ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 回線の基本情報 代理店の口コミ・評判

ソフトバンク光で強制解約されてしまう原因と対処法を紹介

更新日:

ソフトバンク光で強制解約されてしまう原因と対処法を紹介

皆さんが生活の上で必要な契約をしている会社はいくつあるでしょうか?電気、ガス、水道の光熱費から、固定電話、スマホなどの通信費など様々な料金を毎月支払っているはずです。インターネットを利用している方は、毎月決まった日に月額料金を支払っていることでしょう。

利用している会社やサービスが多いほど毎月の支払い料金がかさみ、家計のやりくりで頭を悩ませていることもあるのではないでしょうか。もし、その月の生活費が苦しいなどの理由で、支払いを滞納してしまった場合はどういうことになるのかを考えたことはありますか?

最悪の場合は強制解約となり、以後はそのサービスを使用することができません。

今回はソフトバンク光の強制解約となるケース、万が一強制解約になってしまった後のお話をします。

料金支払い滞納は強制解約の第一歩

ソフトバンク光の利用料金は毎月月末が締め日となり、翌月の27日に請求されます。新規契約の場合、利用開始日から締め日までの利用料金が計算されます。スマホとの合算やまとめて支払いの場合、契約している携帯電話の契約内容によって支払日は異なります。

基本的には毎月27日までに利用料金を支払えば問題ないですが、万が一支払い期限までに振り込み、または引き落としができない場合には延滞利息でいつもより多くお金を支払うことになり、最悪の場合は強制解約という事態に陥ります。

仮に利用料金の支払い滞納で強制解約になってしまった場合、その後に訪れる数多くの問題について合わせてお伝えします。

滞納2ヶ月で利用停止、4ヶ月目で強制解約

ソフトバンク光の利用料金は基本的には毎月27日が請求日(土日祝日の場合は翌営業日)となります。月の利用料金の確定日が毎月月末となり、翌月の27日を請求日とします。支払いを口座引き落としにしていれば、この日までに口座に預金があれば自動で引き落とされますが、そうでない場合は滞納扱いとなります。

もしも、滞納し続けた場合どうなるか?1ヶ月目は告知のみですが、2ヶ月目には利用停止となり、4ヶ月目で強制解約となります。

滞納すること自体が非常事態ではありますが、仮に滞納してしまった場合には早急に利用料金の振り込みをしなくてはいけません。利用停止、強制解約を回避するためには滞納分の利用料金を必ず支払いましょう。

滞納以外の強制解約

強制解約は利用料金滞納者への法規的手段ですが、料金滞納以外にも強制解約をされるケースがあります。いわゆる反社的行為などがこれに該当します。

ネット社会では匿名性による様々なトラブルが社会問題になっていますが、いつ自分が被害者・加害者になるとも限りません。掲示板や個人のブログなどの発言でどのようなトラブルに発展するかも分かりません。

プロバイダへの情報開示を求められ、プロバイダからの警告指示に従わない場合でも強制解約も十分に考えられます。この場合の強制解約は警告後に、再度改善が認められないとプロバイダに判断された場合は強制執行となります。例え、料金の未納が無くても、こういった場合には有無を言わさず強制解約となります。

ソフトバンクほどの大企業に限って無いとは思いますが、企業によっては理不尽な強制執行も無いとは限りません。いかなる事情にせよ、プロバイダ側から警告があった場合には指示に従っておいた方が得策です。

納得いかない理由の場合には消費者センターや法律相談という駆け込み先がありますが、よほどのことが無い場合にはそこに至るまでの理由を考えれば結論に行きつくと思われます。

滞納してしまった場合の対処法

もし、請求日に支払いができなかった場合は滞納扱いとなります。滞納してしまった場合の滞納金の支払いは、各ソフトバンクの窓口や取扱窓口で行います。

滞納時の支払方法現金
クレジット
口座振り込み
払込票
滞納金支払い窓口My SoftBank
ショップ窓口
コンビニ
金融機関窓口

支払い方法はソフトバンクが定める支払い方法で行います。滞納した場合の支払い窓口は従来通りで支払うこともできれば、店頭に出向かなければならない場合もあります。自動引き落としだった方でも滞納時は支払いを優先する必要があるので、現金払いや払込票での支払いなど、方法は問われません。

