ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク インターネット比較

埼玉エリアで安いおすすめのネットを徹底調査【戸建編】

更新日:

埼玉エリアで安いおすすめのネットを徹底調査【戸建編】

ネットの世界は高速化が進み、それに伴い様々なネットが誕生していきました。今では1Gbpsのネットが標準化され、2G以上の高速通信サービスも徐々にですが増えつつあります。種類が増えたネットは全国どこでも使えるものから、その地域でしか使えないものなど様々です。

今回は埼玉エリアで使えるおすすめのネットを紹介します。

Contents

埼玉エリアで安くて速いネットを知りたい【戸建編】

首都圏に近い場所に位置する埼玉県はフレッツ光やauひかりなど、国内のシェアを占める主要インターネットの大部分が使える地域です。地域限定のネット以外はある意味選び放題とも言える環境なので、新規や乗り換えでのネット探しは苦労することと思われます。

ネット選びは人それぞれですが、多くの人が目安とする安さと速さを基準に選んでみました。今回ピックアップするのは、埼玉県で使える戸建(ホーム)タイプです。

埼玉エリアのネット比較【通信速度編】

光回線最大通信速度
NURO光2Gbps
auひかり10G5G/1Gbps
JCOM1G/320Mbps
WINKひかり4G/1Gbps
フレッツ光
光コラボ
1Gbps
ケーブルプラス光1Gbps

ネットのスタンダードとなったフレッツ光の最大通信速度1Gは光コラボでも受け継がれているため、ここでは1Gを基準に考えていきたいと思います。

通信速度の話題になれば業界最速のNURO光は必ず挙がるネットです。埼玉県が提供エリアに含まれているNURO光は当然のように通信速度の上位に入ってきますが、最近ではauひかりの10/5Gコースが提供を開始したために独占という訳にはいかなくなりました。

また、埼玉には蕨ケーブルテレビジョンが提供するWINKひかりひかり4Gが存在するため、埼玉県は高速通信サービスの激戦区とも言えます。

その他、埼玉エリアではケーブルプラス光に参入しているCATVが多く、1Gを提供するCATVが数多く存在しています。このことから、埼玉エリアは比較的高速ネット選びが更に難しい地域でもあると思われます。

NURO光の10Gコースは2018年5月現在では東京、神奈川の一部でしか使えません。10月には新プランの10Gs/6Gsの提供開始を予定していますが、現時点の埼玉エリアではauひかりの10G/5Gが最速、次いでWINKひかりのひかり4G、NURO光の順位となります。

ケーブルプラス光とは?

2016年12月1日よりCATV向けにKDDIが開始した「KDDIのネットワークを活用した光インターネットサービス」です。上り下り1GbpsのネットをCATV事業者向けにKDDIが提供するサービスを「ケーブルプラス光卸」の総称をケーブルプラス光と呼びます。

NTTがフレッツ光を通信事業者に卸売りしたものを「光コラボレーションモデル」と言うように、KDDI版のCATV向け光コラボと言えるインターネットサービスです。

ケーブルプラス光ではKDDIが提供する「ケーブルプラス光電話」とスマホとのセット割のauスマートバリューが使えるという特徴があり、auユーザーにより使いやすいサービスを提供しています。

ケーブルプラス光参入事業者が多い埼玉エリアでは、auユーザーによる光コラボとのネット選びを悩ましいものとさせていることが予想されます。

埼玉エリアのネット比較【価格編】

埼玉エリアでは前述のケーブルプラス光に参入しているCATVの高速通信サービスが多く、1G以上のネット選びに困ることはさほどないように感じられます。しかし、数が多いことで逆に選ぶのが大変という方も多いことでしょう。速度はある程度統一されていますが、価格は提供する事業者ごとにバラつきがあります。

ここではネットの種類ごとにフレッツ光、ダークファイバー、CATVで分けて価格比較をしていきます。

埼玉エリアのネット比較/光コラボ(フレッツ光)

ネット主な費用(税別)
DMM光事務手数料:2,000円
工事費用なし
4,820円/月
従量定額制
3,720円〜5,420円/月
契約解除料金なし
初回最低利用期間2年
9,500円
楽天光事務手数料:800円~
工事費用:18,000円
4,800円/月
契約解除料:9,500円
ビッグローブ光事務手数料:3,000円
工事費用:30,000円
分割40回割引
auスマートバリュー 
3年契約
4,980円/月
2年契約
5,180円/月
契約解除料
3年:20,000円
2年:9,500円
ソフトバンク光事務手数料:3,000円
工事費用:24,000円
おうち割
5,200円/月~
5年契約
4,700円/月
※750円/の光テレビ必須
従量定額制
3,900円~7,200円/月
契約解除料:9,500円
ドコモ光事務手数料:3,000円
工事費用:18,000円
ドコモ光セット割
5,200円/月~
従量定額制
2,700円/月~
契約解除料:13,000円
フレッツ光工事費用:18,000円
契約料:800円
5,200円/月
割引時契約解除料:1,500円
プロバイダ料
500円~1,200円/月

