ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク インターネット比較

神奈川・横浜エリアのおすすめのネットを調査!【マンション編】

更新日:

神奈川・横浜エリアのおすすめのネットを調査!【マンション編】

中華街やベイブリッジなど繁華街や観光スポットも多い神奈川・横浜エリア。都心に近く、華やかな地域を新生活の拠点に考えている方も多いと思われます。新生活にはネット環境を揃えようと思っている方も居るはずですが、種類が多くてどこが良いのか迷ってしまいますよね?

今回紹介するのは、神奈川・横浜エリアのマンションで使えるインターネットです。これから新生活を始める方や乗り換えを考えている方は、是非参考にしてみてください。

神奈川・横浜エリアのインターネット【マンション編】

ネットの環境は自分が利用する住宅のタイプによって契約プランや速度、料金が変わってきます。集合住宅のマンションタイプなら戸建より料金が安く、その代わり同時接続数によるネットの遅延なども想定されるでしょう。

現代のネットを選べる状況にあるユーザー達からすれば、ただネットに繋げれば良いという訳ではありません。

今回ご紹介するネットは、神奈川・横浜エリアのネットを通信速度・料金・サービスで比較していきたいと思います。

神奈川・横浜エリアのマンションのネット【通信速度編】

光回線通信速度
NURO光2Gbps/10Gbps
auひかり1Gbps
UCOM光1Gbps/10Gbps(2Gbps)
光コラボ系1Gbps

神奈川・横浜エリアで1G以上のネットを上の表でピックアップしました。光コラボはフレッツ光回線なので、基本は1Gbpsが上限となります。2G以上となると、フレッツ光回線ではないダークファイバーを使用した他社の独自運営の光回線が登場します。

現状の光コラボは1Gが限界となってしまうため、2G以上の高速通信サービスを使うならダークファイバー系などのフレッツ光以外の回線を選ぶしかありません。

神奈川・横浜エリアで2G以上の通信速度を提供しているauひかりやイッツコムひかりのケーブル回線ですが、残念ながらこれらは戸建専用コースとなってしまいます。マンションで2G以上の高速通信を利用するにはNURO光、もしくはUCOMレジデンスへの入居以外には選択肢がありません。

ケーブルテレビは1G以上のものは戸建専用のものが多く、神奈川・横浜エリアの高速通信は横浜ケーブルビジョンの320Mbpsが最大速度となります。また、ケーブルテレビは月額料金が5,000円~6,000円と高額になるため、今回のピックアップからは除外します。

ケーブルテレビについては他の記事で紹介しているので、興味のある方はそちらをご参照ください。

NURO光を超える光回線がついに登場!?auひかりの5ギガ・10ギガを紹介!
NURO光を超える光回線がついに登場!?auひかりの5ギガ・10ギガを紹介!

家庭用インターネットの主流が光回線に代わった現在、ネットは高速通信が当たり前のようになってきました。 光回線の通信速度は、ソフトバンク光やフレッツ光を始めとした1ギガが基本となっています。それ以上とな ...

続きを見る

イッツコムの解約方法と乗り換え先のおすすめ光回線を紹介! 

東急沿線を中心にインターネットサービスを展開するプロバイダ「イッツコム」。地域限定のインターネットであるため、地域外に出た場合は他社のネット回線を使うことになります。 今回はイッツコムの解約方法と乗り ...

続きを見る

UCOM光はマンション全戸一括型の専用プロバイダ

UCOM光とは、アルテリアネットワークスが販売するUCOM光レジデンスの専用プロバイダです。アルテリアネットワークスから買い卸したオーナーによるマンション全戸一括型のネットのため、入されたマンション内でしかUCOM光を利用することができません。

UCOM光自体は旧USENのネット回線を利用したU-NEXT光01と同じものを使用しているため、似た回線を利用するということ自体は可能です。

ちなみに、U-NEXT光01は賃貸マンション専用のネットであり、こちらは戸建で利用することは不可能です。光コラボモデルのU-NEXT光は戸建と集合住宅のどちらでも利用することが可能です。

