ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク その他の回線 その他

eo光の失敗しない解約方法とは?解約手順と注意点を徹底紹介!

更新日:

eo光の失敗しない解約方法とは?解約手順と注意点を徹底紹介!

関西エリア限定の光回線「eo光」は人気の高い光回線です。満足度も高いと評判のeo光ですが、解約を検討している人いるかもしれません。解約には様々な手続きや問題点も多く、インターネットサービスは特に気を付けなければいけない注意点も多いものです。

そこで今回、eo光の解約手順と注意点を徹底紹介したいと思います。

eo光の解約手順

eo光の解約方法はHPの方でも記載されていますが、解約手続きの項目が多くて慣れていない方には迷いやすいと思います。ここでは分かりやすく、光回線の解約手順を最短で紹介していきます。

解約までの基本的な流れは以下になります。

解約までのステップ
  1. eoサポートダイヤルに解約の電話をする
  2. 解約受付書が送付される
  3. 撤去工事日の連絡と調整
  4. 撤去工事の実施
  5. 各種支払い・違約金の清算
  6. 解約受付後からレンタル機器を返却

eoサポートダイヤルに電話をする

eo光の解約は電話受付のみとなっており、フリーダイヤルと有料の2種類があります。解約手続きには登録証が必要になるので、手元に用意しておきましょう。もし、手元に登録証がない場合はeoマイページから確認ができるので、こちらを活用しましょう。

eoサポートダイヤル
0120-919-151(フリーダイヤル)
050-7105-6333(有料)

受付時間 9:00~21:00(年中無休)
音声ガイダンスにしたがって『3』→『3』→『1』の順に番号選択

eo光電話かLaLa Callを利用している場合は「1518」に音声ガイダンス不要で繋がります。サービスごとに受付番号が違いますので、ネットの解約は上記からで行いましょう。

こちらの番号はeo光eo光電話eo光テレビの解約に対応しているので、各種いずれかのサービスのみを解約する時もこちらにかければOKです。

後述する解約精算金を避けるための最低利用期間などの確認をする場合にも、こちらから問い合わせが可能です。

解約受付書が届いたら解約受理

解約手続きは電話から開始しますが、それだけでは完全に解約したことにはなりません。解約申し込みの電話をしてから解約受付書が送付されてくるので、そこで解約が受理されたことになります。ルーターなどのレンタル機器の返却は解約受付書が届いてから行いましょう。

撤去工事日の調整・決定・実施

解約が受け付けられた後、eo光から撤去工事日についての連絡が入ります。そこで撤去工事の実施日を調整してからの工事となります。撤去工事は回線終端装置のみか、引き込み線を含む撤去かのいずれかになります。

撤去工事の費用の次の解約精算金の項で詳しく解説します。

eo光は「初期契約解除制度」の対象

eo光は「eo光契約内容通知書」が届いた日を含む8日以内であれば新規加入、サービス追加、サービス内容の変更、引越しといった申し込みを違約金なしで解除することができる初期契約解除制度の対象サービスです。

eo光の契約を思い直したり、強引な勧誘で仕方なく契約してしまった、などといったケースでは書面による契約解除が行えます。短期間のみの適用ですので、契約を取りやめたい場合は早めに契約解除の旨を送付しましょう。

初期契約解除書面の送付先住所

〒530-8780
日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
株式会社ケイ・オプティコム お客さまサポートセンター
TEL:0120-919-151

解約精算金の支払い

eo光は契約時に最低利用期間が設けられており、期間内の解約には違約金が発生します。住居タイプや割引プランなどの契約状態によって違約金も変わってきますので、表で分かりやすく見ていきましょう。