ネットとプロバイダを一本化にし、スマホとのセット割やキャンペーンなどで料金がお得なイメージの強い光コラボ。上から順に月額料金が安いネットをピックアップしています。料金が安いネットはenひかりエキサイト光など探せば他にもあるのですが、今回は注目したいネットをピックアップしました。

それでは順次紹介していきましょう。

DMM光|工事費・契約期間なし!最初の2年間に注意

期間なしで工事費無料のうえ、契約期間なし、更に価格も安いのが魅力のDMM光。いつでも止められると公式で紹介されていますが、最初の2年間だけ最低利用期間があることに要注意。25ヶ月目からはいつ解約しても解除料金が発生しないので、2年間だけ我慢すれば初期費用が最も掛からないネットです。

プロバイダとしてのサービスにはDMMモバイルとのセット割がありますが、それ以外はフレッツ光の標準的な光サービスのみでコンテンツ的には乏しいものがあります。

ネットは必要最低限で費用を抑えたい方や初めてのネットとして使う分には問題ないでしょう。

楽天光|2019年のキャリア参入後に注目

正式名称を楽天コミュニケーションズ光とする、ECサイトなどで有名な楽天の光コラボです。ホームタイプは4,800円と安く、利用者には毎月200ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。楽天光は2018年5月31日まで工事費無料のキャンペーンをやっており、期間中なら安くで申し込める光コラボです。

ただし、キャンペーンを利用するには通常2年契約のところを3年契約で申し込む必要があります。

料金も安くて楽天ポイントも貯まる等、普段から楽天を利用している方にはメリットもそれなりにありますが、自社の楽天モバイルとのセット割などもなく、やはりコンテンツに乏しいイメージがあります。

現時点では物足りなさを感じる楽天光ですが、2019年10月にスマホキャリア参入を予定しており、参入後の新サービスや料金の改定が期待されています。WiMAXや格安スマホといった今後の楽天ブロードバンドとの連携も将来的に考えられ、今後の展開次第で評価が変わりそうな光コラボです。

楽天がついに国内スマホに参入!付与ポイントの扱いはどうなる?

国内のスマホキャリアはドコモ、au、ソフトバンクの3社で長らく競ってきました。2017年12月、遂に楽天が国内スマホ事業への参入を表明しました。 これまで楽天は、ドコモ回線を間借りした「楽天モバイル」 ...

続きを見る

ビッグローブ光|工事費無料は事実上の6年契約

2年と3年の契約期間あるビッグローブ光は3年契約の方が安く、説明が少ない2年契約よりもプロバイダ的には3年契約を推奨しています。5,000円を切るホームタイプの料金に3年契約で工事費実質無料のキャンペーンも行っており、安い光コラボの部類に入ります。

しかし、工事費実質無料の分割値引きは3年契約のうちの40ヶ月間に及び、割引完了が更新日明けとなる実質6年契約になります。

それ以外ではauスマートバリューや格安スマホのビッグローブモバイルなど、ネットとスマホのサービスやWiMAXなどのモバイルコンテンツが多く、利用期間が長いことに目をつぶれば充実したインターネットを楽しめると思われます。

その代わり実質無料で忘れがちですが、工事費と契約解除料は光コラボの中でも高額の部類に入るため、利用するなら長期間を想定しておいた方が良いでしょう。

ビッグローブ光の引っ越しは、乗り換えをした方がお得な場合もある

光コラボのビッグローブ光は、人気プロバイダのビッグローブとフレッツ光がセットとなった高品質なインターネットサービスです。IPv6対応の高速通信にKDDIのauスマホとのセット割引「auスマートバリュー ...

続きを見る

ソフトバンク光|ネットの乗り換えやスマホサービスが業界屈指

単年と2年、ホームタイプ限定だとソフトバンク光テレビとセットの5年契約、従量定額など光コラボの基本に独自のサービスを加えたソフトバンク光。料金プランもシンプルで分かりやすいのですが、ホームタイプだと月額料金がやや割高感を感じてしまいます。工事費は住居に拘わらず統一されてはいるものの、24,000円とこちらも高額なのが気になります。

2018年4月時点のソフトバンク光では新規による公式の割引サービスが行われておらず、ハッキリ言ってメリットが無いように見えてしまうのが最大のデメリットです。しかし、ソフトバンク光にはあんしん乗り換えキャンペーンという他社にはない魅力があるのです。