U-NEXT光01とU-NEXT光は同じ運営の光回線ですので、ほぼ同じサービスを受けることも可能です。

UCOM光は2018年4月9日に10Gコースが販売開始されたばかりなので、順次導入される物件も増えてくると予想されています。

マンション専用インターネット回線「UCOM光」の評判について

ネットが一般家庭に普及してから、光回線を導入しているお家は珍しくありません。最近ではインターネット完備の集合住宅など、入居後すぐに工事をしなくてもネットに繋げることができる賃貸住宅も増えつつあります。 ...

続きを見る

U-NEXT光(U-NEXT光01)の解約方法を注意点と共に徹底解説!

インターネットを長く使っていると今のネットに不満があったり、他社の方に魅力を感じてしまうなんていうことがあります。そういう時は解約を考える時期なのでしょう。しかし、公式ページを見てもいまいち「解約の仕 ...

続きを見る

UCOM光の料金は立地や構造による

マンション全戸一括型のUCOM光は光回線こそ賃貸物件との同時契約になりますが、プロバイダは別に契約することも可能です。ただし、UCOM光自体がマンション専用プロバイダであることを考えれば、UCOM光レジデンスでUCOM光以外のプロバイダと契約することで何らかの影響があることも考慮しておくべきでしょう。

UCOM光の料金ですが、これは契約する賃貸物件の賃料によるとしか言えません。公式によると一般的なプロバイダ料金の6割~半額ほどの安さと説明されていますが、明確な数字は発表されていません。

UCOM光は導入されているマンションの賃料込みで考える必要があるため、ネット料金だけで見ることができないのです。いくら一般的なプロバイダ料より安い計算になっても、賃料が生活を圧迫するようでは本末転倒です。

UCOM光は比較的リーズナブルな賃貸物件にも導入されていることも多く、引っ越し先の住所にUCOM光レジデンスがあれば「ちょっと考えてもいいかな?」程度にとどめておく方が良いでしょう。

一例として、神奈川・横浜エリアの賃貸相場は8万円前後とされており、家族向け物件や10Gコースの利用を考えるとなると倍以上になると思っておくべきです。別の記事でもUCOM光レジデンスの賃料について考察しているので、興味のある方はそちらも参考にしてください。

遅いと噂のUCOM光に10Gタイプ登場!本当に速いのか?

ネットが導入されている賃貸物件は今となっては珍しいものではありません。「インターネット完備」の表記で入居者が即日使えることを一つの売りにしている物件も今では増えてきています。 インターネット完備のマン ...

続きを見る

神奈川・横浜エリアのマンションのネット【光コラボの料金

光回線費用(税別)
enひかり 新規手数料:3,000円
転用手数料:2,000円
工事費用:15,000円
3,300円/月
契約解除料金なし 
エキサイト光 新規手数料:1,000円
転用手数料:2,000円
工事費用:15,000円
3,360円/月
契約解除料金なし 
DMM光 事務手数料:2,000円
工事費用:なし 
3,780円/月
契約解除料金なし
DTI光 事務手数料:800円
工事費用:15,000円
3,600円/月
契約解除料金なし
auセット割あり
ソフトバンク光 事務手数料:3,000円
工事費用:24,000円
2年契約:3,800円/月
契約解除料:9,500円
単年契約:4,900円/月
おうち割光セットあり
フレッツ光 契約料:800円
工事費用:15,000円
4戸以上:4,350円/月
8戸以上:3,750円/月
16戸以上:3,350円/月
割引時契約解除料:1,500円
プロバイダ料:500円~1,200円/月

上の表はピックアップした光コラボの基本料金を比較したものです。安いネットと言えば、プロバイダと回線がひとまとめとなった光コラボがおなじみですね。一本化されたネットも増えたことから、光コラボの専売特許とは言えなくなりつつありますが、お手軽な料金で提供されているネットとして根強い人気があります。

enひかりエキサイト光は光コラボの中でも特に安い月額料金に加え、契約解除料なしと低価格のネットの中では頭一つ抜け出た形となります。DMM光は月額料金はそこそこですが、更に工事費用なしも加わった正にお手軽なネットと言えるでしょう。

