ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光

フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合(ホームタイプ編)

更新日:

フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合(ホームタイプ編)

NTTのフレッツ光は、全国的に展開されている光回線です。一般家庭の光回線と言えば、多くの人がこのフレッツ光を利用していることでしょう。2015年より始まった光コラボは、このフレッツ光回線を回線事業者に卸売りしたネットサービスです。品質・速度共にフレッツ光回線と同じ光コラボに転用(乗り換え)するメリットとは何でしょうか?今回は、フレッツ光東日本のホームタイプとソフトバンク光を比較してみました。

フレッツ光と光コラボの違い

簡単に説明すると、フレッツ光と光コラボは同じ光回線です。品質・速度共に同じ光ファイバーケーブルを使用しており、光ファイバーの質自体には違いがありません。フレッツ光と光コラボの最大の違いは、ネット回線を扱っている事業者が違うという点になります。

ネット回線とプロバイダの契約形態

フレッツ光回線は元々NTTが運営していたもので、ネット回線の卸売りを始めたのが光コラボです。インターネット接続には、ネット回線以外にもプロバイダ契約をする必要があります。インターネットの世界への道がネット回線であれば、プロバイダはその入り口・申し込み窓口という関係です。ネットに繋げるためにはプロバイダは必要不可欠なのです。

光コラボは、プロバイダ側の事業者がフレッツ光を買い受けたことで、ネットへの道と入り口を一本化して用意されたネットサービスです。光コラボによって、本来は別々の契約が必要だったネット回線とプロバイダ契約がセットとなったサービスです。一本化されることによって、費用を安く抑えてインターネットを利用することが可能となりました。

プロバイダごとにネット回線を選べる

今まではフレッツ光以外のネット回線の選択肢は少ないものでしたが、光コラボの開始によって回線事業者が続々と参入を始めました。品質や速度は同じものと言っても、これまでのプロバイダ事業者と同様の様々なコンテンツが楽しめます。これまでのネット契約は、ネット回線の契約後にプロバイダを選ぶと言う段階を踏んでいましたが、最初からプロバイダを選ぶような感覚でネット回線を選ぶようになります。

光コラボは別々の会社で運営されているネット回線

同じフレッツ光回線と言っても、それぞれの事業者はフレッツ光回線を買い受けて、自社のサービス運用を行っています。フレッツ光から光コラボへの転用は出来ても、光コラボから光コラボへの転用はできません。

ネットとプロバイダの関係でも説明しましたが、フレッツ光を買い受けた事業者のネット回線(道)を他の事業者の窓口で利用することができないのと同じ理屈です。光コラボから他の光コラボへ乗り換える場合、現在の光コラボを解約して他社と新規契約を行う必要があります。

フレッツ光とソフトバンク光のサービス比較

光コラボはフレッツ光よりも費用を抑え、面倒な手続きも少ないお手軽になったネット回線です。フレッツ光と光コラボが費用や手間以外に特に違いが無いのなら、「手続きが面倒だからこのままでもいい」と考える人も少なからずいるかもしれません。

フレッツ光と光コラボにどれだけの違いがあるのか、フレッツ光東日本のホームタイプと光コラボのソフトバンク光を対象に比較してみましょう。

初期費用で比較

ネット回線の質が同じものである場合、比較対象となるのはそれ以外のサービス内容になります。まずはネット接続に必要な工事費用などの初期費用から比較していきましょう。

 フレッツ光東日本・ホームタイプソフトバンク光・ホームタイプ
契約料(事務手数料)800円3,000円
工事費用18,000円2,000円~24,000円

 

初期費用で比較するとフレッツ光の方が費用は安く抑えられます。ソフトバンク光は住宅のタイプにかかわらず、通常の初期費用は全て同じ金額で統一されています。高額な工事費用はどちらも分割払いが可能で、フレッツ光は初回3,000 + 2回目以降500円/月の31回払い、ソフトバンク光は24回、36回、48回、60回で選べます。ちなみに転用の場合は、分割払いの残額も次の光コラボで引き継がれます。

こうしてみるとフレッツ光の方が安く済ませることが出来てお得に見えますが、ソフトバンク光の場合、工事の必要があるか無いかで工事費用が変わります。既に光配線方式が敷設されている住宅であれば、工事費用は2,000円で収まり、屋内工事のみの場合だと9,600円と立ち合い工事の有無で費用が変わります。

通常、工事のあるなしにかかわらず、工事費用が発生する光回線は多いものですが、この料金システムはソフトバンク光の特長の一つと言えます。

ネット回線を継続利用するケースで見るとどう変わるのかも比較してみましょう。

月額費用で比較

  フレッツ光東日本・ホームタイプYahoo! BB光 with フレッツソフトバンク光・ホームタイプ  
 2年自動更新5年更新 単年更新
月額料金5,200円6,400円5,200円4,700円6,300円

フレッツ光はネット回線とプロバイダ契約が別々になっており、実際の金額はプロバイダ料金との合計になります。上の表では、ソフトバンク光との比較が分かりやすくなるように、フレッツ光単体の金額とYahoo!BBと契約した場合の金額を比較してみました。ここでは同条件にあわせるため、基本契約プランの2年を基準にして比較します。

上の表で見れば分かると思いますが、フレッツ光は回線+プロバイダで費用が別々になるのに対し、ソフトバンク光はプロバイダとセットで、フレッツ光のネット回線の月額と同額なのです。同じ品質・速度・サービス内容でプロバイダ料金分だけフレッツ光が多く払っている計算になります。