他社からの乗り換えで最大10万円の違約金と工事費用相当をキャッシュバックしてくれます。更に工事期間中にはソフトバンクAir、提供エリア外ならPocket WiFiの無料貸し出しを行う開通前レンタルが実施されているため、ネットの乗り換えをスムーズに行えます。

これらは期間なしの常設キャンペーンですので、急な解約を迫られた状況でも緊急避難先にも選べるのが強みです。

また、ソフトバンクスマホやワイモバイルユーザーには、Tポイント付与やYahoo!プレミアム特典などのメリットもあり、他社と比較してもユーザーに対する待遇が手厚いのも特徴です。

オプション初月無料で2ヶ月目からの自動更新等の注意点もあり、よく規約を読まないとトラブルにもなりやすいという一面があり、ある程度自己管理が必要な光コラボでもあります。

ちゃんと使いこなせれば得することができる光コラボであるのは間違いないので、申し込む時は仕様を理解しておくことが重要です。

これでソフトバンク光の全てがわかる!【2019年度版総合案内】

2015年より開始された光コラボはフレッツ光と入れ替わるように現在のネットの主流となりました。ソフトバンクBB株式会社は同年の3月1日にソフトバンク光の提供を開始し、早くからスマホとのセット割を提供す ...

続きを見る

スマートログインのプレミアム特典でソフトバンクとワイモバイルがお得!

ネットショッピングやVODでTポイントが貯まるYahoo!のコンテンツ。プレミアム会員になればポイント5倍やお店で使えるクーポン券などがもらえて、人気の雑誌も無料で読める特典が付いてきます。 とても便 ...

続きを見る

ドコモ光|プロバイダの自由度は高いが割高感は否めない

光コラボでは多数のプロバイダを選べるドコモ光。選んだプロバイダによってサービス内容も異なり、スマホキャリアに対応したプロバイダを選べる自由度の高い光コラボです。

選べる自由がある分、ホームタイプの月額料金はソフトバンク光と並ぶ5,200円と高額で、プロバイダを自由に選べる単独タイプはプロバイダ料金も別に請求される等の料金は決して安くはないのが欠点です。

ドコモ光セット割や25歳以下のドコモの学割等、スマホ割引が用意されているのでドコモユーザー用のネットという印象です。利用年数で割引額が増えるずっとドコモ割プラス最低適用年数4年、最大割引15年と古参ユーザー専用とも言える内容なので、こちらは新規の方にはメリットが薄いものと思われます。

フレッツ光|光コラボから始めた方がお得

光コラボの基礎となったフレッツ光ですが、プロバイダ料金が別々で請求されてしまうことで光コラボと比べると割高になりがちです。利用者が減少傾向にある現在なら回線混雑は光コラボに比べて回避しやすいという利点はありますが、果たしてそれが費用に見合うかと言うと保証ができません。

Bフレッツ提供終了を機に、2020年1月31日までBフレッツからフレッツ光に乗り換えた場合に限り工事費無料が実施されていますが、それなら直接光コラボに乗り換えた方が結果的に安上がりになるケースの方が多くなります。

フレッツ光にはキャリアスマホとのセット割もなく、スマホと連動したコンテンツが少ないのも致命的とも言え、目的や拘りが無い限りはお勧めするには少々厳しいと思われます。

埼玉エリアのネット比較/ダークファイバー

ネット主な費用(税別)
NURO光 事務手数料:3,000円
工事費用:40,000円
分割31回割引
おうち割光セット
G2:7,124円/月
G2V:4,743円/月
契約解除料:9,500円
auひかり 登録料:3,000円
工事費用:37,500円
分割60回割引
auスマートバリュー
解約時撤去工事費
28,800円
4,900円/月~
5G:500円/月
10G:1,280円/月
ルーター:500円
契約解除料:15,000円
高速サービス解除料:2500円

埼玉エリアのダークファイバー系、NURO光とauひかりはどちらも2G以上の高速通信サービスが利用可能なネットです。2018年4月の現時点ではauひかりの5G/10Gが最高速となりますが、10月に控えるNURO光の新プラン10Gs/6Gsで情勢も変わってくると思われます。

一見するとauひかりの方が料金は安く見えますが、プランによって複雑な契約や料金が発生します。高速通信同士の競合となる2社を以下で更に詳しく解説します。

NURO光|シンプルでコスパの高い高速通信サービス

光コラボよりも2年早い2013年にサービスが始まったNURO光は、2018年現在まで業界最速のネットを保持し続けている高速通信サービスです。現在では2G以上の高速インターネットが登場するも、そのほとんどが工事費用や月額料金が高額なものです。速度ばかりが注目されますが、NURO光は月額料金が良心的なのも魅力なのです。