その後のDTI光ソフトバンク光は確かに高くはないのですが、前述のネットと比べるともう一声欲しくなる月額料金です。しかし、この2社にはキャッシュバックと言う形で工事費用を賄うキャンペーンが用意されています。

フレッツ光には契約期間はありませんが、2ねん割を適用すると利用期間が設定されます。これ自体の契約解除料は安価なのですが、プロバイダを別途契約する必要があるため、期間内の解約にはフレッツ光とプロバイダの契約解除料を請求されることになります。

工事費用無料の光コラボ(フレッツ光)

ネットが普及した現在だと、前の住人が使っていた回線をそのまま流用することで工事費用が掛からないケースも少なからず見られます。(派遣工事なしなら2,000円~

しかし、敷設した回線を残すかどうかは、管理者の意向によるものなので撤去されていることもあります。また、古い建物だとインターネット設備が無いことも多く、新規で工事が必要になることも覚えておきましょう。

大抵の場合は開通工事で高額な工事費用が発生し、工事費用を見て断念してしまう方も中には居ると思われます。そういう方々への救済策とも言える工事費無料の光コラボ(フレッツ光)が以下の3つになります。

DTI光 最大19,000円キャッシュバック
2018年9月30日18時まで
ネットのみ:13,000円
ネット+光電話:16,000円
東日本限定ADSLからの乗り換え工事費無料
+ 初月無料

2018年5月31日まで
 ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン
他社からの乗り換えで違約金を最大10万円負担
モバイル回線からは42,000円まで

新生活応援キャンペーン
2018年5月7日まで

工事費用分キャッシュバック
または、月額割引
前後2ヶ月以内の引っ越し先でネット申し込み
フレッツ光 Bフレッツからフレッツ光への移行無料
2018年4月10日~2020年1月31日 

DTI光は期間限定ではありますが、条件さえ満たせば工事費以上のキャッシュバックを貰うことが可能です。その条件が光電話との同時申し込みになり、ネットだけの場合は若干工事費用には届かなくてもキャッシュバックは必ず貰えます。最大19,000円は戸建での契約を含んでいるので、マンションタイプでは16,000円が限度額となります。

次のソフトバンク光は、通常の新規申し込みではキャッシュバックも割引もない「ちょっと安い」平凡な光コラボですが、ソフトバンク光の真価は他社からの乗り換え時にあります。

他社回線で発生した違約金を最大10万円までキャッシュバックで支払い、更に工事費用分をキャッシュバックか月額割引で賄ってくれるキャンペーンを行っています。しかも、このキャンペーンは期限なしでいつでも申し込めるのが最大のミソです。

ソフトバンク光の工事費無料キャンペーンはもう一つあり、こちらは引っ越し先で新規申し込みをすれば工事費用を上記と同じように賄えるキャンペーンです。引っ越しの前後2ヶ月以内まで適用されるので、引っ越ししてしまった後でも期間内なら工事費用を支払ってもらえます。

フレッツ光はBフレッツの提供終了に合わせて、フレッツ光への乗り換えの工事費用を無料にしており、光コラボへの転用やそのままフレッツ光を使い続けるのも自由です。

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンの仕組みとは?

ソフトバンクの公式サイトでは、新たにソフトバンク光かソフトバンクAirを申し込むと、乗り換え時に発生した他社回線サービスへの違約金や撤去工事費を満額還元する「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施してい ...

続きを見る

新生活から始めるソフトバンク光の引っ越しキャンペーンを徹底紹介!

年が明けて新年度が始まり、これから進学・就職などを控えている方々は新生活に向けての準備が始まります。転勤や転校、実家を離れて暮らす人など、次のステップに向けて環境を整える必要があります。そんな新生活を ...

