ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク 電気

ENEOSでんきとおうちでんきはどちらがお得か料金を徹底比較

更新日:

ENEOSでんきとおうちでんきはどちらがお得か料金を徹底比較

2016年4月からの電力自由化に伴い、国内の電力サービスを自由に選べるようになりました。これまで独占市場だった電力が選べることで、より安く使える電力サービスを探すことに苦労している方も多いと思います。

石油事業の大手ENEOSは自社の電力サービス「ENEOSでんき」を、国内大手通信事業者のソフトバンクは「ソフトバンクでんき」を電力自由化と同時に参入した企業です。

今回はENEOSでんきとソフトバンクでんきの料金を徹底比較しました。

ENEOSでんきとソフトバンクでんき

ENEOSとソフトバンクは国内屈指の大企業です。ビッグネームの2社が電気を供給することになり、国内ではかなりの注目を集めました。知名度というネームバリューでは両社とも譲らない印象ですが、サービスで比較した場合はやはり選ぶ側の立場としては気になるものです。

これから電力の切り替えを考えている方は今回の記事をぜひ参考にしてください。

ENEOSでんき


※画像は公式サイトより引用

ENEOSが提供する電力サービス「ENEOSでんき」は一般家庭用業務用で分かれており、一般家庭用は単年と2年契約で選べる「Vプラン」が基本的な料金プランとなります。一般家庭用には「Aプラン」もありますが、現在は新規受付をしていないので今回の比較から除外します。

ENEOSでんきは「複雑なセット割いらずでまとめなくてもおトク!」とセット割がメインなソフトバンクでんき視点からすれば挑戦的にも見えますが、ENEOSでんきにも「にねんとく2」という長期割引が用意されています。にねんとく2割はENEOSでんきの2年契約に加入すればどの家庭にも適用されます。しかし、2年契約中に解約してしまうと契約解除料1,080円が発生します。

また、料金支払い時にENEOSカードや提携クレジットで支払うと専用ポイントが貯まり、Tポイントも貯まっていくなど提供されるサービスもソフトバンクによく似ています。

電力料金はアンペア数に応じた基本料金に3段単価方式の従量料金など、スタンダードな料金プランとなっています。提供エリアは関東エリアと中部エリアの一部で提供されています。

ENEOSでんき提供エリア

茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県
東京都神奈川県山梨県静岡県の一部(富士川以東)
ENEOSでんき Vプラン料金メニュー
基本料金
10A15A20A30A40A50A60A1kVA
280.80円421.20円561.60円842.40円1,123.20円1,404円1,684.80円280.80円
従量料金
最初から120kWhまで:19.52円
120kWh~300kWhまで:24.09円
300kwh以降:25.75円
割引プラン
にねんとく22年目まで1kwhあたりの電気料金から0.2円割引
3年目以降は1kwhあたりの電気料金から0.3円割引
契約解除料1,080円(契約更新月は23ヶ月目と24ヶ月目)

ソフトバンクでんき


※画像は公式サイトより引用

ソフトバンクが提供する電力サービス「ソフトバンクでんき」は、電力と回線の割引セット「おうちでんき」と再生可能エネルギーの「自然でんき」の2種類の料金プランから選べます。


※画像は公式サイトより引用

おうちでんきはソフトバンクのネットかスマホ携帯とのセットで、電力料金の割引とネットかスマホの回線を最大10回線まで家族で割引が利くサービスです。ネットとスマホの「おうち割」との併用が利き、ネット・スマホ・電気の3種類でおうち割 でんきセットとして利用することができます。

おうち割同様にワイモバイルでもおうちでんきが使えますが、おうちでんきの契約期間は1年自動更新で違約金はありませんが、事務手数料に540円が発生します。

自然でんきは毎月利用料金から50円が環境保全活動に寄付され、加入することでECO活動に参加することができる電力サービスです。従量料金は段階制ではなく、各エリアごと1kwhの単価が決まったシンプルで使い方が分かりやすく、基本料無料・解約金無料の自由なところも特徴です。

おうちでんきを除けば、全国8ヶ所で使える提供エリアの広さは他社と比較してもメリットですが、自然でんきではおうち割は通常通り使えますが、おうちでんきとの併用が利かず、電力の割引がないことがデメリットです。

今回はENEOSでんきの提供エリアに合わせ、東京・中部エリアの料金で比較します。

ソフトバンクでんき提供エリア
(おうちでんき/自然でんき)
北海道東北東京
(関東)
中部
関西中国四国九州
おうちでんきは提供なし
ソフトバンクでんき料金メニュー
 10A15A1kVA
東京基本料金280.80円421.20円280.80円
電力量料金・~120kWh:19.33円
・~300kWh:25.74円
・300kwh~:29.72円
中部基本料金280円
電力量料金・~120kWh:20.47円
・~300kWh:24.82円
・300kwh~:27.69円
自然でんき料金メニュー
基本料金0円
電力料金
/1kWhあたり
東京26円/1kwh
中部27円/1kwh

ENEOSでんきとソフトバンクでんきの料金比較

関東エリアと中部エリアで提供エリアが重なり、ポイント特典でTポイントが貯まるなど電力選びで迷いそうなポイントがいくつかあるENEOSとソフトバンクの電力サービス。一番分かりやすく乗り換えの目安になるのはやはり料金ということなので、今回は単純に電力料金で比較してみました。