とにかく早急に支払う義務が発生します。

支払い方法の種類は口座振替・振込用紙・払込票・現金・クレジットなど従来通りとなります。現在の滞納状況の確認や一刻も早く滞納分を支払うのであれば、My SoftBankからがベストと言えます。ただし、My SoftBankからの支払いはクレジットカード支払いのみとなります。

それ以外にも各種窓口で支払いが可能ですので、用紙や現金での支払いを希望する方は各窓口で手続きをします。

滞納分の料金支払いを済ませても、利用停止が解けるまでには入金確認が必要です。窓口や入金時間によって入金確認の時間が異なるので、ある程度時間を置く場合もあるということを覚えておきましょう。

クレジットカードでの支払い方法

  1. My SoftBankにログインする
  2. 料金確認から滞納した月の「支払い状況を確認する」を選ぶ
  3. 支払い状況を確認したら「お支払い手続きへ進む」を選ぶ
  4. 支払い方法を「クレジットカード」で選択し、「お支払いいただく金額」を選ぶ

支払い方法にこだわらず、My SoftBankからなら滞納分を全てクレジット払いで処理することができます。滞納分をクレジット処理出来るのは過去2ヶ月分までとされており、それ以上は窓口での手続きが必要となります。2ヶ月で利用停止となるので、それまでには滞納しないように気を付けておくべきでしょう。

対応期間過去2ヶ月
受付時間8:00~22:00
利用料金300円/1回

支払いはオンライン決済扱いとなり、それぞれには期限と料金が設定されています。受付時間も決まっているので時間内での手続きが完了しなければ滞納は継続されます。また、クレジットカードで払う場合は1回につき300円の利用料金がかかります。こちらは手数料扱いなので延滞金とは別に請求されます。

払込・振込用紙での支払方法

滞納した月の払込・振込用紙の使用期限内であれば、コンビニやショップなどの店頭に持ち込めば処理してくれます。ソフトバンクショップなら用紙は不要となり、その場での現金支払いを受け付けてもらえます。用紙の期限切れや紛失などの場合は再発行の手間を考え、ソフトバンクショップで支払った方が払込処理までに時間がかかりません。

コンビニでの支払いの場合は払込票が必須となるので紛失・期限切れの場合は再発行が必要となります。払込票・振込用紙や請求書の再発行が必要な時は、ソフトバンクカスタマーサポートに連絡すれば7日ほどで郵送されます。

利用停止されている状態での払込票でのコンビニ支払いの場合、支払いが完了した時点でサービスの利用再開となります。手元に用紙がある場合、すぐにでも利用を再開したいのであればコンビニ支払いが最速です。

ソフトバンクカスタマーサポート
受付時間:9:00~20:00
一般電話:0800-919-0157
携帯電話:157
東日本地域:022-380-4380(有料)
関西地域:06-7669-0180(有料)
中国・四国・九州・沖縄地域:092-687-0010(有料)
手続き手数料
払込処理300円
再発行200円
その他60~300円

各手続きや処理には利用料金が発生し、滞納した時点で元の料金より費用がかかります。

口座振替での支払方法

振替日までに口座にお金がない場合は振替が行われずに滞納扱いとなります。後日、振替口座に入金しても再振替は行われず、金融機関への指定口座振り込みになります。指定口座振り込みには「請求先番号」と「支払い名義人の名前」が必要になるので、支払い番号の控えを取っておきましょう。

口座振替での未納金が3,000円未満(税込)であった場合、滞納分は翌月分の請求金額と合算して引き落としになります。つまり、1月分の利用料金2,000円を滞納してしまい、2月分の利用料金が5,000円なら2月の支払額は7,000円ということになります。

利用停止から再開までの期間

利用料金を2ヶ月滞納で利用停止となります。滞納が確認された翌月から利用停止となるので、請求日が27日ということを踏まえれば3~4日ほどでソフトバンク光は使えなくなります。

利用停止から再開するまでの期間ですが、一番早いのがコンビニやソフトバンクショップの店頭支払いです。支払いが終わった直後には利用再開となるので、すぐにでも再開したい場合は近くのコンビニかショップに駆け込みましょう。コンビニ支払いの場合は払込票が必要になります。

回線再開までの期間は支払方法によって異なるので、契約している振込方法を各自で確認して一番都合の良い方法を選びましょう。用紙を紛失した場合には、前述のように再発行手数料がかかります。また、機関などを利用する場合には払込処理手数料も発生します。