続きを見る

NTT東日本がBフレッツ終了!ソフトバンク光への転用は完全無料に

家庭用インターネットの基本となったNTTのフレッツ光回線。長らくインターネット業界のトップとして支持されてきたネット回線ですが、近年は高速通信化の波に完全に押される形となりました。 2013年には業界 ...

続きを見る

ドコモ光も5月7日まで工事費無料!

実はドコモ光2018年5月7日までの期間限定で工事費無料キャンペーンを実施しています。

光回線費用(税別)
ドコモ光  事務手数料:3,000円
工事費用:15,000円
4,000円/月~
契約解除料:8,000円

NTTが運営であるドコモ光はフレッツ光の正統とも言える光コラボです。フレッツ光にはなかったドコモケータイとのドコモ光セット割も用意されており、ドコモユーザーの多くが選ぶこととなるネットとなるでしょう。

ドコモ光は契約プランがA~Cの3タイプあって、プロバイダを選べるという特徴もあるのですが、光コラボの特長である月額料金が割高なのがネックなのです。セット割の光セットも適用まで最低4年間キャリアを利用する必要があり、古参ドコモユーザーでなくてはメリットを感じにくいことも欠点です。

また、割引自体はそこまで多くはなく、最大割引が適用されるのにキャリア歴15年という気が遠くなる割引条件なのも今回ピックアップから外した理由になります。

ドコモケータイのメリットは通話料が多少安くなるという点を除けば、新規の方にはちょっと選びにくいネットになると思われます。

ドコモ光を解約する時の手続きの手順と違約金を徹底紹介!

国内携帯最大手のドコモは光コラボにも参入しており、ドコモ光は古参の光コラボの一つでもあります。携帯キャリアの兼ね合いでドコモ光を利用している人も多いと思われますが、そろそろ乗り換えを考えている人もいる ...

続きを見る

神奈川・横浜エリアのマンションのネット【ダークファイバー

光回線主な費用(税別)
NURO光契約事務手数料:3,000円
工事費用:40,000円
G2:7,124円/月
G2V:4,743円/月
10G:6,480円/月
契約解除料:9,500円
おうち割光セットあり
NURO光
for
マンション
6戸以下:2,500円/月
7戸以下:2,400円/月
8戸以下:2,300円/月
9戸以下:2,200円/月
10戸以上:1,900円/月
契約解除料:9,500円
auひかり登録料:3,000円
工事費用:30,000円
お得プランA:3,800円/月
契約解除料:7,000円

神奈川・横浜エリアで高速通信サービスは以上になります。UCOM光も10Gコースがありますが、前述の理由で今回は除外しています。

NURO光は戸建・集合住宅に限らず2年と単年の2種類の契約プランで利用することができます。NURO光は7階以下までのネットですが、8階以上の高層マンション専用のNURO光 for マンションがあります。ここでは2つのNURO光を含めて紹介します。

NURO光は無線LANとアンチウイルスを含めての料金設定です。高速通信サービスは戸建専用や高額料金になりがちですが、そういったデメリットが少ないネットです。10Gコースは東京と神奈川の一部という狭い提供エリアに高額料金のデメリットがありますが、こちらも提供エリア内なら住居タイプを選ばず利用できます。

NURO光 for マンションは導入されているマンション且つ、利用者が最低3人は必要な少し特殊なマンション専用ネットです。UCOM光と一見似ていますが、マンション内の会員が3人未満になると強制退会という厳しい条件が付きます。破格の月額料金の代わりに強制退会のリスクと隣り合わせのネットと覚えておきましょう。

auひかりは標準プランは契約期間もなく、光コラボのように3,800円と安さが人気です。お得セットAは、おうちのトラブルサポートと2年間の利用期間に契約解除料がつく料金プランとなります。auひかりはプロバイダを選ぶこともでき、au one netだと支払い登録時に100円割引が適用されます。