料金差は僅差でややENEOSでんきが安い

 関東エリア
10A15A1kVA
ENEOSでんき基本料金280.80円421.20円280.80円
従量料金最初から120kWhまで:19.52円
120kWh~300kWhまで:24.09円
300kwh以降:25.75円
ソフトバンクでんき基本料金280.80円421.20円280.80円
従量料金最初から120kWhまで:19.33円
120kWh~300kWhまで:25.74円
300kwh以降:29.72円
自然でんき26円/1kwh
 中部エリア
10A15A1kVA
ENEOSでんき基本料金280.80円421.20円280.80円
従量料金最初から120kWhまで:19.52円
120kWh~300kWhまで:24.09円
300kwh以降:25.75円
ソフトバンクでんき基本料金280円
従量料金最初から120kWhまで:20.47円
120kWh~300kWhまで:24.82円
300kwh以降:27.69円
自然でんき27円/1kwh

ENEOSでんきの従量料金は10A~60A、1kVAまで8段階のアンペアから選べますが、ソフトバンクでんきと合わせて10A・15A・1kVAで合わせます。これで提供エリアと電力料金が揃いました。ここからは単純に料金での勝負となります。

関東エリアと中部エリアで比較した場合、関東エリアの120kwでソフトバンクでんきが上回る以外はすべてENEOSでんきが上回る形となりました。しかし金額差は関東エリアの300kwh以降以外はそこまで大きな差はなく、基本料金まで含めるとアンペア数に拘わらずソフトバンクでんきの方が安く、自然でんきに至っては基本料すらありません。

これを見る限りでは基本料が低いソフトバンクでんきは使い方次第でENEOSでんきより安くすることも可能で、ENEOSでんきもまたソフトバンクでんきより平均一般家庭で安く電気を使えることになります。料金比較だけではどっちが上とは決めづらいので、次は割引を交えて比較します。

割引込みだとソフトバンクでんきが安くて便利

ENEOSでんきにねんとく22年目まで電気料金から0.2円割引
3年目以降は0.3円割引
※更新月以外の解約は1,080円の違約金
ソフトバンクでんきおうちでんき・電力料金から永年1%割引
・ネットかスマホを最大10回線2年間100円割引
3年目以降は永年50円割引
※解約事務手数料は540円
おうち割スマホ代を最大10回線まで1,000円割引

電力料金の割引だけを見れば2年間で0.2%、3年目以降は0.3%と利用期間が長くなるほどお得になるENEOSでんき。一方ソフトバンクでんきは永年一律1%と割引額では劣りますが、おうちでんきは家族との回線を合わせたおうち割 でんきセットで更にお得にすることが可能です。

ネットかスマホを1回線追加するごとに契約者を含めた最大10回線まで100円ずつ割引が2年間適用され、3年目以降も50円割引が続きます。これだけでは全くメリットがありませんが、おうち割を追加することで1回線につきスマホ代の1,000円割引が適用されます。ソフトバンクの料金プランがリニューアルされたことで割引は事実上増額し、みんな家族割+を使えば更に最大2,000円割引が適用されます。

ソフトバンクでんきは電力料金も安くしながら、携帯電話回線を安くさせるのが最大の特徴です。電気代の比較ではENEOSでんきに若干劣りますが、家族で使うスマホまで含めたら決して悪いサービスではないのです。

また、ソフトバンクではネット・スマホ・電気の支払いをまとめればTポイントもそれだけ貯まりやすく、貯まったTポイントを月額料金に還元することもショッピングに使うことも可能です。貯まったTポイントを電気代支払いに使えないENEOSでんきにはないメリットがソフトバンクでんきにはあります。

家族のスマホまで考えるならソフトバンクでんき

純粋な電気代だけならENEOSでんきが勝っていますが、サービスをフルに活用した生活の利便性まで考慮したらソフトバンクでんきはとても魅力的なサービスです。ENEOSでんきは全国のENEOSで使えるポイントやTポイントも貯まりますが、ソフトバンクでんきのTポイントはソフトバンクと全国の提携店でどこでも使えるメリットがあります。

生活必需品と言えるネットやスマホまで考えるのであればソフトバンクでんきはとても便利で、電力料金も決して高いわけではないことも考えれば乗り換えを検討するに十分な電力だと評価できます。ソフトバンクユーザーはもとより、これから乗り換えを考えている方はネットもスマホも一緒に乗り換えてみることをおすすめします。

ソフトバンクはネットとスマホの他社からの乗り換えで違約金補償のキャンペーンを実施しており、今なら2018年10月31日までおうちでんきWキャンペーンも実施中です。

ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング

第1位 株式会社NEXT

 

記録更新!
SoftBank光
販売コンテスト
4期連続表彰店!

 オプション加入不要!
簡単キャッシュバック申請
最短2か月のスピード振込!

株式会社NEXTについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

第2位 株式会社アウンカンパニー

 

SoftBank光
獲得伸長率第一位
表彰店!

オプション加入不要!
選べる特典が魅力
無線LANまたは中継器
PS4プレゼントもアリ!

株式会社アウンカンパニーについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

-ソフトバンク, 電気
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.