ソフトバンクヒカク

ソフトバンク光・SoftBankAirのキャンペーンや代理店キャッシュバックなど徹底比較!

ソフトバンク ソフトバンク光 Softbank Air その他の回線 NURO光 インターネット比較

引っ越し時の回線移転工事費無料のインターネット比較

更新日:

引っ越し時の回線移転工事費無料のインターネット比較

インターネットは移転の際にも引継ぎが可能ですが、引っ越し先の住居にネット設備があるとは限りません。もしも、回線を引いていない物件であった場合、改めて回線工事と工事費が必要となります。高額な工事費用を再び払うのに抵抗があるという方には、工事費無料のネットや移転工事費無料のネットがおすすめです。

ネットの引っ越しに掛かる移転工事費用

インターネットに接続するには住んでいる建物に設置している設備が必要です。WiFiなどの無線ならともかく、光回線などの場合は建物に引き込んでいるネット回線まで持っていくのは不可能です。引っ越し先にネット設備があればそのまま流用したりすることも可能ですが、回線自体が引き込まれていない場合は一から工事が必要となります。

このように引っ越し時に再度工事が必要な場合、契約しているプロバイダに移転工事費用を支払うのが一般的です。

移転工事費用の相場

フレッツ光移転工事費用ホームタイプ9,000円
マンションタイプ7,500円
プロバイダ別移転工事費用ホームタイプマンションタイプ
@nifty光9,000円7,500円
OCN光9,000円7,500円
ドコモ光9,000円7,500円

フレッツ光の移転工事費用を例にすると、一般的な費用は元の工事費用の半額が相場となります。ただし、全てのプロバイダがフレッツ光に準拠しているわけではなく会社ごとに基準を設けた費用を請求する場合もあります

移転工事費が新設工事費と同額の場合もある

プロバイダ別移転工事費用ホームタイプマンションタイプ
au ひかり37,500円30,000円
ソネット光24,000円24,000円

一般的な光コラボでは移転の際には新規申し込み時の工事費用と同額を支払わなくても済む場合が多いというだけであって、全てのプロバイダがそうだという訳ではありません。中には新規扱いとして再度工事費用を請求するプロバイダもあります。

例えば、上の例のauひかりは移転の際には現在使っている回線契約を一度解約する必要があり、引っ越し先の住居で再契約する手続きになります。そのため、新規工事費用が必要となって再度請求されます。引っ越しまでに初回の工事費用を分割払いしている場合は残債も一括請求されます。

もちろんこれは、新設工事が必要なケースでの話ですので、仮に引っ越し先の建物に回線設備が整っている場合はこの限りではありません。

費用は建物の配線設備次第の場合もある

移転工事のケース屋内配線が必要な場合新規工事費用
屋内配線が不要な場合7,600円
派遣工事なし2,000円

先述した回線設備が整った建物に引っ越しした場合、建物に引き込まれた回線をそのまま流用することも可能です。上はフレッツ光の移転工事のケースですが、それぞれ新設工事あり屋内配線工事なし派遣工事なしの3パターンに分けられます。

開通工事は基地局から張り巡らされている回線網を建物にまで引き込む工事です。建物までの配線が自宅まで繋がっていない場合は新設工事となり、プロバイダ規定の移転工事費が必要となります。建物と屋内までの配線が完了しており、屋内の配線が契約している光回線に対応させるだけの場合は屋内配線不要、いずれも必要が無い場合は派遣工事なしとなります。

国内のネットは光コラボが主流と言う状況から、光コラボ(フレッツ光)回線を導入している建物は増え続けています。古い賃貸住宅よりも既にインターネットを導入している新しい建物なども増えています。こういった場合には移転だけでなく、新規申し込み時も派遣工事なしの費用で済むケースも少なくありません。

移転工事費用が高額なネットでも派遣工事不要の場合は通常よりも安くつく可能性も高くなります。

エリアを跨ぐ移転工事は新規扱い

光コラボやフレッツ光はNTTの管轄ですが、フレッツ光回線は日本の東西に分かれて管理されています。東日本だったらNTT東日本が、西日本ならNTT西日本が提供エリアとなります。引っ越しが東西のエリアを跨ぐ場合、仮に引っ越し先の住居がネット設備のある住居でも新規扱いとなって移転工事費用は通常の工事費用と同額で請求されます。

現在利用しているエリアの提供回線を一旦解約し、改めて移転先のエリアで契約することになります。エリアを跨ぐ移転工事は解約扱いですが、移転先でも契約を継続するのであれば解約金は免除されます。これは光コラボやフレッツでのケースですので、独自回線の場合はネットを提供している運営によって異なります。

引っ越し工事費用を節約する方法

引っ越し先でも現在のネットを継続するなら移転工事費用のことも考えておくべきです。多少は安くなる場合が多いと言えど、出費はあまり良いものではありません。そこで今回、引っ越しで発生する移転工事費用を節約できるネットをいくつか紹介します。

移転工事費用無料のネット

ソフトバンク光ソフトバンク会員全員移転工事費無料
ビッグローブ光3年プラン契約者なら移転工事費無料

光コラボから、ソフトバンク光とビッグローブ光の2社は移転工事費が無料で引っ越し先でも利用することが可能です。以前のソフトバンク光は期間限定で移転工事費無料のキャンペーンを実施していましたが、現在ではソフトバンク光に加入されている方全員の特典としていつでも利用できるようになりました。ビッグローブ光は3年プランに加入されている方が対象となります。