2Gの通信速度、無線LANルーターやウイルスソフトなどがセットで5,000円以下の料金設定、工事費はキャンペーンで実質無料で使える等、流石のコスパと言えるでしょう。住居を問わないシンプルな契約プランなども分かりやすいです。

欠点と言えるのは提供エリアの狭さ以外にも、屋内外合わせて工事が2回行われることで工事期間が1ヶ月前後掛かることですが、これは高速通信のために必要な設備工事なので致し方ないことです。

埼玉エリアでは10Gコースは利用できませんが、10月からの新プランは上下ともに10Gbpsで更に安い価格で提供される予定です。ソフトバンクスマホならおうち割も使えるので、スマホもお得に使えます。

工事費実質無料キャンペーンは31ヶ月間の割引で実質4年契約となりますが、高速通信サービスを短期間だけで使う理由もそうそう見当たらないので特に問題にならないでしょう。月額500円のワンコイン体験入会キャンペーンも実施していますが、実質無料キャンペーンと併用できないのでメリットがある方を選びましょう。

業界最速インターネット・NURO光が一目で分かる総合情報!

光回線が主流となってからの一般家庭の通信速度は、1Gbpsと普及当時からは想像もできないほどのブロードバンド化が進みました。しかし、2019年現在では光コラボの1Gbpsの倍の速さを誇る2Gbps、条 ...

続きを見る

auひかり|必ず請求される撤去工事費が痛すぎる

auスマートバリューで割引が適用され、通常有料となる無線LANルーターが永年無料になるなどauユーザーには特典も多く、埼玉エリアで唯一10Gbpsでの高速通信が可能なauひかり。月額料金以外で見ると工事費、契約解除料、そして解約時に必ず請求される28,800円の撤去工事費など後から負担になる要素を多く含みます。

工事費用は月数ごとに割引が行われ、最終的に60ヶ月継続利用することで無料となります。しかし、その間に改訳をした場合は残債を一括請求されることになり、更に契約解除料、撤去工事費用と解約時の費用が他社の比じゃないくらいに膨れ上がります。10G/5Gの高速通信サービスにも12ヶ月の最低利用期間があり、auひかりの契約には違約金が付きまとうのも不安要素です。

なお、auひかり利用時の引っ越しの際には一旦解約する必要があり、転居先で継続利用するなら契約解除料が発生しませんが初期費用はきっちりと請求されてしまいます。

1Gプランでも解約時の撤去工事費用は請求され、何かと面倒なauひかりを申し込むなら解約するつもりがない位の気持ちで申し込むべきでしょう。

【要注意!】auひかりの解約には撤去工事費用が必ず発生する!
【要注意!】auひかりの解約には撤去工事費用が必ず発生する!

2018年の3月から業界最高速の5ギガ、10ギガの提供を開始したauひかり。 以前はNURO光が「業界最高速のインターネット」として有名でしたが、提供エリアが狭いことから申し込みを見送っていた方も多か ...

続きを見る

埼玉エリアのネット比較/CATV

ネット主な費用(税別)
WINKひかり
(蕨市)
契約手数料:2,000円
工事費用:36,000円
撤去工事費:5,000円
4G:6,800円/月
1G:4,900円/月
auスマートバリュー
契約解除料:10,000円
JCOM 初期費用:6,000円
WEB申し込みで5,000円
撤去工事費:6,000円~

1Gプラン
工事費用:37,500円
auスマートバリュー
320Mbps
3,600円/月~
1Gプラン
6,500円/月~
chichibu光
(飯能日高)
登録料:3,000円
工事費用:37,800円
撤去工事費:10,500円
auスマートバリュー
4,900円/月
契約解除料:不明
S・CAT 
(狭山ケーブルテレビ)
加入金:50,000円
ネット登録料:5,000円
工事費:30,000円
auスマートバリュー 
4,500円/月
iCTV
(入間ケーブルテレビ)
HCTV
(東松山ケーブルテレビ)
初期費用:35,000円~
auスマートバリュー
4,400円/月~
契約解除料:10,000円~
YCTV
(ゆずの里ケーブルテレビ)
(毛呂山町・越生町)
加入金:50,000円
工事費:10,000円
auスマートバリュー 
4,400円/月~
契約解除料:10,000円~

本来はテレビサービス向けのネットワークであるCATVですが、近年はケーブルネットの光化が進んで1G以上の高速通信サービスも少なくなりました。特に埼玉県はケーブルプラス光参入事業者が多く、現在のCATV=低速と言うイメージが覆されます。その中でも最速のWINKひかりの4GはCATVのみならず、ネット全体で見ても通信速度は上位に位置するネットです。

