ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 Softbank Air

自宅のネットを比較!ソフトバンク光とソフトバンクAirの違い

更新日:

自宅のネットを比較!ソフトバンク光とソフトバンクAirの違い

皆さんの生活には欠かせないというものが必ず一つはあるはずです。家電製品やゲーム機、最近ではインターネットがその割合を多く占めていると思われます。

国内の家庭用インターネットの種類は増え続けており、生活必需品の一つでもあるスマホもネットの形態の一つです。そこまで詳しくないという方でも、インターネットの便利さは皆さんよく知っていることでしょう。

そんな数あるネットの中から自分に合ったネットを選ぶのも難しいものです。これから自宅にネットを引く予定の方は、それぞれがどういう使い方をするかを考えて選んでいるのではないでしょうか。

今回は誰でも分かる自宅のネット選びについて、ソフトバンク光とソフトバンクAirを例に比較紹介をします。

ソフトバンクの自宅のネットを比較

例えば、ネットにも固定回線とWiFiのように有線と無線で区別されているネット回線があります。ある程度分かっている方には違いが分かると思いますが、ネットの知識が全くない方には違いは何か、どちらが良いのかなどが全く分からない状態だと思われます。

ネットは会社ごとに契約プランや料金が違い、取り扱っているサービスも違うなど初心者には混乱する要素がたくさんあります。ここで今回紹介するがソフトバンクのネットです。

ソフトバンクは光コラボのソフトバンク光とWiFiのソフトバンクAirの2種類のネットを扱っています。どちらも自社のインターネットサービスなので、取り扱っているサービスや契約プランなど基本的な部分が統一されているので、比較しても大体頭の中でイメージがしやすいと思われます。

今回は初心者の方がネットの種類と特徴を理解できるように解説していきます。

光コラボのソフトバンク光

※画像は公式サイトより引用

ソフトバンク光は、2015年から始まったNTTフレッツ光の光コラボレーションモデルに3月から参入した古参の光コラボです。ポータルサイトのYahoo!や国内のソフトバンクスマホなどを運営するソフトバンクグループが提供しています。

ネットのことは知らなくても、プロ野球チームの福岡ソフトバンクホークスや犬のお父さん白戸家はテレビやCMなどで見たことがあるという方も多いでしょう。

ソフトバンク光はソフトバンクスマホとのセット割のおうち割」などのネットとスマホのサービスや、Yahoo!会員向けコンテンツなどYahoo!と連携した充実した特典が用意されています。

上下最大1Gbpsの通信速度や光回線サービスの光電話、光テレビなどの光コラボ共通のサービス以外にもソフトバンク独自のサービスを提供しています。

ソフトバンク光の初期費用

契約事務手数料

契約事務手数料3,000円

工事費

新規屋内工事あり24,000円
屋内工事なし9,600円
立ち合い工事なし2,000円
転用工事費用なし-

ソフトバンク光の初期費用は戸建・マンションどちらも統一されています。光コラボ(フレッツ光)ではマンションタイプの方が高費用が安いケースが多いのですが、ソフトバンク光の工事費用が2万円を超えている時点で光コラボの中では高額な部類に入ります。

工事費用は24回、36回、48回、60回のいずれかでの分割払いが可能となり、長期利用を視野に入れるのであれば利息のない分割払いで負担を掛けずに支払うのがベストです。後述するフレッツ光からの転用時にフレッツ光の工事費用の残債がある場合は工事費用が持ち越しされます。

ただし、これは住まいに光配線設備が一切ない場合での話であって、既に屋外までの工事が完了しているなどの状況だと工事費用は格段に安くなります。マンションなどの賃貸住まいで前の住人がネットを利用していた形跡があり、光配線を撤去していない部屋ではそのまま光配線を流用できるケースもあります。