引っ越し手続きを出すだけで今まで通りネットが利用できるので費用に悩む必要が無いのがお得ですね。

分割工事費用残債金無料のネット

NURO光移転先でも継続利用で違約金・分割残債金免除
auひかり移転先でも継続利用で違約金・分割残債金免除
撤去工事費は請求

移転で解約手続きが必要な場合、残っている工事費用の分割残債金や契約期間内の契約解除料が上記2社では免除されます。引っ越し手続きをすれば会社側で処理してくれるので、こちらは通常の引っ越し手続きと何も変わったことは必要ありません。

ただし、免除されるのはこれまで利用していた分の分割残債金と契約解除料のみで、移転工事費用が免除されるわけではありません。NURO光もauひかりも工事費用が高額であるネットですので、残債金の額によっては解約した方が負担が軽い場合もあります。

特にauひかりのホームタイプは60ヶ月という長期契約でひと月ごとの分割金は少額です。契約期間が短い場合には継続利用した方が良いケースも十分にあります。また、ホームタイプ解約時での撤去工事費用の28,800円も移転手続き後に請求されるので注意が必要です。2018年3月以前に加入した方には撤去工事費用は請求されません

工事費そのものが無いネット

ソフトバンク光他社乗り換えで工事費相当キャッシュバック
他社からの違約金を最大10万円補償
ビッグローブ光40ヶ月継続利用で実質無料
25,000円キャッシュバックか月額割引
@スマート光新規工事費無料
DMM光新規工事費無料
楽天コミュニケーションズ光2018年11月30日16時59分まで無料
NURO光31ヶ月継続利用で実質無料
auひかり戸建60ヶ月、マンション24ヶ月継続利用で実質無料

現在のネットを解約し、引っ越し先では工事費無料のネットに乗り換えるという選択手段もあります。ここでもソフトバンク光とビッグローブ光が登場します。

まず、ソフトバンク光は他社からの乗り換えなら工事費用相当分が普通為替でキャッシュバックされ、前のネットに違約金がある場合には最大10万円まで補償してくれるあんしん乗り換えキャンペーンが利用できます。あんしん乗り換えキャンペーンはソフトバンクAirにも適用されるので、光回線からWiFiに乗り換えることも可能です。開通前レンタルもあるので工事期間中はWiFiでネットに接続できます。

ビッグローブ光はどのプランでも40ヶ月以上利用すれば月額料金から総額工事費相当の割引が適用されます。こちらは工事費は実費が必要となりますが、新規特典でキャッシュバックか月額割引のどちらかを選べるので初回の金銭負担もかなり軽くなります。同じようにNURO光とauひかりも継続利用での実質無料を実施しています。

そのほか光コラボでは、割と工事費無料キャンペーンを実施しているネットがあるので意外に乗り換え先に困らないというのも特徴です。工事そのものが煩わしいという方には工事不要のWiFiなどもおすすめです。

工事費無料の安いインターネットを回線別でまとめて徹底比較

高速通信と安定した高品質の光回線は現在のインターネットの主流です。快適なネットを提供してくれる光回線ですが、その反面で開通までの工事期間と高額な費用が必要です。固定回線のネットは高額だからと遠慮してい ...

続きを見る

引っ越し後も継続するかは費用と相談しよう

一般的なネットの引っ越しは移転工事費用が発生するものなので、まずは移転することでどれだけの出費が発生するか計算することをおすすめします。場合によっては安くつくこともあれば加入当時の費用を請求されることもあります。思った以上に金銭的負担が大きい場合は乗り換えも視野に入れることも大切です。

今回紹介したソフトバンク光とビッグローブ光(3年プラン)は移転工事費無料という特性があり、引っ越ししても費用が掛からないというメリットがあります。別の会社で移転工事費が必要になってしまった場合は思い切って工事費用0円のネットに乗り換えて出費を節約してしまうことも考えましょう。

@スマート光は工事費無料で業界最安値の月額料金ですし、ビッグローブ光は長期利用で実質無料にキャッシュバックも用意されています。違約金の方が問題であればソフトバンク光で違約金も工事費用も出してもらうという手だってあります。代理店のキャッシュバックで賄うという方法もあるので、皆さんに都合の良い選択肢を選んでください。

◇移転工事費無料!乗り換えキャンペーンが最強のソフトバンク光キャンペーンサイトはこちら

移転工事費何度でも無料のビッグローブ光のキャンペーンサイトはこちら

◇工事費無料!解約違約金発生ナシの業界最安クラスインターネット★@スマート光の公式HPはこちら

 

ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング

第1位 株式会社NEXT

 

記録更新!
SoftBank光
販売コンテスト
4期連続表彰店!

 オプション加入不要!
簡単キャッシュバック申請
最短2か月のスピード振込!

株式会社NEXTについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

第2位 株式会社アウンカンパニー

 

SoftBank光
獲得伸長率第一位
表彰店!

オプション加入不要!
選べる特典が魅力
無線LANまたは中継器
PS4プレゼントもアリ!

株式会社アウンカンパニーについて
詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

最短2ヶ月高額キャッシュバック!

-ソフトバンク, ソフトバンク光, Softbank Air, その他の回線, NURO光, インターネット比較
-, , , ,

Copyright© ソフトバンクヒカク , 2019 All Rights Reserved.