いずれもスマホキャリアに対応したネットであるものの、auひかりはauキャリアの優位性を活かせるサービスが少なく、逆にNURO光はソフトバンクとのおうち割光セットが使えて光電話利用時はソフトバンク回線との無料通話が適用される強みがあります。

料金的にはauひかりの方が安いのですが、NURO光の高速通信とスマホのセット割引などを考えるとお得感はNURO光の方が高くなります。NURO光はスマホキャリアがソフトバンクでなくても大してデメリットが増えるわけでもなく、使いやすい点も評価できるポイントです。

NURO光とauひかりの工事費用はとても高額ですが、継続利用で実質無料にすることができるキャンペーンを実施しています。

業界最速インターネット・NURO光が一目で分かる総合情報!

光回線が主流となってからの一般家庭の通信速度は、1Gbpsと普及当時からは想像もできないほどのブロードバンド化が進みました。しかし、2019年現在では光コラボの1Gbpsの倍の速さを誇る2Gbps、条 ...

続きを見る

auひかりを解約したい人必見!手続き方法・違約金・注意点など徹底解説!
auひかりを解約したい人必見!手続き方法・違約金・注意点など徹底解説!

インターネットを解約するきっかけは、「今より速度が速いのを使いたい」「もっと安く利用したい」など人それぞれだと思いますが、回線の解約には違約金がつきものです。 また、長く継続利用してもらいたいという事 ...

続きを見る

実施中のキャンペーンの仕組み

NURO光 工事費実質無料キャンペーン
31ヶ月間月額料金割引
2018年4月30日まで
1コイン体験キャンペーン
事務手数料無料
3ヶ月間500円/月
期間終了後3ヶ月間2,980円/月
2018年4月30日まで
auひかりauひかりスタートサポート
最大3万円還元
月額料金2万円分割引

NURO光は公式のキャンペーンを2つ実施しており、31ヶ月間利用すれば実質工事費用無料と500円/月で利用できるワンコインキャンペーンを実施しています。公式キャンペーンは期限が決まっていますが、ほぼ毎月のように実施されているので検討中の方は公式の告知を逐一チェックしておくと良いでしょう。

auひかりは他社からの乗り換えで違約金還元auひかりスタートサポートを実施しており、こちらは期限は特に設けられていません。しかし、その適用条件がネット+電話+電話オプションパックの3つが必要となり、余計な費用がかさむ可能性があるものです。

還元されるキャッシュバックも10,000円までとなり、1万円は普通為替かプリペイドチャージ、残りの2万円は20月分の月額料金の割引とされています。

条件が厳しく、現金にできる額が実質1万円と少ないうえに、工事費用が賄えるキャッシュバックでもないのでソフトバンク光と比べて見劣りしてしまいます。対してNURO光は工事費用は実費負担となりますが、どちらを選んでも割引で格安の月額料金で利用できます。

キャッシュバックが無い代わりに実費負担だが長期間割引が継続するNURO光。額は少ないもののキャッシュバックと5ヶ月間の割引があるauひかり。長い目で見ればNURO光がお得ですが、申し込み直後の実費が少なく済むのはauひかりになります。

乗り換えるならどっちがお得?SoftBank光とauひかりのキャンペーンを比較!
乗り換えるならどっちがお得?SoftBank光とauひかりのキャンペーンを比較!

「インターネットは乗り換えが難しい」と言われているのは、契約期間中の解約による違約金が高額であることが理由に挙げられます。 新規入会や乗り換えのキャンペーン特典に工事費無料を提供している光回線はありま ...