光コラボは光回線の基盤がフレッツ光であるため、他社の光コラボも同じ光ファイバー網で利用されています。そのため、自宅に引き込むまでの工事が完了していれば光配線を流用することも可能なのです。既にフレッツ光を利用中の方で転用の場合には工事費用が掛からず、事務手数料だけで済むというのも光コラボの特長の一つです。

Yahoo!BBからの転用であれば契約解除料も掛かりません

また、これらの工事費用は他社からの乗り換えで無料となるあんしん乗り換えキャンペーンが実施されています。

ソフトバンク光の料金プラン

ホームタイプ

 契約タイプ月額料金
ギガスピード
(スーパーハイスピード)
ハイスピード
ファミリー
5年
※ソフトバンク光テレビ必須
4,700円
2年5,200円
自動更新なし6,800円
ファミリー・ライト2年3,900~5,600円
自動更新なし5,500~7,200円

マンションタイプ

契約タイプ月額料金
2年3,800円
自動更新なし4,900円

契約解除料金

契約解除料金9,500円

契約プランの名称はNTT東日本エリアと西日本エリアで名称が違いますが、内容が同じなので料金表を統一して紹介します。

住居タイプ別の契約プランは自動更新なしと2年自動更新、ホームタイプ限定の5年自動更新の3種類になります。基本は2年契約となり、契約期間内での解約には上記の契約解除料金が発生します。ソフトバンク光では一度に請求される契約解除料の上限は1万円までと決まっているため、他のオプション契約の契約解除料金が発生した場合もそれ以上は請求されません。

ホームタイプにのみマンションタイプにない5年自動更新と従量定額制があります。5年自動更新は月額750円のソフトバンク光テレビとネットの同時契約が条件となっており、長期契約になる代わりにネット代とテレビ代の月額料金が安くなる料金プランです。従量定額制のファミリー・ライトの請求はデータ通信分なので、ネットをたまにやる頻度の方には安上がりのプランです。

ソフトバンク光の基本オプション

主なオプション

サービス名月額料金
Yahoo!BB基本サービススタンダード300円
プレミアム500円
※2年契約解除料3,000円
光BBユニット467円
Wi-Fiマルチパック990円
IP光電話サービスホワイト光電話467円~
※工事費1,000円
光電話(N)500円~
BBフォン無料
ソフトバンク光テレビ750円
初期費用登録料:2,800円
1契約工事費:16,500円
1台ネットと同時契約:12,000円/1台

※光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、IP光電話サービスの3点は、「おうち割 光セット」の適用条件となっています。また、光BBユニットとWi-Fiマルチパックは、セット契約が必須のオプションで片方のみを契約することはできません。

光コラボの光回線サービスはネット、電話、テレビの3つが基本となっており、ソフトバンク光でも使えるオプションです。基本のオプション以外にはYahoo!BB基本サービスやルーターレンタルの光BBユニットなどがあり、これらは必ずしも必須ではありませんが、使うことで様々なメリットを受けることができます。

Yahoo!BB基本サービスは必須ではない


※画像は公式サイトより引用

ソフトバンク光のプロバイダメールを取得するには有料のYahoo!BB基本サービスを契約する必要があります。サービスプランはスタンダードとプレミアムの2種類があり、加入することでYahoo!コンテンツで使える機能が拡張されたり、付与されるTポイントが増量されるなどの違いがあります。

初心者の方がよくトラブルになりやすいのがYahoo!BB基本サービスとの契約です。ソフトバンク光は新規契約特典として対象のオプションが初月無料で使えます。こちらのオプションもその対象となっていて、2ヶ月目以降からは料金が発生するオプションです。

契約時に特典を使うオプションは任意で選べるので必要なければ契約する必要がありません。しかし、申し込み窓口によっては初月無料を良いことに勝手に契約を結ぶ代理店などもあり、とにかくトラブルになりやすい特典でもあります。また、いかにも必須と思わせるような説明文を掲載しているHPもあり、繰り返しますがYahoo!BB基本サービスは任意のオプションです。