再開タイミング窓口
当日・コンビニ
・ソフトバンクショップ
・オンライン決済
1~数日・金融機関(オンライン含む)

滞納したことによるデメリット

サービスの利用停止、最悪の場合は強制解約というのが月額料金を滞納したことによって訪れる主なデメリットです。しかし、それ以外にも滞納したことで様々なデメリットが待ち受けています。

ここでは、分かりやすいものから忘れがちな滞納時のデメリットを紹介します。

ソフトバンク光の全てのサービスが使えなくなる

ソフトバンク光で提供されている光回線サービスの全てが強制解約によって使えなくなります。光回線サービスとは、「ネット」「電話」「テレビ」を含んだ光回線を利用したサービスです。

ネットだけでなく、ソフトバンクの光電話、テレビサービスも使えなくなり、日常生活にも大きく支障をきたすことが予想されます。また、「おうちでんき」を利用中の方はライフラインも停止されることになるので、ソフトバンクを利用している方ほど強制解除の影響が甚大なものになります。

利用期間中の違約金が発生する

利用料金の滞納による強制解約は契約者都合で処理されます。ソフトバンク光の2年契約の場合は、契約解除料の9,500円が利用料金の最終請求時に請求されます。最終請求時には工事費用の分割残債金も一緒に請求されます。ソフトバンク光の契約条項に含まれる商品の購入であれば、そちらの残債金も含まれます。

有料オプションのYahoo!BB基本サービスプレミアムプランは2年契約となっており、利用している場合には契約解除料の3,000円もソフトバンク光の契約解除料と一緒に請求されます。有料オプションの違約金は1万円を超える場合、オプションの違約金は全て1万円で統一されます。

強制解約によって現在利用中のサービス・継続中の契約も一緒に解除されることになり、このように思わぬ出費が一度に発生することになります。

滞納した料金には延滞利息金が上乗せされる

滞納した利用料金には延滞利息が上乗せされ、翌々月分から利用料金+延滞利息が請求されます。延滞利息の計算は、滞納した月の支払期日翌日から入金日の前日までで加算されます。

基本料金などの延滞金利率(年利)14.50%
割賦債権6.00%

ソフトバンクの延滞金利率は14,50%となっており、これはソフトバンク光、ソフトバンクAir、ソフトバンクモバイル全てに共通しています。

例えば、ソフトバンク光の基本料金が5,000円だとします。この場合の計算は5,000×0.145=725円が翌々月に請求される金額となります。金額的に見るとそこまで大きいようにも見えませんが、これが続くと結構馬鹿にできない金額になります。

割賦債権とは、ソフトバンクスマホなどで使う機種代金の割賦金、つまり、分割支払金を指します。仮にソフトバンクのスマホ料金を滞納し、機種代金を分割払いしているなら割賦金×0.06=〇円が追加で請求されます。

分割金はソフトバンク光の工事費用にも当てはまり、分割残債金がある場合は月額料金に加えて分割金×0.06円も合わせて請求されることになります。

延滞した時の支払金は利息金だけでなく、延滞時の払込手数料などの各種費用が発生します。細かい金額ですが、これが増えていくと見過ごせない負担となってのしかかるので、滞納した時はなるべく早めに支払うべきでしょう。

合算請求が解除される

ソフトバンクではネットとスマホなどのサービスをまとめて支払うことができる「まとめて支払い」「合算請求」が利用できます。しかし、いずれかの利用料金を滞納してしまい、強制解約となった場合にはそれらの合算請求も強制解除されます。

利用しているサービスをまとめて一括で支払う方法ですので、いずれかのサービスが利用できなくなってしまえば合算できなくなるのは当然です。クレジットによる引き落としは利用しているクレジット会社によって異なりますが、合算支払いが解除になると解除された各サービスの引き落とし日がズレ込みます。

今まで一括で管理していた支払日がバラバラになってしまい、支払日の再確認をしておかないと更なる滞納を引き起こす原因ともなりかねません。

まとめて支払いなどの合算請求を利用されている方は、特に支払日には気を付けておく必要があります。

おうち割が使えなくなる

ご存知ソフトバンクのスマホとネットのセット割です。スマホを最大1,000円割引してくれるサービスですが、おうち割を適用するにはネットとスマホの同時契約が必須です。ソフトバンク光を使えなくなった時点でおうち割は強制解除となってしまいます。