速度は一旦置いといて、CATVの価格で見た場合はお世辞にも安いと言えるものが少ないのも現状です。また、CATVは利用できる地域はご当地限定のネットになる場合が多く、全国規模で展開されているJCOMはむしろ珍しいと言えるのです。

WINKひかり|蕨市限定のCATV最速の4G

WINKひかりは蕨ケーブルテレビが提供するケーブルネットです。埼玉県の極わずかな地域での利用となりますが、CATVでは最速となる4Gコースを提供しています。

CATVの高速通信はホームタイプ限定だったりするパターンが多いのですが、WINKひかりはNURO光同様に戸建・マンションどちらでも申し込めるネットです。工事費用と月額料金の方は決して安くはないのですが、1Gコースなら一般的なホームタイプの料金と比べれば安い部類に入ります。

提供エリアが極端に狭く、工事費用が高額であることには変わらないので、お勧めできるかと言うと話は別になります。auスマートバリューを適用するには電話かテレビのどちらかをセットで申し込む必要があるため、auケータイだけでは適用されないという難点もあります。

JCOM|ネットのみだと速度と価格が割に合わない

通常のプランは320Mbpsが上限のJCOMですが、ホームタイプ限定で1Gプランが利用可能です。ただし、工事費用がauひかりと同じなうえに月額料金は6,000円を超えるコスパの悪さが問題です。それ以外の速度プランの初期費用や月額料金は抑えられているものの、高速通信が当たり前の現在のネットではネット目的で選ぶにはコスパが悪すぎます。

あくまでCATV目的でネットはついで位の意識でもない限り、ネットだけのために選ぶのはお勧めできません。

chichibu光|飯能日高テレビの提供サービス

chichibu光とは、飯能日高テレビが提供する2017年から始まったインターネットサービスです。基本的には飯能日高テレビ(HCTV)と同じサービスですが、工事費用などの表記で若干の違いがあるので注意が必要です。

ケーブルプラス光のネットではありますが、chichibu光は始まったばかりで公式での情報が少なく、規約やサービスに不明瞭な部分が多いのが難点です。工事費用は2年契約で無料とされていますが、契約解除料は飯能日高テレビでは発生しないとされていながら、chichibu光では場合によっては請求されるとの言葉だけで金額までは表示されていません。

不安要素も多くサービスが完全に整っていないことが窺えるため、申し込み前には確認を取っておいた方が良いでしょう。

S・CAT|さやまケーブルテレビとケーブルプラスのコラボ

さやまケーブルテレビのインターネットサービスのS・CATは埼玉の標準的なCATVといえるサービスを提供しています。CATVの加入料5万円に工事費用が別に請求され、最大で85,000円と利用開始までに恐ろしく高い初期費用が請求されます。

本来のCATVはテレビサービスメインであるため、インターネットは追加オプションとして扱われていることを考えたら当然と言うべき内容になります。ネット目的では流石に費用が高すぎるため、別のネットを探した方が良いでしょう。

iCTV/HCTV|ネットサービスがほぼ同じの2社

入間ケーブルテレビと東松山ケーブルテレビが提供するインターネットサービスです。両社とも料金設定やサービスが酷似しており、提供エリアに若干の違いがあるもののほぼ同じものと考えて良いでしょう。

両社とも本来の初期費用が85,000円の高額な費用に加え、長期利用で割引適用の長割などが用意されています。iCTVとHCTVでは利用期間に2年と3年の違い、ネットのみの工事費用の違いなどがありますが、どちらも加入金・初期費用無料キャンペーンが実施されています。

それを踏まえての月額料金は戸建では安価な部類に入るものの、セット契約などが必要になる点を考えると選択肢に入れるのはやや難しいと思われます。

YCTV|ゆずの里ケーブルテレビのインターネットサービス

前述のCATVのネットとほぼ同じ1Gコースが存在するケーブルネットです。通常プランは1年契約ですが、2年契約では割引適用で戸建タイプでは5,000円を割る低価格での利用が可能となります。前述のCATVと同様に契約期間内の解除には1年目で15,000円、2年目で1万円と解除料金が異なっています。

YCTVも加入金に5万円を請求されることから初期費用が高額となり、現在は特に無料キャンペーンも行っておらず、よほどの理由でもない限りネットとして見るのは難しいと考えられます。