必要なければ契約する義務はありません。プレミアムプランは2年自動更新契約で契約期間内の解約には契約解除料も掛かります。

メールアドレスならフリーのYahoo!メールを使えば良いだけのことですし、スマホがあればスマートログイン設定を登録すれば有料のプレミアム特典も無料で使えるようになります。どうしてもプロバイダメールが欲しいという理由でも無ければ、フリーメールとスマートログインで費用を掛けずにある程度特典を利用することが可能です。

おうち割と高速通信に必須の光BBユニット

  ※画像は公式サイトより引用

ソフトバンク光の通信速度は最大1Gbpsです。ソフトバンク光では光BBユニットが推奨されており、他社製品の場合だと高速通信の保証がされていません。

光BBユニットはIPv6 IPoE+IPv4接続方式が採用されており、光BBユニットでのネット接続は従来の1.5倍の通信速度が可能と公式で説明されています。また、光BBユニットには出荷時に接続設定がされているので設置にも手間がかかりません。

光BBユニットにはWi-Fiマルチパックとセットで契約必須となり、同時に契約することでWiFi接続が可能となります。これだけだと半強制的な有料オプションに思われてしまいますが、おうち割に加入することで2つのオプションは500円/月のセット料金が適用されます。

また、おうち割の条件にはもう一つソフトバンクのIP光電話サービスに加入する必要があります。

ソフトバンク光の光電話とおうち割

ソフトバンクはフレッツ光の電話回線と自社のソフトバンク回線の2回線が利用できます。自社回線であるホワイト光電話とBBフォンは自社の電話回線同士ならいつでも無料通話ができるIP電話サービスです。

ソフトバンク光の3種類ある光電話サービスのうち、最も費用が掛かるのはホワイト光電話です。ですが、ホワイトコール24に登録すれば自宅からのソフトバンクの携帯電話も通話無料となる唯一のサービスです。ホワイトコール24は全国のショップから月額料金無料で登録できます。

BBフォンは月額料金無料で使える自宅電話同士のみの無料通話サービスです。月額料金無料の代わりに通常の通話料金が3種の中で最も高く、固定電話を使う機会が多い方には不向きかと思われます。電話は掛けないけど固定電話を持ちたいという方にはおすすめです。

光電話(N)はNTTの電話回線を使用したサービスです。ソフトバンク同士の無料通話はなく、利用するとNTTのホームゲートウェイも請求されるので3種の中ではあまりお勧めできません。通話料金は3種の中で中間といった良くも悪くも中途半端な光電話サービスです。

おうち割を使ううえで3つのうちのいずれか、更に光BBユニットとWi-Fiマルチパックが必要と聞くと使えないセット割と思われがちですが、BBフォンやホワイトコール24は月額無料、光BBユニットとWi-Fiマルチパックにはセット料金が適用されます。おうち割を使えば費用をグッと抑えられて普段使いの電話代を更にお得にできる電話サービスなのです。

家庭で利用する電話の頻度によってプランを選ぶことができ、必要最低限の費用で高速通信やWiFiを楽しめるメリットが光電話サービスにはあります。

ソフトバンクユーザー以外はおうち割が使えないため、光BBユニットを使う場合にはセット料金の適用外となります。通常料金で利用するかソフトバンクスマホへの乗り換えのどちらかを選ぶしかありません。ソフトバンクスマホを使ったことが無い方はスマホデビュー割というスマホが格安で使えるキャンペーンもあるので、乗り換えならそちらを利用することをおすすめします。

2018年から改定されたソフトバンク光のおうち割を改めて解説

ソフトバンク光の光テレビ

ソフトバンク光のテレビサービスはソフトバンク光テレビという名称ですが、料金プランを見ても分かるように内容はNTTのフレッツ・テレビと同様のものです。同じ内容で名前が異なるのはNTTとの差別化によるものです。NTTの回線である光電話(N)も同様の理由です。