おうち割が使えなくなると対応した回線の割引はもちろん、適用条件である光BBユニットとWi-Fiマルチパックのセット料金も解除されることになります。利用できない期間は通常料金での請求となるので、適用時よりも請求金額は高くなってしまいます。


※画像は公式サイトより引用

また、「ソフトバンクでんき」に加入している場合、ネットかスマホのいずれかとセットで適用される「おうちでんき」は一方との契約が続いていれば継続できますがネット、スマホ、電気の3セットのおうち割 でんきセットは解除されます。

ソフトバンクのセット割を使っている方でソフトバンク光を利用停止、強制解除された場合のデメリットは生活にも影響してきます。ライフラインである電力サービスを利用されている方は、くれぐれも利用料金の滞納が無いように十分な注意をしておきましょう。

顧客としての信用度が落ちる

毎月支払う利用料金はソフトバンクとの契約の上に成り立っています。契約は双方を信用することで結ばれる訳ですから、約束が守れなければ信用を失ってしまうのも当然です。

契約において信用を失うとどういうことになるか、ソフトバンクや提携企業の顧客リストの信用情報にマークされてしまうことになります。

借金のトラブルなどで金融機関からブラックリストに載ってしまうと、借り入れやクレジットカードの作成が難しくなるという話を耳にしたことはないでしょうか?このことは何も金融関係に限らず、一般の契約にも関係がないわけではありません。

特にソフトバンクは大手との提携企業も多く、携帯電話やパソコンなどの高額商品のローンサービスも実施しています。

金融関係に自分の滞納情報が流されるということは、日常生活で非常に厳しい状況です。債務によるブラックリスト情報は信用回復まで5年と言われています。その間、信用は1から積み直しというのも大変ですが、万が一の事態に備えた借り入れやカード作りにも目を付けられてしまうのです。

滞納したからと言ってすぐにブラックリストに載るわけではありませんが、強制解約にまで発展した場合は逃げ道がありません。強制解約となった時点から全額支払うまでは回復期間が無いのです。4ヶ月目の強制解約から支払いが2ヶ月後になった場合は、そこから回復期間がスタートということになります。

強制解約からの再入会は難しい

強制解約からの再入会出来る時期についての説明は特に明記されていません。ブラックリスト入りをしたことを考えると、しばらくの間は再入会が難しいと考えるべきでしょう。少なくとも未納分を支払わない限りは審査が下りないと思われます。

強制解約によって各サービスが利用停止・解約となることで、ソフトバンク光以外にも悪影響が出ることは容易に想像ができます。

滞納による強制解約の場合、まずは未納分を早急に支払うことを目標にしましょう。他社サービスへの乗り換えはそこまで難しいものではありませんが、未納状態での乗り換えでは再度同じことを繰り返すと思われても仕方ありません。

ソフトバンク光の「最低利用期間」を再確認

利用料金の滞納や不適切な使い方によっては、ソフトバンク光の利用停止・強制解約という事態に陥ります。利用停止ならまだしも、強制解約となった場合には、それまで利用していたソフトバンク光のサービスの全てが利用できなくなります。

Yahoo!BB基本サービスを利用中の方はメールアドレスが使えなくなり、Wi-Fiマルチパックを使っている方はソフトバンクのフリーWiFiが利用できなくなるなど生活に影響が出てきます。

それ以外にも、ソフトバンク光に関わるサービスの「最低利用期間」という契約事項にも悪影響を及ぼします。

最低利用期間中での強制解約に注意

現在のソフトバンク光の契約プランは自動更新契約が中心となっており、最低利用期間を設定しているサービスはほとんどありません。2年契約だったら2年ごとに契約が更新され、その期間中での解約には違約金が請求されます。

対してソフトバンクモバイルの通話プランには最低利用期間があり、期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しませんが、期間中の解約には当然違約金が発生します。おうち割を利用されている方などはこちらにも注意しておく必要があります。

ソフトバンク光の最低利用期間で最も気を付けなくてはならないのが、代理店申し込みからのキャッシュバックの適用条件です。

代理店で用意されている特典はとても豪華のものばかりですが、そのほとんどが「最低〇ヶ月継続利用」という条件が付いています。特典は申し込み後にすぐ貰えるものばかりではなく、最低利用期間が設定されていることを知っておかないといけません。

