ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光

フレッツ光西日本とソフトバンク光への転用比較(ホームタイプ編)

更新日:

フレッツ光西日本とソフトバンク光への転用比較(ホームタイプ編)

2015年からの光コラボの開始以降、ユーザーが利用できるインターネットの選択肢が広がりました。高品質・高速通信のフレッツ光は、それまでの一般家庭のインターネットとして普及しており、光コラボの導入で結果的に全国的にさらに勢力を広めています。

ところで、何かとお得と言われている光コラボですが、フレッツ光と比べて何がお得なのかイマイチぴんと来ないと言う人もいるのではないでしょうか?今回はフレッツ光西日本のと光コラボをホームタイプで比較してみましょう。

光コラボで変わったこととは?

光コラボは、回線事業者がNTTからフレッツ光回線を買い受けることで始まったネットサービスです。NTTが運用していた光回線を、他社の回線事業者も取り扱えるようになったことがニュースとなった出来事です。それによってNTTのほぼ独占状態だった光回線の市場がどのように変わったのでしょうか?

回線契約とプロバイダの一本化

一番大きな変化はネット回線とプロバイダが一本化されたことです。それまで、NTTのフレッツ光を契約した場合、ネット接続に必要なプロバイダを他社で用意しなくてはいけませんでした。フレッツ光はNTTが用意してくれるものですが、プロバイダは別に契約する必要があります。NTTの方でも新規契約者向けのプロバイダパックが用意されていますが、契約自体は選ぶプロバイダと直接契約することになります。

一本化されたことで手続きや支払いなどのシステムが簡略化され、それによってかかる費用も削減化されることに成功しました。つまり、ネット契約を一本化したことで費用を安く抑えられることに繋がったのです。

転用ならフレッツ光の違約金が発生しない

一部例外はありますが、フレッツ光から光コラボに乗り換えた(転用した)としても、違約金などは発生しないのも大きなメリットです。例えば、契約期間中の契約解除に伴う解除料が発生するケースが多いのがネット契約ですが、にねん割などの2年間の継続利用が必要なサービスの解除料金が発生しません。

フレッツ光でにねん割を適用している場合、通常なら契約満了月以外の解除には9,500円の解除料金が発生します。しかし、転用ならこの解除料金が免除されます。また、フレッツ光の工事費用を分割で払っている場合、賦払い残額は次の光コラボに持ち越してもらえます。

プロバイダ契約は転用先の光コラボ次第

フレッツ光では違約金が発生しないと言っても、NTTとは別の契約となるプロバイダの場合は事情が変わってきます。転用先の光コラボがプロバイダ側の運営するサービスであれば、そのまま継続利用扱いとされるケースもありますが、他社のサービスである場合は解除料金はキッチリ取られることを想定しなくてはいけません。解除料金はプロバイダごとに違いますが、大体9,500円ほどの費用が掛かることを考えておきましょう。

転用なら工事費が無料(一部例外あり)

ネット契約で一番の出費となるのが回線工事ですが、転用なら工事不要で費用がほとんど掛からないというメリットもあります。光配線がフレッツ光回線用に使われているものであれば、光コラボは元はフレッツ光なので工事も不要であるという理由です。

しかし、フレッツ光の契約プランによっては工事費用が発生する場合もあります。

回線品目の変更などは費用が掛かる

引っ越しなどで住居タイプが変わる場合や、通信速度を変更する場合などは配線方式を変えることになるので、工事費用が発生してしまいます。NTTのフレッツサービスの基本は3種類あり、一般的にフレッツ光と呼ばれる光回線はフレッツ光ネクストです。最大通信速度は1Gbpsがこちらのサービスタイプとなり、その他のライトライトプラスは100Mbpsとなります。

それぞれのサービスは「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3種類の配線方式に分かれ、光コラボで採用されているのが光配線方式です。光配線方式以外から光コラボに乗り換える場合は、工事費用が発生するものと考えておくべきでしょう。

どちらがお得かフレッツ光と光コラボを比較

光コラボはフレッツ光で必要だった手続きなどが簡略化され、費用も以前よりも安く抑えられることが特徴です。しかし、光コラボには光コラボのデメリットもあるため、「フレッツ光を継続利用していても問題ないのではないか」と考える人もいることでしょう。

そこで今回、フレッツ光西日本と光コラボをホームタイプで比較することにしました。フレッツ光はプロバイダと込みで比較するため、人気プロバイダのYahoo!BBを採用します。比較対象の光コラボは、Yahoo!BBと同じプロバイダのソフトバンク光という同条件で比較してみましょう。