光テレビは受信電波を光回線を通すことでアンテナの設置を必要とせず、電波干渉や障害物、天候の影響を受けない特徴があります。設置費用は別に掛かりますが、何台設置しても月額料金は750円で利用できるので、光テレビを自分専用で使いたい家庭にも向いています。

光回線での受信なので電波を気にする心配がなく地デジが観られ、チューナーを用意すればスカパー!などの専門チャンネルも観られます。

ホームWiFiのソフトバンクAir

※画像は公式サイトより引用

ソフトバンクのもう一つのネットがWiFiのソフトバンクAirです。WiFiは無線接続でのネットなので工事や場所を選ばない利便性が人気です。場所を選ばないと言ってもホームルーターなので使用場所は自宅に限定されます。

ソフトバンクAirでもおうち割やあんしん乗り換えキャンペーン、初月オプション無料が用意されています。

ソフトバンクAirの初期費用

契約事務手数料3,000
Airターミナル販売価格58,320
分割販売価格36回×1,620
レンタル料490

ソフトバンクAirはWiFiなので工事費用はありませんが、その代わりにルーターの本体代金が必要となります。ソフトバンクでは4パターンの分割払いがありますが、Airターミナルの購入は36回払いのみとなります。既存のルーターに比べると高額なAirターミナルですが、ソフトバンクの月月割対象商品なので期間中使い続ければ実質無料で購入が可能です。。

月月割は対象となる高額商品を決まった期間使い続けることで毎月割引されていくソフトバンクの割引システムです。購入時にプールされた本体代金から毎月決まった額が引かれていきますが、途中で解約した場合は本体代金の残債を一括請求されます。

※画像は公式サイトより引用
通信速度下り最大481Mbps(一部のエリアで962Mbps)
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
最大接続数64
LANポート2

ソフトバンクAirで使われているルーターAirターミナルは現行機がAirターミナル4と3となっており、通常速度は481Mbpsまでとなります。対応エリアでAirターミナル4であれば最大962Mbpsまでが可能ですが、LTE回線を使用したソフトバンクAirではそれ以上の速度は現状では出せません。

ソフトバンクAirにはLANポートが2つ付属しているので、接続が不安定な時には有線接続に切り替えることも可能です。

※画像は公式サイトより引用

ソフトバンクAirはソフトバンクのWiFi型固定電話のおうちのでんわからの給電も可能で、接続することでスマートな見た目と省スペースが図れます。

ソフトバンクAirの料金プラン

月額料金4,880
レンタル料490円/月
月月割-1,620円/月
契約解除料金9,500

ソフトバンクAirの契約は2年自動更新のみの非常にシンプルな契約内容となっています。難しいと思われるのは月月割のシステムくらいで、契約プランで迷いようがないと思われます。

料金は通常4,880とソフトバンク光よりも高く、割引などは一切ありません。新規の方は分割購入の契約の場合はSoftBank Airスタート割」で1年間3,800円で利用できますが、2年目以降は通常料金に戻るため、他社のWiFiと比べると速度の割に割高に感じられるかもしれません。

これだけだとデメリットばかりのソフトバンクAirですが、前述のおうち割やあんしん乗り換えキャンペーンが使えるという最大のメリットがあります。月額料金は決して安くありませんが、ソフトバンクユーザーが特典をフルに使えば他社よりもに得をすることができる可能性のあるネットです。

光とAirはどちらがおすすめ?

比較的料金プランがシンプルなソフトバンク光とソフトバンクAirは、オプションの特殊性を除けば初心者でも分かりやすいネットです。これからネットを始める方にも比較しやすく、自分が使いやすいと思った方を選んでも問題はありません。

ただ、有線と無線の違いがあるので、そこだけはよく確認しながら選んでおかないと損をしてしまうケースも考えられます。

それでも決めかねるという方のために、分かりにくい部分やおすすめのポイントを解説します。

通信速度で比較

ソフトバンク光とソフトバンクAirの速度を比較

 ソフトバンク光ソフトバンクAir
速度上下1Gbps481Mbps(962Mbps)