続きを見る

神奈川・横浜エリアのマンションのネット【CATV編】

CATV主な費用(税別)
JCOM NET初期費用:6,000円
WEB申し込みで5,000円
月額料金:3,600円~
最大320Mbps
撤去工事費:6,000円
auスマートバリューあり
YCV
(横浜ケーブルテレビ)
初期費用:10,000円
月額料金:6,000円~
最大320Mbps
撤去工事費:10,000円
auスマートバリューあり

神奈川・横浜エリアのケーブルネットは最速で320Mbpsとなり、上記の2社がそれにあてはまります。初期費用は光コラボなどと比べると格安に見えますが、通信速度に比べてとにかく月額料金が高い印象を受けます。

かつては安定した高速通信を売り物にしていたケーブル回線ですが、安さと速さを売りにする光回線が続々登場している現状では流石に比較対象としては厳しいものがあります。CATVはKDDIと提携している局が多く、auスマートバリューを使えるところが多いのですが、肝心のネット代が高くてはメリットは薄れてしまいます。

CATVは専門チャンネルのラインナップは豊富なので視聴用のついでのネットと言う見方もできますが、近年は光回線のテレビサービスも充実していることから利点があまり感じられなくなりつつあります。

海外の映画やドラマ、バラエティなどが大好きな人でネットもやりたいという目的でもないと、現状の低価格化が進むネットサービスの中では選択肢からは外れてしまうでしょう。

JCOMの解約方法はわかりにくい!解約までの手順を紹介!

ネットの解約理由は人それぞれですが、急な引っ越しなど何らかの事情で継続することができなくなり、やむなく解約するしかない状況もないとは限りません。急ぎ解約手続きをしなくてはいけない時に「解約方法が分から ...

続きを見る

神奈川・横浜エリアのマンションのネット【Wi-Fi編】

マンションによっては工事が難しいことも考えられ、その場合のネットとして選択肢に上がるのがWi-Fiのネットです。WiFiは主に2種類あり、自宅内での利用に限定したホームルーターと屋内外で使えるポケットWiFiになります。

ホームルーターの利点はスマホなどの月間データ上限などが無く、固定回線によるWi-Fi接続で通信制限を気にせずネットに繋げられる点です。ホームルーターに付属しているLANポートに繋げれば有線接続もできるため、無線時よりも比較的安定した利用が可能です。

ポケットWiFiはその名の通り持ち運べるWiFiですが、データ通信の上限が決まっており、上限を超過すると128Kbpsにまで低減化されてしまうのがデメリットです。ホームルーターなどのWiFiの固定回線に繋げれば低減後も通常速度で接続できますが、屋外で使う場合は速度制限解除まで時間を必要とします。

Wi-Fi主な費用(税別)
auスマートポート通常:5,880円/月
2年契約:4,880円/月
割引時:4,380円/月
割引プラン
25ヶ月間:3,792円/月
26ヶ月~:4,292円/月
契約解除料:9,500円
auスマートバリューあり
ソフトバンクAir事務手数料:3,000円
2年契約:4,880円/月
初回2年間:3,880円/月
契約解除料:9,500円
おうち割あり
UQ WiMAX事務手数料:3,000円
3,696円~5,880円/月
高速プラン:980円/月
無制限プラン:1,980円/月
契約解除料:9,500円~19,000円
auスマートバリューmineあり
Pocket Wi-Fi事務手数料:3,000円
3,980円~6,980円/月
契約解除料:9,500円
おうち割適用可能

開通工事を必要とするネットと比較するといずれも初期費用が安く、有線同様に割引を適用できるのが特徴です。月額料金で見れば固定回線と比べると少々割高感が否めず、無線のアクセス性の高さとどれだけトレードオフできるかの相談となります。

UQ WiMAXは1~4年契約と多種多様な契約プランがあり、使い方を選べる業界最速のポケットWi-Fiです。対してPocket Wi-Fiはシンプルな料金プランでデータ通信上限は7GBまでのライトユーザー向けといったサービスです。

Wi-Fiはいずれもスマホとのセット割が使えますが、UQ WiMAXだけは割引対象が1回線のみとされています。プランによっては契約解除料金が2万円近くなり、無制限プランも月間上限がなくなるだけで日間の上限が無くなるわけではない点など、やや注意する必要があります。

自宅のWi-FiをソフトバンクAirとauスマートポートで徹底比較!

光回線サービスを提供するソフトバンクとau。両社は自社のスマホキャリアや独自の電話回線を持つなど共通点も多いですが、自宅で繋がるWi-Fiサービスを提供しているところも共通しています。 光コラボのソフ ...