初期費用で比較

 フレッツ光西日本・ホームタイプソフトバンク光・ホームタイプ
契約料(事務手数料)800円3,000円
工事費用18,000円2,000円~24,000円

初期費用は東西で違いはなく、料金システムも基本的な部分は同じです。フレッツ光は回線の品目を変える場合、2,000円の料金が発生します。品目変更をしたとしても、合計で2万円ほどとなり、ソフトバンク光の基本工事費用よりは安くなります。

しかし、ソフトバンク光だけのメリットに、同じ配線方式であれば立ち合い工事なしで2,000円という独自のサービスがあります。屋外工事が必要ない場合でも、屋内工事のみで済めば9,600円と費用は従来よりも半額以下で済みます。

フレッツ光も、以前はYahoo!BBに加入で工事費無料などのサービスを実施されていましたが、現在はキャンペーンが行われていません。現時点では上の表の費用は必ず発生します。

工事費用は一括、分割で支払方法を選べ、フレッツ光が31回払い、ソフトバンク光が24回、36回、48回、60回で選べるのもNTT東日本とは変わりません。

月額費用で比較

  フレッツ光東日本
ホームタイプ 
Yahoo! BB光 with フレッツ 
(1,200円/月)
ソフトバンク光
ホームタイプ
 月額料金 2年自動更新5年更新 単年更新
5,400円6,600円5,200円4,700円6,300円

上の表のフレッツ光の料金プランはスタンダードで比較しています。プロバイダ料に変わりはありませんが、ホームタイプは東日本より月額料金が200円高くなっており、東日本のにねん割に相当する光もっと2の加入が推奨されています。光もっと2割は、利用開始から10ヶ月目に適用が開始され、2年目まで1,100円で割引されます。3年目以降は3年ごとの継続利用となり、9年目で最大1,790円の割引が適用される長期スパンの割引サービスです。

ただし、にねん割と同じく最初は2年間、3年目以降は3年間の契約期間での利用が必要となり、契約満了月以外での解約は最大3万円の違約金が発生します。にねん割より割引額が大きくなった分、解除料金も大幅に増額しているのも特徴です。

Yahoo!BBの解除料金は東西で統一されており、上の表で言えばスタンダードプランの5,000円が発生します。光もっと2割を適用した場合で計算すると、最大でも35,000円という工事費用に匹敵する違約金を請求されてしまいます。光もっと2割は3年目と6年目が満額の3万円を請求される時期なので、最悪の場合でもこの時期の解約は避けたいところです。

ソフトバンク光の料金形態は東西でも統一されており、契約満了月での解除料金も9,500円とされています。

引っ越し費用で比較

 フレッツ光西日本・ホームタイプソフトバンク光・ホームタイプ
工事費用2,000円~18,000円2,000円~9,000円
東西を跨ぐ場合フレッツ光西日本を解約し、フレッツ光東日本の新規工事費+3,000円

工事費用にばらつきがあるのは、立ち合い工事が無い場合だと双方とも2,000円で済むこと、引っ越し割引を適用するなどのケースごとに請求額が変わることが理由です。フレッツ光西日本とソフトバンク光は引っ越し割引キャンペーンが実施されており、工事が必要な場合でも通常よりも半額程度で済ませることが可能です。

ソフトバンク光は終了期限未定のほぼ常設と言っていいキャンペーンですが、NTTフレッツ光西日本は2017年10月1日~2018年1月31日までの期間限定サービスとなっています。延長する可能性もありますが、キャンペーン期間外では出費が増えることも考慮しておきましょう。

ソフトバンク光ならワンランク上のサービス

フレッツ光とソフトバンク光は同じ品質の光回線ですが、改めて比較してみると微妙な違いがクローズアップされてきます。Yahoo!BBで比較しても、実は受けられるサービス内容にも違いがあります。ソフトバンクのスマホとセットで月額料金が割引される「おうち割」を適用できる光回線はソフトバンク光だけの特権です。

先に触れた引っ越しキャンペーンを始めとする、他社回線からの違約金負担のあんしん乗り換えキャンペーンなど、ソフトバンク光ならではのサービスが用意されています。同じ光回線、プロバイダを利用するのであれば、ソフトバンク光に転用してワンランク上のサービスを受けるのが断然お得です。

代理店からのソフトバンク光への転用でキャッシュバックがもらえる

さらにソフトバンク光の転用を代理店から申し込めば、高額キャッシュバックを受け取れるチャンスがあります。通常、転用に対する特典などは用意されていないことも多いのですが、ソフトバンク光の正規代理店では、転用に対しても高額キャッシュバックが用意されています。

正規代理店で申し込めば、公式キャンペーンと代理店のキャンペーンを同時に受けられる2大キャンペーンも行っており、ソフトバンク光の公式から申し込むよりもずっとお得に光コラボに乗り換えられるのです。

転用するのであれば、得をする方を選んでしまいましょう。

SoftBank光への申し込みはコチラから

-ソフトバンク, ソフトバンク光
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.