これは言うまでもなく光回線のソフトバンク光が圧倒的です。光BBユニットを使わない状態であったとしても、WiFiでは有線の安定性には及ばないものがあります。ソフトバンクAirでも有線接続は可能ですが、フレッツ光の光ファイバー網との比較であれば尚更と言えます。

無線通信で比較した場合、光BBユニットのWiFi規格は11acなります。光BBユニットの無線通信の最大通信速度は言及されていませんが、仕様書での表記によれば周波数帯は2.4GHzまでの通信速度は100にも満たない54Mbpsと予想されます。

ソフトバンクAirも最新規格の11acなので無線通信で比較すると互角です。

ソフトバンク光はあくまで有線がメインでWiFiはおまけ程度に考えておいた方が良いでしょう。

提供エリアで比較

光コラボは全国規模で展開されている光ファイバー網を使用しています。ほぼ全国どこででも使えるのがソフトバンク光のメリットでもあります。対してソフトバンクAirはスマホと同じLTE回線を使用した全国規模の回線です。Airターミナル4の通信速度はそこまで広くはないですが、標準速度でならエリアをほぼ網羅していると言っても良いでしょう。

しかし、ソフトバンクAirは11階以上の高層階や密集地、地下などの電波が届きにくい場所での利用は推奨されていません。無線である以上は電波の影響を受けやすい場所ではエリア内であっても使えないケースが多く見られます。

公式のエリアチェックに掲載されていない地域で利用した場合には極端な低速化も考えられます。提供エリアはほぼ同じであっても、利用する住まいの周辺環境まで確認しておかないといけない分、やはりソフトバンク光の方が優れていると言えるでしょう。

費用で比較

ソフトバンク光とソフトバンクAirの費用

 ソフトバンク光ソフトバンクAir
初期費用事務手数料:3,000円
工事費:24,000円
事務手数料:3,000円
Airターミナル販売価格:58,320円
分割販売価格:36回×1,620円
月額料金【ホーム】
5年:4,700円

2年:5,200円
自動更新なし:6,800円
【ファミリー・ライト】
2年:3,900~5,600円
自動更新なし:6,800円
【マンション】
2年:3,800円
自動更新なし:4,900円
4,880円
※購入は12ヶ月間3,800円

※レンタルは月額料金+490

初期費用では圧倒的に安いソフトバンクAirですが、設置後の利用期間が長くなるほどソフトバンクAirの方が維持費の分だけ高額になります。ソフトバンクAirは最初の1年間がソフトバンク光と同額となり、最初の契約期間だけなら圧倒的に上です。

ソフトバンクAirで一番重いのがAirターミナルの代金であり、月月割が終わる3年間は最低でも使わなくてはいけません。その頃には割引期間も終わっており、徐々にソフトバンク光との総合費用の差が縮まりつつあります。

では、レンタルならどうかと言えば、ホームタイプはソフトバンク光より月額170高く、マンションタイプだと1,570円も高いです。レンタルの場合は「SoftBank Airスタート割」の対象外なので、その分コスパが悪くなっているのです。

仮に他社からの乗り換えであればソフトバンク光の場合はキャッシュバック工事費用実質無料といったデメリットを完全に打ち消すあんしん乗り換えキャンペーンが適用されるため、ソフトバンク光を使わない方が損とすら感じられます。

ソフトバンクAirでもあんしん乗り換えキャンペーンが適用されるので他社のWiFiや光回線と比較した場合はお得に思われますが、同じソフトバンクのネットで比較すると圧倒的にソフトバンク光の方がお得なのです。

ソフトバンクAirのオプション

ソフトバンクAirのオプションも基本的にはソフトバンク光と同じものが用意されており、初月無料で利用することができます。オプションのほとんどは人を選ぶものなのでおすすめ自体はしません。全て任意で契約必須ではないので必要なければいつでも解除は可能です。

