引っ越し手続きはユーザーに手厚いように見え、引っ越しによる月額割引や引っ越し業者の割引仲介があるなど、一見すると何のデメリットも無いように見えます。工事日程も申し込みから最短で4日ほどで開通工事が完了し、ネット回線では光コラボの転用以外では類を見ない早さと言えるでしょう。

引っ越しと言う手続きだけで見たら確かにデメリットはほとんどありませんが、ネット回線として見た場合は光回線に見劣りする点もいくつか目立ち始めます。

引っ越しを機に光回線への乗り換えも検討

JCOMと光回線を比較した場合、気になるのは月額料金通信速度の点です。

プランによって月額料金と通信速度を選べるJCOMですが、最大通信速度で見れば320Mbps、月額基本料金は6,000円となり、1GBpsが基本の光コラボの半分にも満たない通信速度で月額料金は約1.5倍とコスパが良いとは到底言えないものです。

例えばソフトバンク光で比較した場合はこうなります。

 JCOMソフトバンク光
初期費用6,000円新規3,000円
工事立ち合いなし2,000円
WEB申し込み5,000円転用無料
月額基本料6,000円マンションタイプ3,800円
ホームタイプ5,200円
通信速度320Mbps1Gbps
 光1Gコース on au ひかり
初期費用37,500円
月額費用6,500円
通信速度1Gbps

上の表はJCOMとソフトバンク光で比較したものですが、先述した月額費用と通信速度でソフトバンク光にだいぶ水をあけられた形となっています。一応戸建て限定で1Gbpsコースもありますが、関西地域では利用ができないというエリアも限られたものとなっています。月額料金にしてもやはり割高となっており、費用にしてもお手頃とは言い難いものとなっています。

今後1Gbpsが利用可能になるかもしれないと言う希望を持ちたくもなりますが、少なくとも公式では関西エリアでの利用は予定にないと公言されています。これは関西地域にKDDIとの提携を結んでいる回線事業者がいることによる影響と思われます。

1Gbpsの初期費用は対象の料金プランを選べば無料となりますが、全国的に使えないコースと言うのはメリットとしての比較対象にしにくいものと思われます。

ネット回線の恩恵を最大限に活かそうと考えるのならば、月額費用が重くのしかかるJCOMから他の光回線への乗り換えも検討する方が良いでしょう。

乗り換えるならどの光回線がいい?

乗り換えを検討した場合、提供エリアが多い光コラボがまずは候補となるでしょう。JCOMでも用意されているauスマホ割のauスマートバリューを用意している光回線も多く、月額費用もJCOMから比べて4割近くに抑えることも可能です。

フレッツ光でもauスマートバリューを用意しているプロバイダはありますが、光回線とプロバイダを別々に支払うことで費用がかさみますので、どうせなら光回線とプロバイダを一本化した光コラボを選んだ方が断然お得です。光コラボなら光電話や光テレビなどのJCOMでも利用できたサービスのほとんどが用意されているので違和感なく利用できるでしょう。

ただし、乗り換えの際には解除料や撤去工事費用などの違約金の支払いなども忘れてはいけません。

どうせ乗り換えるならキャッシュバックを利用しよう

光コラボでは新規申し込みや乗り換えによる違約金負担などのキャッシュバックを用意しているところもあり、どうせ乗り換えるのであれば高額キャッシュバックをもらって違約金の足しにしてしまうと言うのも一つの方法です。

2017年現在で高額キャッシュバックを用意している光回線は先ほど比較で出したソフトバンク光auひかりになります。auひかりは冒頭で少し触れましたが、引っ越しをすると再契約手続きが必要となる光回線です。また、関東エリアでは利用できない地域も多いなど、光コラボに比べていくつかの制限がある光回線です。

それでもauユーザーにとってはauスマホやKDDIのキャンペーンを定期的に実施しているので、決して悪い光回線ではないのです。

しかし、今回の話題にあるキャッシュバックにちょっとした問題をauひかりは抱えているのです。

乗り換えキャッシュバックは自社提携企業からは対象外

auひかりとソフトバンク光はそれぞれに「auひかり新スタートサポート」「あんしん乗り換えキャンペーン」と言う他社回線からの違約金を負担する高額キャッシュバックを実施しています。auひかりは最大3万円、ソフトバンク光は最大10万円まで違約金を負担してくれるキャンペーンです。

金額でもソフトバンク光の方が高額で、そちらの方に目が行きがちになりますが、auひかりの問題はそこではありません。auひかりのスタートサポートは提携企業からの乗り換えはキャッシュバックの対象外なのです。

PNJグループとKDDI提携企業は基本的に対象外

上の図の赤丸欄をご注目ください。「auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス、KDDIが指定するケーブルテレビ事業者提供サービス等は対象外です。」つまり、JCOMはこの時点で対象外であることが確定してしまったのです。

auユーザーの大本とも言えるauひかりではauスマートバリューがキャンペーンの足かせとなってしまっているわけなのです。どうしても使いたい場合には違約金を払うかJCOMを継続利用するしかありません。

ソフトバンク光なら他社からの乗り換えで問題なし!

一方のソフトバンク光ですが、こちらのスマホキャリアはソフトバンクスマホとワイモバイルとなっており、auスマホは残念ながら使えません。しかし、ソフトバンク光には高額なキャッシュバックで回線乗り換え負担だけではない充実したサービスも用意されています。

ソフトバンクの電話回線を利用したIP電話サービスにNetflixやソフトバンク光テレビなども用意されており、ケーブルテレビと遜色ないどころかそれ以上とも言える光コラボの中でも充実した動画視聴コンテンツが楽しめます。

また、ソフトバンク光の代理店から申し込めば公式のあんしん乗り換えキャンペーンだけでなく、代理店からの新規申込による高額なキャッシュバックも用意されています。違約金・工事費用の自己負担が無く月額料金も比較的安いとなると、乗り換え先の光回線として第一候補に挙がるくらいの光回線と言えるでしょう。

工事期間中は無料でソフトバンクAirが使える!

さらにソフトバンク光では工事期間中はWi-FiサービスのソフトバンクAirを無料で貸し出ししてもらえる開通前レンタルも実施されています。申し込みから工事完了までが早いJCOMに対抗できるサービスと言えるでしょう。

住居にもよりますが、工事はおよそ2週間~4週間ほどが予想され、その間はソフトバンクAirが使い放題です。JCOMの一般的な最大通信速度320Mbpsが月額6,000円に対し、最大速度261Mbpsの高速無線通信を無料で使え、工事完了後は1Gbpsの光回線を使い放題とまで言えば、さすがに比較するまでもないでしょう。

ネットの乗り換えにソフトバンク光はかなりおすすめできる光回線です。いっそのことソフトバンクスマホに乗り換えることも検討してしまっても良いかもしれません。

ソフトバンク光の代理店でどこが一番お得かキャッシュバックで比較!

新規・転用の申し込みで高額なキャッシュバックを受け取れるソフトバンク光のキャンペーン。代理店によっては、ホームページ上で10万円以上のキャッシュバックを謳っているところもあります。高額なキャッシュバッ ...

続きを見る

SoftBank光への申し込みはコチラから

-ソフトバンク, ソフトバンク光
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.