にねん割を適用してようやく

フレッツ光には2年ごとの自動更新で月額料金が割引になる「にねん割」や申し込みから請求までセットになった「プロバイダパック」などがあります。適用できる割引すべてをまとめると、最大で4,900円まで費用を抑えることができ、ここでようやくソフトバンク光の月額料金より安くなります。

一方のソフトバンク光では、単年から5年更新、従量制まで料金プランが用意されているのも特徴です。基本的には2年更新が基本となり、単年は違約金なしでいつでも契約解除ができる代わりに月額料金が高くなっています。

この中では5年契約が一番費用が安いのですが、月額750円のソフトバンク光テレビへの加入が条件となっています。さらにスカパー申し込みで200円の割引が適用されますが、必要のない人にとっては負担が増えることになります。

契約解除料の比較

ネット回線は継続利用の場合、契約期間内での解約には解除料金が発生します。フレッツ光では、にねん割を適用している場合に9,500円の解除料が発生し、さらに契約しているプロバイダの解除料金も加算されます。プロバイダ解除料金は会社ごとに違い、最大で1万円ほどが考えられます。

Yahoo!BBの場合、フレッツコースがスタンダードで5,000円、プレミアムで8,000円の解除料が必要となり、合計で14,500円~17,500円の解除料金になる見通しです。

ネットとプロバイダが一本化されているソフトバンク光は、解除料金もセットで9,500円となっているため、約2万円に及ぶフレッツ光の方が解除料金の負担は大きくなります。

引っ越しなどで契約解除が必要な場合

ネット回線は利用する住居の住所で契約しているため、引っ越しなどの場所を変えての利用には手続きが必要になります。転居先の住居でネット回線の設備がない場合、新たに工事が必要になるケースもあります。

 フレッツ光東日本・ホームタイプソフトバンク光・ホームタイプ
移転費用  9,000円2,000円~9,000円
NTT東西を跨ぐ場合フレッツ光東日本解約➡フレッツ光西日本の新規工事+3,000円

フレッツ光は移転費用に9,000円で統一されていますが、ソフトバンク光の引っ越し費用は引っ越しキャンペーンで最大でも9,000円までの費用で抑えられています。また、光配線設備がある住居で立ち合い工事が無い場合は2,000円まで抑えることが可能です。

引っ越しキャンペーンは実施されている光コラボも多いですが、立ち合い工事が無い場合の格安の費用はソフトバンク光ならではのサービスです。フレッツ光はプロバイダへの引っ越し手続きも必要なため、費用と手間が発生してしまいます。

ソフトバンク光の引っ越しキャンペーンについてはこちらでも紹介しているので、興味のある人はこちらも読んでみてください。

ソフトバンク光のネットの引っ越しキャンペーンはお得なのか?

仕事の都合などの理由で引っ越しを余儀なくされる際、それまで使っていたインターネットはどうなってしまうのか?新たな住居でも継続利用をする場合には、工事費用が発生してしまうということを知らない人が多いと聞 ...

続きを見る

長い目で見て光コラボの方がお得

一見するとフレッツ光の方がお得に見える料金設定ですが、フレッツ光単体だけで見た場合の表記であることを忘れてはいけません。プロバイダを加えた場合で計算すると、手続きと費用面でネットとプロバイダが別々になることのデメリットの方が際立ちます。

フレッツ光にはプロバイダとのパック料金などもあり、徐々にフレッツサービスも改善されてきています。しかし、契約形態が別々である以上は、ネットとプロバイダが一つになった光コラボの方が依然としてお得なネットサービスと言えるでしょう。

フレッツ光からの転用なら無料

現在フレッツ光を利用中の人は光コラボに転用することがおすすめです。光コラボに参入しているプロバイダであれば、そのまま会員契約を継続してさらにお得に光回線を利用することが出来ます。ドコモ光のようにプロバイダを選べる光コラボもあるので、状況に応じて選んでみるのも良いでしょう。

ソフトバンク光ならスマホのセット割引が使える

さらにソフトバンク光では、ソフトバンクスマホとワイモバイルのセット割引である「おうち割」も使えます。Yahoo!BBでもソフトバンクスマホの割引が利用できますが、ワイモバイルの割引はソフトバンク光だけの特権です。ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら、ソフトバンク光でさらにお得にネットを楽しめます。

代理店からなら転用でもキャッシュバックがもらえる!

ソフトバンク光は代理店でも申し込み窓口が用意されており、新規・転用の両方でキャッシュバックが用意されています。公式申し込みでキャッシュバックを用意している光回線は現在数が少なく、転用となれば特典が用意されていること自体が珍しいのです。

ソフトバンク光の正規代理店であれば、転用でも高額キャッシュバックがもらえる窓口が多く存在しています。転用だけなら特に大きな費用は発生しませんが、代理店から申し込めばよりお得に光コラボを楽しめます。

このように光コラボにはネット利用を快適にさせる様々なサービスが用意されています。現在、フレッツ光を利用中の人は、光コラボへの転用をおすすめします。その際には、ぜひ代理店からの申し込みで高額キャッシュバックを手に入れましょう。

SoftBank光への申し込みはコチラから

-ソフトバンク, ソフトバンク光
-, , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.