その中でAirターミナル本体の補償であるソフトバンクAirのあんしん補償がYahoo!BB基本サービス(プレミアム)に含まれていますが、こちらは無理に契約するものではないと個人的に考えられます。

Airターミナル自体のメーカー保証は1年あり、それより先の保証にはあんしん補償が必要になります。不意のトラブルによる破損や紛失時に16,0003,3000の高額な賠償金が請求されますが、余程のことでも無い限りは1年保証で十分と思われます。

設置場所に不安がある場合や持ち出すことが想定されるケースなど、特殊な事情が無い限りはそこまで重要視されるほどのものではないでしょう。

ソフトバンク光は引っ越し工事費用も無料

引っ越しなど転居の場合にはネット上での手続きだけで工事が無いWiFiがお手軽ですが、ソフトバンク光は引っ越し時の工事費用も無料で対応してもらえます。

※画像は公式サイトより引用

ネットの引っ越しは移転工事で新たに工事費用が発生しますが、ソフトバンク光は会員限定引っ越し工事費無料キャンペーンを実施しているので引っ越しすらも問題にしません。

引っ越し時のメリットまで備えているので、転勤族や進学・就職での一人暮らしのネットにもソフトバンク光はおすすめできるのです。

工事期間もWiFiが使える

工事のないWiFiは引っ越し時も手続き一つで即日からネットに繋げるのもメリットの一つです。立ち合い工事が無い場合を除き、これは有線にはないWiFiのメリットです。しかし、ソフトバンク光は工事期間中はソフトバンクAirが無料でレンタルできる開通前レンタルサービスを行っています。

転居先がエリア外でソフトバンクAirが使えない場合でもPocket WiFiが代わりに送られてくるので、工事期間中はネットに触れないという状況がなくなります。

引っ越し時のデメリットがほぼ無いのもソフトバンク光独自のサービスです。

ソフトバンク光に申し込めば開通前からインターネットを利用できる!?

新規回線申し込みだと開通工事が完了するまでの間、ネット利用が開始されるまで待ち遠しく感じるものです。ソフトバンク光では、回線申し込み後でもすぐにネットが利用できるように、開通前に接続機器のレンタルキャ ...

続きを見る

光とAirならソフトバンク光が絶対おすすめ

本来は有線と無線でそれぞれの特長を比較した結果が現われるものですが、ソフトバンク光に限ってはそれがあまり当てはまらないようです。工事費や引っ越し時の手続きなど、ソフトバンク光には無線のメリットをほとんど持っていってしまうキャンペーンに無期限で申し込めてしまうのが今回の最大のポイントです。

ソフトバンク光の通常の工事費無料は他社からの乗り換えが条件ですが、代理店などを使えばそれもキャッシュバックで賄えてしまえるので、総合的に見てもソフトバンク光を選ぶのが絶対におすすめです。

だからといってソフトバンクAirの全てが劣っているという訳ではなく、比較対象が自社のネットで特典に同じ条件が重なりすぎたという要因もあります。どちらも同じキャンペーンや特典を使うことができ、WiFiのメリットもある程度カバーできるソフトバンク光が凄すぎます。

乗り換えなしの新規の方にはやや負担とも思える工事費用も、ソフトバンク光の代理店なら簡単にキャッシュバックで十分賄えます。

ソフトバンクユーザーで有線と無線のどちらかで迷っているのであれば、後先まで考えてもソフトバンク光の方が絶対におすすめします。

ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング

第1位 株式会社NEXT

 

記録更新!
SoftBank光
販売コンテスト
4期連続表彰店!

 オプション加入不要!
簡単キャッシュバック申請
最短2か月のスピード振込!

株式会社NEXTについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

第2位 株式会社アウンカンパニー

 

SoftBank光
獲得伸長率第一位
表彰店!

オプション加入不要!
選べる特典が魅力
無線LANまたは中継器
PS4プレゼントもアリ!

株式会社アウンカンパニーについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

-ソフトバンク, ソフトバンク光, Softbank Air
-, , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.