WiFiサービスで比較【番外編】

Wi-Fi主な費用(税別)
auスマートポート通常:5,880円/月
2年契約:4,880円/月
おトク割適用時:4,380円/月
auスマートバリュー専用プラン
25ヶ月間:3,792円
26ヶ月目以降:4,292円
ソフトバンクAir事務手数料:3,000円
2年契約:4,880円
初回2年間:3,880円
おうち割
UQ WiMAX事務手数料:3,000円
1~4年契約:3,696円~5,880円
データ高速プラン:980円
データ無制限プラン:1,980円
auスマートバリューmine
Pocket Wi-Fi事務手数料:3,000円
1~2年契約:3,980円~6,980円
長期利用割引:1,000円
アドバンスモード:684~1,684円
データチャージ 500MB:500円
快適モード:回数分×500円/月
おうち割

ネットは基本的には工事が必要になりますが、事情によってはそれが適わない人もいることと思われます。そういう場合には場所や工事を必要としないWiFiという選択肢も考えられます。

WiFiはホームルーターとポケットWiFiに分類されますが、特徴はハッキリと分けられています。自宅内に限定されるホームルーターは速度は劣るものの有線と無線の両方で繋げることができ、通信上限と言う制限がある者の通信速度に優れ、持ち運び可能ポケットWiFiに分けられます。

どちらにも長所短所があるため、どちらが良いかは利用者の使い方次第と言うことになります。WiFにははキャリアスマホのセット割が用意されているため、自身のスマホキャリアとの兼ね合いで選んでも問題ありません。UQ WiMAXのauスマートバリューmineのみ、割引対象が1回線の限定されています。

この中でソフトバンクAirはあんしん乗り換えキャンペーンの対象にもなっていて、他社からの乗り換え時の違約金キャッシュバックが適用されると言うことを覚えておくと良いでしょう。

WiMAXとポケットWi-Fiの違いは?詳しく比較紹介

街中には誰でも自由にネットに繋げられるオープンネットワークのWi-Fiスポットが設置されています。喫茶店やコンビニのイートインなど、スマホやノートパソコンでネットに繋げている方を見かけますよね?Wi- ...

続きを見る

自宅のWi-FiをソフトバンクAirとauスマートポートで徹底比較!

光回線サービスを提供するソフトバンクとau。両社は自社のスマホキャリアや独自の電話回線を持つなど共通点も多いですが、自宅で繋がるWi-Fiサービスを提供しているところも共通しています。 光コラボのソフ ...

続きを見る

埼玉エリアのネット比較【IP電話サービス編】

光回線主な費用・月額料金(税別)
auひかり初期費用:1,000円~4,500円
ポータビリティ:2,000円
月額料金:500円
2契約目:450円
ユニバーサル料:2円
国内IP電話:8円/3分
auケータイ:15.5円/1分
他社キャリア:16円/1分
ソフトバンク光ホワイト光電話初期費用:1,000円
ポータビリティ:2,000円
月額料金:467~1,410円
ユニバーサル料:2円
国内通話:8円/3分(無料プランあり)
自社IP電話:無料
ソフトバンク携帯:無料
他社キャリア:16円/1分
光電話(N)新規 初期費用:1,000円~4,000円
転用 初期費用:無料10,000円
ポータビリティ:2,000円
月額料金:500円~1,500円
ユニバーサル料:2円
国内通話:8円/3分(無料プランあり)
自社IP電話:無料
携帯電話:16円~18円/1分
BBフォン初期費用 :無料
ポータビリティ:2,000円
月額料金:500円~1,500円
ユニバーサル料:2円
国内通話:8円/3分
自社IP電話:無料
携帯電話:20円~25円/1分
NURO光初期費用 :3,000円
ポータビリティ:2,000円
月額料金 関東:500円
月額料金 東海・関西:300円
ユニバーサル料:2円
国内通話:8円/3分
ソフトバンクグループ:無料
携帯電話:20円~25円/1分
ケーブルプラス光ポータビリティ:2,000円
月額料金:1,330円
ユニバーサル料:3円
国内IP電話:8円~15円/3分
携帯電話:15円~16円/1分 
 光コラボ系初期費用:1,000円~4,500円
ポータビリティ:2,000円
月額料金:500円
ユニバーサル料:3円
国内IP電話:8円/3分
携帯電話:16円~40円/1分

光サービスはネット以外にもIP電話サービスも標準のオプションとして備わっており、電話料金はNTTよりも安くで提供されています。自社回線を持つソフトバンク光は自社回線同士の無料通話や月額無料などのサービスに特化しており、その点では他社よりも豊富なサービスを提供しています。

NURO光はソフトバンクの電話回線を間借りしているため、例外的におうち割を利用できるというメリットがあります。ただし、適応されるのはソフトバンクスマホのみとなり、ワイモバイルでは利用できないというデメリットがあります。

KDDIの電話回線を提供するケーブルプラス光も自社同士の通話はNTTより安く抑えられているものの、月額料金が1,000円を超える等光コラボに比べると割高感を感じます。auスマートバリューと併用することで安くなる場合もありますが、ユーザー前提のサービスとなるのは変わりありません。