契約タイプ利用期間即割あり即割なし
ホームタイプ1年未満31,000円29,160円
1年以上2年未満15,189円なし
メゾンタイプ1年未満28,704円27,000円
1年以上2年未満14,064円なし
マンションタイプ1年未満初期費用とキャンペーン適用時の差額
長割適用時
100Mコース12ヶ月以内5,554円
13~24ヶ月3,703円
25ヶ月~36ヶ月1,852円
1ギガコース12ヶ月以内2,036円
13~24ヶ月4,073円
25ヶ月~36ヶ月6,110円

 

eo光はホームタイプと2種類あるマンションタイプのプランに分けられ、マンションタイプはメゾンタイプと既に光配線方式が備わっていることが前提のマンションタイプで解約精算金が変わってきます。

いずれも最低利用期間が設けられており、通常は2年以上継続すれば違約金を支払う必要はなくなります。しかしマンションタイプにある3年契約の自動更新である長割適用時だと、少しややこしくなります。

公式の解約精算金の表は逆算した金額が表示されていますが、こちらでは利用月で解説しています。長割の解約精算金の計算方法は3年という契約期間で利用した期間ごとに金額が減っていき、2年以上利用後の3年目となる25~36ヶ月目には解約精算金が一番安くなります。

3年目となる契約満了月の翌月になれば自動的に契約が更新され、翌月からまた解約精算金の計算が振り出しに戻ってしまいます。契約満了月での解約精算金が発生しないタイミングで解約をしないと新たに3年を待つどころか、金額が最初に戻ってしまうという恐れがあります。

撤去工事費用の発生

ホームタイプの場合は設置した光配線を場合によっては撤去する必要が出てきます。撤去工事費用が発生するのは引込線を撤去する場合に限り、費用に10,800円がかかります。

ただし、引込線の撤去工事を行わないケースもあり、工事を行わずに設備を残すには建物所有者や管理組合の承諾を得る必要があります。可能であれば撤去工事は回線終端装置のみの回収となり、費用は発生しません。

光テレビの撤去工事費用

オプションサービスの光テレビを撤去する場合にも同様の工事費用が発生します。引込線を残す場合は12,960円全撤去する場合は18,360円の費用がかかります。オプションサービスなので忘れがちですが、工事が伴う契約には撤去工事の可能性があることも忘れないでおきましょう。

光テレビだけを解約する時も

eo光電話を利用している場合の注意点

eo光電話と契約している人に当てはまりますが、解約した場合には光電話の番号も消滅して使えなくなります。普段から固定電話を使っている人にとって、電話番号が変わってしまうのは避けたいところですが、アナログ戻しを利用すれば電話番号を維持することも可能です。

アナログ戻しの前提として、eo光に加入前のNTTの加入権を持っていることが条件となります。要はNTTのアナログ番号を復活させてからポータビリティを利用するという手段ですが、eo加入後に発行した電話番号は残念ながら継続できません。

アナログ戻しについてより詳しいことは、こちらの記事でも紹介しています。よければ参考にしてみてください。

ネットの乗り換えで電話番号を継続したいならアナログ戻しを試そう!

光回線にはオプションサービスとして、光回線を使ったIP電話サービスが用意されています。フレッツ光回線を使ったひかり電話はNTTの電話加入権を必要とせず、フレッツ光と契約すれば誰でも自宅に固定電話を置け ...

続きを見る

違約金を支払わなくて済む方法

eo光の違約金のシステムはプランごとに異なり、把握するのもなかなか面倒なところが欠点です。普通に使っていれば最低利用期間をクリアすることは難しいことではありませんが、引っ越しなどで解約を余儀なくされるなどの不測の事態もないとは限りません。

そんな時に発生した違約金を何とか賄いたいという方に違約金を払わなくて済む方法をお教えします。

ソフトバンク光の乗り換えキャンペーン

eo光を解約後に他社回線に乗り換えるのであれば、うってつけの方法が一つあります。それはソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンです。こちらのキャンペーンは、他社回線からの乗り換えで発生した違約金を最大10万円まで負担してくれるキャッシュバックキャンペーンです。

適用条件は、ソフトバンクグループの回線以外の他社回線からの乗り換えで契約解除料、撤去工事費、分割費用などで違約金が発生した場合に適用されます。

eo光からの乗り換えなら、問題なくこちらのキャンペーンが適用されるので乗り換え先の光回線としておすすめです。あんしん乗り換えキャンペーンについてはこちらでも紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンの仕組みとは?