多くの代理店ではソフトバンク光を2年契約し、〇ヶ月の最低利用期間という適用条件が設定されています。最低利用期間は2年の契約期間よりも短いものが多いので、普通に使っていれば特に気にしない方も多いと思われます。

しかし、最低利用期間内で強制解約された場合は違約金だけでなく、特典の権利もはく奪されてしまいます。

せっかく条件の良い窓口からソフトバンク光に申し込んでも、最低利用期間を満たしていなければ豪華な特典を手に入れることができません。あと少しでキャッシュバックが手に入るというところまで行っても、強制解約になってしまっては元も子もありません。

また、キャッシュバックの振込が早い代理店でも、条件を満たして銀行振り込みされた後も最低利用期間を満たしていない場合は没収されるケースもあります。

最低利用期間が短い代理店を紹介

最低利用期間:12ヶ月
最短振り込み:2ヶ月

今回紹介するNEXTアウンカンパニーはキャッシュバック額が大きく、適用条件が簡単なネットでも人気の高いソフトバンク光の代理店です。

特典の適用条件に含まれる最低利用期間12ヶ月キャッシュバックの振り込み時期は最短2ヶ月と代理店の中でも早い時期での対応をしてくれます。ただし、振り込み後も最低利用期間中に解約となった場合にはキャッシュバックは没収となります。

両社とも最大キャッシュバック額は35,000円と高額で、かなりおすすめのソフトバンク光の申し込み窓口です。

代理店最低利用期間振込時期
NEXT12ヶ月2ヶ月
アウンカンパニー12ヶ月2ヶ月
ブロードバンドナビ12ヶ月2ヶ月
STORY24ヶ月2ヶ月
LifeBank24ヶ月12ヶ月

上の表のソフトバンク光の代理店を見比べてみると一目瞭然です。ほとんどの店舗は最低利用期間が2年間が多く、キャッシュバックの振り込み時期が早くても最低利用期間を過ぎなければ没収される可能性は残っているのです。

振込時期、最低利用期間が共に短い代理店は数が少なく、これだけ数が多い代理店の中でもNEXTとアウンカンパニーの他にはブロードバンドナビくらいしか見当たらないのです。該当する代理店は公式表彰を受けた実績も確かなことも共通しています。

キャッシュバック額もさることながら、早く確実にお金を手に入れるなら上記代理店がおすすめです。

もしも、利用料金が支払えそうにない事態に陥ったとしても、2ヶ月目でキャッシュバックが振り込まれるので4ヶ月目の強制解約だけは免れることが可能です。申し込みから1年持たずに利用料金滞納という事態が極めてレアケースですが、もしもの時の緊急回避にはとてもありがたい窓口です。

キャッシュバックを利用料金のあてにする状況というのも想像しがたいですが、振り込みが早い代理店だとこのように緊急事態を回避する方法として役立ちます。当座は乗り切っても最低利用期間は残っているので、12ヶ月間は何としても凌ぎましょう。

料金滞納は何としてでも回避すべし

今回ソフトバンク光の強制解約について紹介してきましたが、利用料金の支払いによるものが圧倒的に多いものです。基本的には請求の案内が毎月ソフトバンク光から届くので、気づかなかったということはあまり考えられません。

一番忘れやすいのが払込票での支払い、次いで引き落とし時の口座の残高不足と思われます。

利用停止まで2ヶ月、強制解約まで4ヶ月の猶予がありますが、滞納すること自体が良いことではありません。利用料金の支払いは余裕を持って行い、不測の事態を避けることを念頭に入れておくべきでしょう。

もしも、強制解約という最悪の事態になってしまったら、取り返しのつかない状況に追い込まれることだって考えられます。そのようなことにならないためにも、強制解約だけはなんとしても回避してくださいね。

ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング

第1位 株式会社NEXT

 

記録更新!
SoftBank光
販売コンテスト
4期連続表彰店!

 オプション加入不要!
簡単キャッシュバック申請
最短2か月のスピード振込!

株式会社NEXTについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

第2位 株式会社アウンカンパニー

 

SoftBank光
獲得伸長率第一位
表彰店!

オプション加入不要!
選べる特典が魅力
無線LANまたは中継器
PS4プレゼントもアリ!

株式会社アウンカンパニーについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

-ソフトバンク, ソフトバンク光, 回線の基本情報, 代理店の口コミ・評判
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.