光コラボはスマホキャリアを持たずともNTTより通話料金は抑えられ、費用を抑えた固定電話を持ちたい方には最適なサービスと言えます。

月額無料の固定電話ならBBフォンがおすすめ

固定電話を持つには月額料金などの維持費が必要になるため、現在はスマホで十分という方も多く見られています。しかし、仕事や学校などの関係で固定電話を持つ必要が迫られる場合が無いとは限りません。

そういう時は月額無料で固定電話が持てるソフトバンク光のBBフォンがおすすめです。BBフォンは専用の電話番号が発行され、BBフォンの番号同士なら無料通話が行えるIP電話サービスです。おうち割の条件にもBBフォンが含まれているため、固定電話を持ちつつスマホを安くすることができます。

BBフォンは維持費が掛からない代わりに無料通話以外の通話代が他よりも割高になるので、待ち受け専用か無料通話以外での使用が控えた使い方が推奨されます。

埼玉エリアのネット比較【光テレビ編】

光回線主な費用・月額料金(税別)
auひかりauひかりテレビサービス
初期費用:auひかり必須
プレミアムチャンネル:1,000円~2,300円
ミュージックセレクトパック:634円(4ch)
プラチナセレクトパック:1,980円(43ch)
ネットと同時契約で2ヶ月間無料
STB:500円/月
地デジ視聴は不可
NURO光月額基本料金:1,000円(4ch~50ch以上)
料金プラン:2,500円~3,500円(2年割で1,000円割引)
チューナーレンタル:500円/月
ソフトバンク光初期費用 光回線と同時契約:3,000円
初期費用 ひかりテレビ単独契約:7,500円
月額基本料金:750円5年契約プランでネット代4,700円
料金プラン:2,500円~3,500円(2年割で1,000円割引)
チューナーレンタル:500円/月
スカパーJSAT施設利用登録料:2,800円/月
JCOM スタンダード:5,280円(79ch以上)
スタンダードプラス:6,280円(90ch以上)
セレクト:3,600円~(31ch以上)
※上記セットプランあり
STB:1,000円/月~2,000円/月
ケーブルプラス系初期費用:3万円~5万円
工事費用:3万円~3.5万円
月額料金:約2,500円~8,000円
STB:約1,000円~2,000円
 光コラボ系初期費用 光回線と同時契約:3,000円
初期費用 ひかりテレビ単独契約:7,500円
月額基本料金:660円
料金プラン:2,500円~3,500円(2年割で1,000円割引)
チューナーレンタル:500円/月
スカパーJSAT施設利用登録料:2,800円/月

専門チャンネルや衛星放送が観られる光テレビサービスはCATV系列が圧倒的なチャンネル数を誇り、それに伴った複数の料金プランが用意されています。JCOMを含むケーブルプラス系列の料金は概ね似通っていますが、埼玉エリアのローカルCATVは初期費用が5万に達するケースが多く、工事費用と合わせて合計85,000円前後が平均的です。

キャンペーンを適用すれば無料もしくは1万円ほどで済む場合もありますが、やはり光コラボ等と比べれば高額なサービスと言わざるを得ません。一方でJCOMはどちらかと言えばネットよりのサービスになりつつあり、テレビサービスとしては比較的良心的な価格設定です。

光コラボは地デジ視聴可能、CATVに比べて少ないながらも不便ではない専門チャンネル数とバランスが良く、ネットとテレビを楽しみたい方には手頃なサービスです。NURO光でもひかりTVは視聴可能ですが若干光コラボより割高となります。

ソフトバンク光なら光テレビとセット割あり

ソフトバンク光は、自社のテレビサービスであるソフトバンク光テレビとネットの同時契約で5年契約の戸建専用プランが用意されています。ブランド(商標)が違うので名称が異なる以外はフレッツ・テレビと同じ内容です。ひかりテレビとは視聴できる内容が違うので、ひかりテレビを視聴するには別途で契約が必要になります。

ソフトバンク光は光コラボの中でもテレビサービスも各種取り揃えているので、費用は掛かるけど専門チャンネルを楽しみたい方にはCATVのような使い方ができるネットです。

5年契約でセット割が可能で、ネット代が毎月500円割引きされます。

auひかりのテレビサービスは地上波視聴不可

料金だけで比較するとauひかりはSTBの設置のみで済み、格安で専門チャンネルを視聴できるサービスです。しかし、地上デジタル放送は視聴できないというデメリットがあり、通常のテレビ番組を観るためには別途でアンテナを用意する必要があります。