続きを見る

WiMAXとポケットWi-Fiの違いは?詳しく比較紹介

街中には誰でも自由にネットに繋げられるオープンネットワークのWi-Fiスポットが設置されています。喫茶店やコンビニのイートインなど、スマホやノートパソコンでネットに繋げている方を見かけますよね?Wi- ...

続きを見る

神奈川・横浜エリアのマンションでおすすめのネットは?

固定接続とWi-Fiの両方で比較してきたネットですが、いずれも特徴がハッキリとしています。どれを選んでも同じという訳ではなく、使い方次第で有意義なものかそうでないものかが表れてくるでしょう。

ネット選びの基準は人によって様々ですが、費用や通信速度の観点から独自におすすめのネットを理由と共に紹介します。

費用で選ぶなら光コラボ

やはり料金で見ると光コラボがネット全体で見ても費用が安く、スマホとのセット割などのプラスアルファが見込める点もメリットになります。

業界最安クラスのenひかりやエキサイト光、工事費無料のDMM光などコストカットを目指すプロバイダも多く、とにかく安く抑えたいという方には有力となるでしょう。

今回は紹介していませんが、ネット業界古参のOCN光、@nifty光、So-net光などの信用のあるプロバイダも多く、大半のネットユーザーには馴染みとなっているのも選びやすい理由になります。

通信速度ならNURO光一強

神奈川・横浜エリアに限らず、世界最高速のNURO光の独壇場です。最大通信速度10Gコースを擁し、基本プランの2Gでも料金はオプション込みで4,743円という圧倒的なコスパの高さは他の追随を許しません。

今でこそ2G以上のネットは徐々に増えてはいますが、いずれも戸建専用で工事費用・月額料金が高額などのデメリットを抱えており、使える地域もまだまだ全国的ではありません。NURO光の提供エリアも決して広くはありませんが、高速通信サービスの中では一番展開されているネットです。

唯一欠点となる工事費用もキャンペーンで帳消しにすることもでき、通信速度と比較した料金やサービスを考えればNURO光は神奈川・横浜エリア最強クラスのネットと言えるでしょう。

他社への乗り換えならソフトバンク光

ネットの乗り換えを難しくする最大の理由が違約金などの高額請求です。そして、その違約金を負担してくれるのがソフトバンク光とauひかりです。今回特にお勧めするのがソフトバンク光で、キャッシュバック額が最大10万円とほぼ全てのネットの違約金を補填してくれることに他ありません。

auひかりの負担額は大幅に少ない3万円となり、現金還元は1万円までと契約解除料金の補填で終わってしまうでしょう。しかし、ソフトバンク光ならフレッツ光の分割金残額や撤去工事費用もカバーしてくれるため、あらゆるネットの違約金に対応してくれます。

更に工事費用分のキャッシュバックも付くため、乗り換えをスムーズに行いたい方にはソフトバンク光がおすすめなのです。あんしん乗り換えキャンペーンはソフトバンクAirにも対応しているため、ソフトバンクならどちらでも選べるのがメリットです。

ソフトバンクAirでは工事費用分のキャッシュバックは無いので、そこは忘れずに覚えておいてください。

マンションのネットは安くスムーズな契約で選ぼう

多くの集合住宅ではネットを自由に申し込んだり、導入済みのネット完備の物件など様々です。当たり前のようになっているので忘れがちですが、集合住宅はオーナーが別にいる住居のため、入居者の意志だけではどうにもならない部分があります。

仮にオーナーの許可が出ない場合や工事が必要な場合にはネットが使えなかったり、高額な費用を支払う必要性も考えられるのです。集合住宅のネットはそういったケースも想定することを忘れないことも大切です。

今回の記事では、万が一でも対応しやすく安いネットを中心にクローズアップしましたので、これから神奈川・横浜エリアでネット選びの際には参考にしてみてくださいね。

-ソフトバンク, インターネット比較
-, , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.