ソフトバンクの公式サイトでは、新たにソフトバンク光かソフトバンクAirを申し込むと、乗り換え時に発生した他社回線サービスへの違約金や撤去工事費を満額還元する「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施してい ...

続きを見る

eo光ではauひかりのスタートサポートは適用されない

auスマートバリューがあるeo光からの乗り換え先にauひかりを考えている方もいると思われますが、こちらはあまりおすすめできません。auひかりにも違約金キャッシュバックのauスタートサポートが用意されていますが、実はこちらのキャンペーンはauスマートバリュー対象回線とPNJグループには適用されないというデメリットがあります。

残念ながらeo光はその適用対象外を両方とも満たしており、どう頑張っても乗り換えで違約金を負担してもらうことができません。auスマートバリューだけなら適用できますが、そのためだけに違約金を払うというのはどうしてもおすすめしにくいものがあります。

どうしてもauひかりを使いたいという人には乗り換えもアリなのかもしれませんが、そもそもauひかりは西日本方面ではほとんど提供されていないという側面もあります。これらを踏まえたうえで乗り換え先は熟考したほうが良いでしょう。

代理店の高額キャッシュバックで賄う

もう一つ違約金を賄う方法にキャッシュバックを利用するという手がありますが、現在の光回線の公式で高額キャッシュバックを実施している会社はほとんどありません。では、どうするかと言うと、代理店から申し込むことをおすすめします。

代理店であれば現在でも新規申し込みで高額キャッシュバックを用意している窓口も多く、違約金を賄うだけの余裕は十分あります。しかし、代理店によっては有料オプションが必要だったり、面倒な手続きや条件を提示してくるところも少なくありません。

そこでおすすめなのが、株式会社NEXTアウンカンパニーです。

なぜ、こちらの代理店を紹介するかというと、両社は高額キャッシュバック、キャッシュバック申請手続き不要、有料オプション不要というお手軽な窓口だからです。さらに、公式のキャンペーンも同時に適用することができるため、違約金負担 + 代理店の高額キャッシュバックというWでお得なところがポイントです。

特に面倒な手続きもなく最短で2ヶ月後には現金が振り込まれるので、ソフトバンク光を申し込むのならどちらかの窓口を選ぶと良いでしょう。両社とも新規・転用共にキャッシュバック金額は同じですが、強いて言うなら2パターンある選べる特典の内容が違います。どっちを選ぶか迷うのであれば、選べる特典で比較して欲しい方で申し込むのも良いでしょう。

ソフトバンク光なら工事期間中はソフトバンクAirが使える!

ソフトバンク光に申し込むメリットは工事期間中でもネットが使える開通前レンタルサービスの存在も忘れてはいけません。こちらのサービスは契約前の申し込みフォームに開通前レンタルの項目にチェックを入れるだけで、誰でも無料でソフトバンクAirが借りられるサービスです。

こちらのサービスを利用すれば工事期間中はソフトバンクAirでネットを利用することができ、開通後はソフトバンク光にスムーズに移行することが可能です。もちろん、開通前レンタルは新規だけの特典ですので、乗り換え以外の新規の方も対象です。

このように違約金負担に高額キャッシュバックの窓口、開通前のWi-Fi接続サービスなど充実しているのがソフトバンク光の強みです。eo光だけに限らず、光回線選びの候補としてソフトバンク光を推す理由なのです。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから

置くだけカンタンインターネット

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから

工事不要!パケット制限無し!!

-ソフトバンク, その他の回線, その他
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.