一般的な家庭ではテレビ視聴用の環境は容易に整えられる現代では大きなデメリットにはなりませんが、地デジ用のアンテナなどを増設工事が必要など結果的に費用がかさんでしまうことになります。

埼玉エリアのおすすめのネット

ここまで埼玉エリアの4種類のネットを比較してきましたが、数が多くて決めかねるという方も多いと思われます。そこで今回の速くて安いを基準にしたランキングを独自で決めたいと思います。

総合1位はコスパ最高のNURO光

必要なオプションがセットとなった良心的な価格、業界最速の高速通信サービスは最高レベルのコスパです。2018年10月には新プランも控えており、今後のキャンペーンやサービス展開などの期待値も高くなります。ソフトバンクユーザーならおうち割も使えてYahoo!コンテンツでの特典も期待できます。

現時点では埼玉エリア最速のWINKひかりは工事費用がNURO光よりも安いというメリットがありますが、1GはNURO光よりも月額料金が高くなり、4Gでは6,800円と高額なものになります。また、提供エリアが蕨市のみという狭さもネックとなります。

NURO光は無料キャンペーンなどもあり、工事費用が気にならないサービスも提供されているためコスパ面ではやはりNURO光の方が優れていると言えるでしょう。

NURO光への申し込みはコチラから

最大2Gbpsの超高速光インターネット

スマホキャリアで選ぶなら光コラボ系

会社ではなくネット回線の種類となってしまいますが、スマホキャリアを持つ方には初期費用や月額料金がお手頃な光コラボがおすすめです。光コラボには国内3社のキャリアに対応したネットが多数参入しており、大手プロバイダの信頼感も大きいでしょう。

auスマートバリューならauひかりやケーブルプラス光などもありますが、初期費用や撤去工事費用などのコスト面で大きな負担となり、スマホ割だけでは割に合わない部分がどうしても感じられます。

格安スマホとのセット割などがあるビッグローブ光や@nifty光などもあり、古参ネットユーザーが選びやすい土壌でもあります。楽天光も2019年10月にはキャリア参入を控えており、国内全てのキャリアからネットを選べるようになります。

ネットの乗り換え先ならソフトバンク光

乗り換えが一番難しいと言われるネットですが、違約金や工事期間の不便を解消してくれるのがソフトバンク光です。最大10万円、モバイル回線からでも42,000円まで負担してくれるサービスは業界でも類を見ません。工事期間中もソフトバンクAirが無料でレンタルされるため、解約から乗り換えまでのネットに空白期間ができません。

ソフトバンクユーザーならスマホの割引やTポイント付与などのメリットもあり、Yahoo!コンテンツでの特典が最も活かせる光コラボです。

乗り換え以外の新規の方にはメリットがやや薄いですが、ソフトバンク光では電話・テレビなどのコンテンツも充実しており、キャンペーンも高頻度で行われているので期待値の高さも込めて選出です。

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンの仕組みとは?

ソフトバンクの公式サイトでは、新たにソフトバンク光かソフトバンクAirを申し込むと、乗り換え時に発生した他社回線サービスへの違約金や撤去工事費を満額還元する「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施してい ...

続きを見る

ソフトバンク光に申し込めば開通前からインターネットを利用できる!?

新規回線申し込みだと開通工事が完了するまでの間、ネット利用が開始されるまで待ち遠しく感じるものです。ソフトバンク光では、回線申し込み後でもすぐにネットが利用できるように、開通前に接続機器のレンタルキャ ...

続きを見る

埼玉エリアは選べるネットが豊富

光コラボを代表とする全国でも使えるネットは埼玉県でも人気です。スマホを使っている方はスマホキャリアに対応したネットを選ぶ傾向にあるので、セット割が活発な光コラボの利用者が多く感じられます。

光コラボ以外にもNURO光やCATVなどの独自回線も多く、初めてのネット選びは多くの人を悩ませることになるでしょう。悩んだ時は自分がネットに何を求めるか、自分が普段何をよく利用しているかなどを思い返してみてください。自分に合ったネットが必ず見つかるはずです。

これからネット探しを始める方や乗り換えを考えている方は、今回の記事を是非参考にしてくださいね。

ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング

第1位 株式会社NEXT

 

記録更新!
SoftBank光
販売コンテスト
4期連続表彰店!

 オプション加入不要!
簡単キャッシュバック申請
最短2か月のスピード振込!

株式会社NEXTについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

第2位 株式会社アウンカンパニー

 

SoftBank光
獲得伸長率第一位
表彰店!

オプション加入不要!
選べる特典が魅力
無線LANまたは中継器
PS4プレゼントもアリ!

株式会社アウンカンパニーについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

-ソフトバンク, インターネット比較
-, , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.